大きい土間

「大きい土間」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「大きい土間」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. ホール・LDK、ライブラリー。「3つの集いの場」で家族がつながる家

    緑豊かな公園そばの土地に家を建てることを決めたHさんご夫妻。お2人が最初に希望したのは「周囲に対して開かれた住まい」だった。この要望に応えて設計者である角倉剛氏が考えたのが、大きな土間のある玄関ホール、LDK、そしてライブラリー、3つの場で家族や友人が集う住空間だ。随所に斬新なアイディアがあふれる、角倉氏の家づくりを覗いてみよう。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 2527
    • 12
  2. コンパクトな中に、驚きの大収納も欲しい部屋も、全部ある!

     川沿いに建つ、ランダムにあけられた窓が印象的なI邸は、間口4.5m、奥行き12m、約10坪の狭小住宅。しかしそのコンパクトな外観からは想像できないほど、居住空間はのびやか。スキップフロアのLDKは大容量の床下収納も備えるなど、随所にワザありの住まいなのです。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 5938
    • 48
  3. 晴耕雨読 〜自然の循環と共にある生活の器〜

    「畑を耕しながら、ゆっくり過ごしたい」と、家づくりを決意したFさんご夫婦。そんな思いにこたえた建築家、岩瀬卓也さんと共に作り上げたのは、大きな土間と開口部で内と外の垣根をなくした「晴耕雨読」の家。自然と一体となって暮らすための知恵が随所に生きるF邸の魅力を、たっぷりとご紹介します。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1436
    • 5
  4. “当たって砕けろ”と人気建築家にチャレンジした結果、理想以上の家が予算内で。

    夫婦ともにマンション育ちで、一戸建てライフに憧れがあったNさん夫妻。当初は主に建売住宅を検討していましたが、雑誌で見た建築家・松本直子さんの建てた家に釘付けに。予算的にためらいがあったものの、思い切って松本直子建築設計事務所の扉をたたきました。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 3336
    • 11
  5. 仲間が集う大人の秘密基地?地元で実現した理想の“BASE”

    家は、家族が快適に暮らす場所であるとともに、仲間や親戚が集う場所でもある。 生まれ育った地元に戻って暮らしたいと思った施主のOさん。実家の隣にある20坪の敷地に、建築家の大川さんが実現したのは、気の置けない仲間が自然に集まる、くつろぎの空間だった。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 5682
    • 34
  6. ピアノを楽しみ、お昼寝も。家族をつなぐ吹抜けの広い土間

    ハウスメーカーとの打ち合わせで「ピアノの部屋が欲しい」と要望したら、ピアノがぎりぎり入る小さな部屋を提示され、しっくりこなかったSさん。新たに相談を受けた建築家の松岡淳さんが提案したのは、なんとピアノを土間で楽しむという斬新なアイデアだった。しかもこの土間には、ほかにもさまざまな役割があるという。S邸の象徴的な空間となった大きな土間の魅力とは?

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1595
    • 7
  7. 「土間」がつなぐ二世帯住宅!矛盾しそうな親子の本音にも解とは

    二世帯の同居をスタートさせるにあたり、実家をリフォームしようと考えていたAさん一家とAさんのご両親。親世帯と子世帯、両者の思いに耳を傾けた建築家が出した答えは、まったく個性の異なる2軒の家が並列する、すっきりスマートな家の「新築」だった。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 6802
    • 25
  8. 住まい手基準の気持ちよさの追求。両親への想いが詰まった平屋

    依頼人のご両親が住む広島の実家。建て替えるなら体が弱ってきても過ごしやすい家にしてあげたいと娘さんは願いました。ご両親が元気に毎日暮らせる家には何が必要か、娘さん、建築家の山口健太郎さん、そしてご両親が考えを出し合いました。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 3036
    • 12
  9. 二世帯住宅で家族が集まる。30人!?でも幸せな空間とは?

    かつて母家と倉庫のあったところに二世帯住宅を建てることに決めたQさんご家族。同じ家に住む家族でも以前の家との関わりも違えば、普段の生活スタイルも違います。誰もが住みやすく、楽しく暮らせる家をつくるため、家族はたくさん家の話をしました。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 2199
    • 9
  10. 旗竿地でも陽光の中でくつろげる眺望抜群のLDK。その秘策は?

    建築家の日部(かべ)友裕さんが自邸を建てたのは、周囲を建物に囲まれた21坪の旗竿地。「自分の家だからこそ、あえて狭小×旗竿というハードルの高い土地を選んでみました」。完成した住まいは陽光たっぷり、明るく開放的で眺望も抜群。旗竿地とは思えないのびやかな空間は、いったいどんな工夫で生まれたのだろうか。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 2048
    • 6
  11. 明るい吹き抜けのLDK!いつも家族の存在を感じられる家。

    共働きということで、休日に一気に洗濯などの家事をこなすというGさんご夫婦。そんな多忙なGさんが望んだのは、家事動線が良く、どこにいても2人の子どもたちの存在を感じられる家だった。随所に建築家・江藤さんのアイディアとセンスが光る、Gさん邸の家づくりを紹介しよう。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1645
    • 5
  12. 『生活予想図』から生まれた!?自然素材の“行き止まりのない家

    「内装から断熱材まで自然素材にこだわりたい」。小学生の息子さんを持つKさん夫妻の要望に応えて建築家の福田義房さんがつくったのは、地元・埼玉の木材など国産素材をふんだんに使った住まい。シンプルで、おおらか。住む人(や、猫)と共に変化する、家族のようなお家。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 2066
    • 5

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード