間取りのアイデア(12ぺージ)

家の間取り、有効活用できていますか? 「狭い」、「使いづらい」と感じていたら、こちらの間取りに関するアイデアを参考にしてください。部屋を広く見せるインテリアの配置方法や豆知識など、実践的なアイデアばかりです。住み心地のいい家を目指してみてはいかが?

  1. 家相、風水、九星気学、地相、周辺環境で最善な間取りをご提案!

    念願のマイホームは、一生に一度の大きな買い物と言われています。そのマイホームは家族が健康で健やかに、安全に、明るい家庭を築くことができる、夢と希望に満ちた家でありたいのと同時に、無病息災、交通安全、ご主人の立身出世、名誉名声や、お子様たちの明るい未来を育み、財運にも恵まれるなど、幸運を呼び込む住居にできた方がより幸せに暮らしていくことができます。

    家相で間取り.com
    • 2200
    • 6
  2. ご移転に適した時期と方位でトリプル大吉!!

    ご自身の生年月日の本命星による吉凶方位と、万人に共通のその年月日の凶方位とで、最適なご移転の時期と方位を割り出すことにより、トリプル大吉を実現できます。 ご新居へのご移転はご移転される時期と、ご移転される方位と、ご新居の家相とが吉相になるようにアドバイスさせていただきます。

    家相で間取り.com
    • 1127
    • 5
  3. ちょっとした空間が趣味を満喫できるスペースに♪

    間取りを考えるときに、やりたいことを詰め込むと deadスペースってできたりもします・・・((+_+)) でもそれも工夫しだいで素敵な空間に♪ 空いたスペースにカウンターを施工してプチ書斎に(^^♪ 本棚や雑貨を飾る棚などなど・・・★もありですね! 間取りをお考えのみなさま、空いた空間も有効活用してみてください♪

    BIWAKO HOME
    • 2447
    • 3
  4. 間取りを考えるのに大切なポイントとは?

    最近は手書きや間取り作成ソフトなどで 自ら住みたい家の間取りを作って 「こんな家を建てたいんですけど・・・」と持ってこられるお客様も増えています お客様がイメージしている家の間取りを考えるときに、 頭の片隅に置いておいていただきたいのは 「技術的・現実的なことを忘れて考えてほしい」 ということです。 「こんな家が建つんだろうか?」とか 「ここに柱や壁がいるんじゃないか」など細かいことを考えず、 夢を描くように思いっきり描いてほしいと思います!! そして描かれた間取りを持って 新居の夢を私たちプロにお話しくださいませ♪

    アイムの家(岡山県)
    • 1029
    • 3
  5. 【収納計画】部屋が片付かないのは物が多いせいだと思っていませんか

    「部屋が片付かないのは物が多いせい」 そう思っていませんか?      確かに物が多いと場所も取るので、 収納スペースが足らずにあふれて片付かないということはあります。 でもよく考えたらそれは当たり前ですよね。 「収納量 〈 物の量」 なら入らなのは当然。実は 「収納量 ≧ 物の量」 だとしても、やっぱり片付かないお宅は多いです。 それは ・物の定位置が決まっていない ・物の定位置がよくない ・動線が悪い ・収納の方法が面倒くさい ・収納スペースが深すぎる ・収納スペースの空間をうまく仕切れていない ・大きな納戸があるだけで各部屋に収納スペース(家具)がない ・部屋の役割が明確でない ・間取りが悪い など「我が家のライススタイルに収納の場所、収納量、収納方法が合っていない」から。 するといくら片付けを習慣にしようと思っても、 使いにくいので精神的なハードルも高くなってなかなか難しいのです。 これは小手先の収納のワザでは解決できません。 住み始める時にやるべきことは収納設計計画。 間取りが変えられなくても、レイアウトを含めて どんな家具を用意すればよいかちゃんと検証することで 片付けやすい部屋は作れます。 適当に「こんな感じでいいかっ!」はNG! 置きたい場所、家具のサイズを計らないなんて、もってのほかです!! 部屋が片付けやすいことは、 快適な住まい・快適な暮らしのためにはとても大事。 大好きな物ばかりの雑貨屋さんや 必要な物が整然と整ってスッキリとした 清潔なホテルの部屋などを想像してみて! 心地いいでしょう? 自宅は「生活の場」だから、使ったら元に戻すの繰り返し。 ホテルやお店のようにはいかなくても、 我が家らしい心地よい空間を作ることはできます。 10年20年たってもキレイが続く、快適な暮らし。 せっかく引っ越したのに、 「なんか違う」「つまらない」なんてことにならないために、 住む前からちゃんと考えたいものです。

    住空間収納プランナー 渡辺美恵子
    • 6232
    • 12
  6. 【収納計画】納戸やロフトがあれば片付く?

    物があふれる現代。 家を建てるときや引っ越しの時、 「収納スペースがたくさん欲しい」と思う方は多いです。 そこで納戸やロフトを作る場合も多いですが、 それだけで片付く家になるとは限りません。 たとえば、毎日使う道具をいちいちロフトまで取りに行かないですよね? 衣替えするから大丈夫、と思ってロフトに上げた衣類も、 取りに行くのが面倒になったり、 そこにしまったことを忘れたりして、 結局使わなくなりがりです。 片付く家の基本は 「使う場所の近くに使うモノを収納すること」。 季節家電や季節の飾り物、思い出の品など、 普段使わないものを収納するための納戸やロフトがあってもよいのですが、 よく使う物が使う場所の近くに収納できるようにしておくことが大事ということ。 そんな家になっていますか?

    住空間収納プランナー 渡辺美恵子
    • 1918
    • 7

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    227件中 221 - 227 件を表示