タイコーアーキテクト

「タイコーアーキテクト」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「タイコーアーキテクト」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 都市における都市のための快適で省エネなパッシブモダン住宅

    大阪府東大阪市、JR鴻池新田駅から徒歩5分。閑静な住宅街の中に佇むタイコーのショールーム"Room"。 南向き4間間口の恵まれた敷地条件。しかしながら密集した都市部である事から、将来においても暖かい採光を得るために2階にLDK、新提案のアウトドアルーム"room"を配置。 グレーを基調としたインテリアが特徴的なタイコー流都市型パッシブモダン住宅です。 都市型はその名の通り、都市部の住宅で「敷地が狭い」「南間口ではない」「前面道路が狭い」「周辺は3階建て」など、積極的に南からの光をとりにくい条件が揃う中で、隣家とのプライバシーを守りながらもできる限りの太陽の光と熱を得つつ、増えたエネルギーについてはより高断熱高気密化することでエネルギーのバランスを取ろうという設計手法です。 太陽や風等、自然の力を利用して「夏涼しく、冬暖かく」過ごすためのパッシブ設計。夏の日差しはどうやって防ぐのか?冬の日射を取り込むには?取り込んだ熱を逃がさないためには?すべてこのRoomで実際の設計手法を見て、感じて頂けます。 ぜひご来場ください。 <断熱・気密性能> Q値 :1.11W/m²K UA値 :0.28W/m²K C値 :0.4cm²/m² <仕様> 構造 :耐震構法 SE 構法[木造ラーメン工法] 階数 :2階建て 等級 :耐震等級3[最高等級] 断熱 :G2仕様:ダブル断熱 :屋根外側[Q1ボード| 61mm] :屋根内側[高性能グラスウール16K | 180mm] :壁外側 [Q1ボード | 61mm] :壁内側 [高性能グラスウール16K | 120mm] :基礎外側[スタイロフォームAT | 50mm] :基礎内側 立ち上がり 床面全て[ミラフォームλ | 55mm] 気密 :防水気密シート0.2mm施工 建具 :樹脂アルミ複合サッシ      [U値:1.58W/㎡K(Low-E 複層ガラス仕様)] 木製トリプルサッシ [U値:1.23W/㎡K(Low-E トリプルガラス仕様)] :断熱玄関扉[U値:2.33W/㎡K] 換気 :第一種熱交換型換気システム 熱交換率82%

    タイコーアーキテクト
    • 1849
    • 18
  2. プライバシーと開放感の両立が成功した住まい

    大阪市の中心部に位置するお宅のため、採光とプライバシー確保を両立させることを考えたプランとなっています。光と風を効率的に集めるためにリビング上部には大きな吹き抜けを配置。見上げれば空の見える、気持ちの良い空間です。 また、二階のリビングにつながる10帖の広さがあるバルコニーもこのお家の特徴です。 将来はテーブルやチェア、それにグリーンもそろえてアウトドアリビングとしての活用も。フロアごとに樹種を変えたフローリングも室内の落ち着きのある空気感を醸し出しています。

    タイコーアーキテクト
    • 1467
    • 8
  3. 大人のカフェを意識した三階建て南向きパッシブハウス

    「母屋のとなり、同一敷地内に離れを建てたい」そんなお話からはじまったH様邸。南向きの立地条件を最大限に活かしたプランを目指しました。 敷地の南東に位置する、もともとガレージ・納屋のあった場所が、建築地となりました。 外観のデザインは、シンプルな形状ながら庇をしっかりと出し、吹き抜け側に大きな窓を配置したパッシブ設計。