戸建

「戸建」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「戸建」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. スペースを無駄なく使う工夫が満載!光と風が通るLDKで充実した毎日

    上下階の間取りを逆転し、日当たりの良い2階にLDKを移動。また、細切れの間取りを一体化。光と風が通る、開放的なリビングに生まれ変わった。さらに、ウォークインクロゼットや階段下収納など、暮らしの用途にあわせた収納を設置。キッチン横には壁面を利用した、収納棚を設ける工夫も施した。もちろん、標準仕様の【制震装置】+【耐震補強】を施し、築55年の家を芯から強く再生。

    東急ホームズの戸建まるごとリフォーム
    • 71206
    • 364
  2. ゆったりとした時間が流れる、寛ぎの和モダンリビング

    ポイントは、和のテイストを活かしながら、今のライフスタイルと調和させること。まず、LDKに小上がりの畳スペースを新設。また、腰壁や天井、建具をシックな色合いで統一。大切に使っていた無垢板の座卓が馴染む、寛ぎの和モダンリビングへと生まれ変わりました。さらに、独立型の台所を対面式に変更。「カウンター越しに会話が弾むので、料理も楽しくなりました」。もちろん、標準仕様の耐震工事を施し、芯から強い家に再生。

    東急ホームズの戸建まるごとリフォーム
    • 55161
    • 314
  3. 【まとめ】トイレがオシャレすぎ!オシャレな家のオシャレなトイレ見せます。

    ★プレゼントキャンペーン実施中。詳しくは文末で★ 建築家との住まいづくりをお手伝いしているザウス住宅プロデュースから、おしゃれなトイレ写真をご紹介いたします。 たかがトイレ、されどトイレ。立派な住まいの一部屋です。 珍しい壁紙・天然の木材・コンクリートの打ち放し・お気に入りのランプに合わせたコーディネートなど…小さなスペースにもこだわり満載。 その素敵さは写真では伝えきれないので、興味を持たれた方はぜひ事例集をご覧ください。建築主こだわりのリクエストやそれに応えた建築家のアイデアを掲載しています。 ↓↓↓

    30代の方が建築家と建てた家をご紹介/ザウス
    • 13048
    • 56
  4. 中庭とスリット階段で狭小地とは思えない明るい空間!

    「SDY」は東京都品川区の密集地に、 家族4人が暮らす家として計画がスタートしました。 66.44㎡(20坪)の狭小地の為、可能な限り床面積を確保する事、 さらには隣地との関係性や光の導き方が大きな課題となりました。 中庭やスリット階段をデザインする事により、 狭小地とは思えない明るい空間が誕生しました。 また収納を多く計画する事により リビングやキッチン廻りをスッキリと見せています。 トータル価格を計画当初からコントロールする事によって お施主様にとって理想の住宅が完成しました。

    小さいを楽しむ COHACO 狭小住宅
    • 2305
    • 9
  5. 建築家と建てる家のキッチン写真どどんと40枚見せます!

    ★プレゼントキャンペーン実施中。詳しくは文末で★ 建築家との住まいづくりをお手伝いしているザウス住宅プロデュースから、おしゃれなキッチン写真をご紹介いたします。 「ここに収納が欲しい!」「タイルを貼ってインダストリアルなテイストにしたい」「この廊下を通ってキッチンに繋がったら家事が楽」「クルマを降りたら荷物をすぐキッチンに下したい」など、奥様が日々の家事で感じる「もっとこうだったら良いのにな」というアイデアや、憧れのキッチンデザインを建築家がカタチにしました。 写真では伝えきれないので、興味を持たれた方はぜひ事例集をご覧ください。建築主こだわりのリクエストやそれに応えた建築家のアイデアを掲載しています。 ↓↓↓

    30代の方が建築家と建てた家をご紹介/ザウス
    • 21956
    • 229
  6. 狭小地でもスロープでバリアフリー!中庭からの自然光を緻密にデザインした住まい

    「Unir」は東京都小金井市に、66.14㎡(20坪)の 狭小地にて建てられた住宅です。 高齢者が暮らす住宅となるため、 室内のバリアフリーは必須条件でした。 玄関までは緩やかなスロープを設け、 主動線上に段差をつけないよう配慮されています。 建物中央部には自然光を取り入れるよう中庭を設けています。 屋根形状には、光の角度を綿密に計算した デザインが加えられています。

    小さいを楽しむ COHACO 狭小住宅
    • 1985
    • 11
  7. 脱nLDKってどういうこと?

    家の指標として、「nLDK」が戸建て・マンション問わず用いられています。nとは個室の数を指し、3部屋であれば3LDKとなり、一般的には主寝室が1つ、子供部屋が2つと解されております。こちらは、家族のモデルケースを4人(夫婦+子供2人)として設定した場合にちょうど良いと感じますが、果たしてそうでしょうか?

    小さいを楽しむ COHACO 狭小住宅
    • 2057
    • 6
  8. 狭小地でも開放的な空間を!公園を借景として取り入れた住まい

    「K-nest」は東京都世田区の自然豊かな公園に面した、 56.35㎡(17坪)の角地の住宅です。 外部と内部との間に中間領域となるインナーバルコニーを設けることで、 プライバシーを確保しつつ、公園を借景として取り入れる計画としています。 インナーバルコニーは、内外どちらにも属さないような空間とすることで、 内部からは広がりや景色との視覚的な境界線を緩やかにつなぐ役割を果たし、 外部からの視線や騒音に対する緩衝地帯となります。 17坪の狭小地にも関わらず、開放的な空間を備える住宅となりました。

    小さいを楽しむ COHACO 狭小住宅
    • 3024
    • 8
  9. 狭小地の高さ制限を有効に利用!立体的な収納で間取りに自由度をもたらした住まい

    東京都世田谷区の商店街からほど近い 51.56㎡(15坪)の狭小地に完成した3階建ての住宅です。 商業地の高さ制限を有効に利用し、3階建てに加え 大きな床下収納と小屋裏収納を備えた5層構造となっています。 立体的に収納を計画することで、室内の間取りに自由度が生まれ、 狭小住宅とは思えない室空間が実現しました。 造作家具やキッチンは、価格も含めた提案により 統一感のあるデザインとなりました。

    小さいを楽しむ COHACO 狭小住宅
    • 2018
    • 9
  10. 階段はアイデアのかたまりなんだ!

    階段を大切にしていない家を見ると、とても寂しい気持ちになります。 平屋以外では、必ず階段は計画することとなります。 特に都心部であれば、平屋はなかなか難しいので、 住まいに必要な要素として階段を捉えていかなくてはなりません。 階段の形状にもよりますが、平面で2帖~3帖程度、 3階建てだと3層分併せて6帖~9帖程度の空間を占めるものなんです。

    小さいを楽しむ COHACO 狭小住宅
    • 1703
    • 7
  11. 狭小地でもスマートに!公園に面した大開口と壁面収納で豊かな空間の住まい

    東京都品川区、目の前に公園が広がる59.56㎡(18坪)の狭小地に 木造3階建ての「Refuge」は計画されました。 2階・3階を繋ぐ吹抜けには、 公園に面した大開口と壁面収納が豊かな空間を演出しています。 透過性のあるスリット階段は、圧迫感なくスマートな印象を与えます。 また、間仕切りや建具が少ない間取りにより、 価格を抑えることができました。

    小さいを楽しむ COHACO 狭小住宅
    • 1757
    • 6
  12. みんなの顔が見えるオープンキッチン。家族が自然と集まる、広々LDKが誕生 

    和室と居間、独立した台所と、細かく分かれていた間取りを一体化。開放感たっぷりのLDKが誕生しました。また、リビング全体を一望できる、念願のオープンキッチンを実現。「ここに立てば、みんなの顔が見えます」と奥様。さらに、キッチンからつながる回遊動線や、日用品がスッキリ片付く収納計画など、子育てに嬉しい工夫を施しました。「居心地の良いリビングに、家族が自然と集まってきます」

    東急ホームズの戸建まるごとリフォーム
    • 61499
    • 225
  13. 不動産売却の仲介手数料って安くなるの?知っておきたいマメ知識

    不動産を所有している方のなかには、売却を検討している方もいらっしゃるはず。その際に気になるのは不動産の査定額と仲介手数料や税金などの支払い額ですよね。不動産売却の際にかかる手数料の豆知識と、より高い査定額をつけるためのコツを紹介します!

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 51006
    • 129

おすすめ

話題のキーワード

    119件中 1 - 20 件を表示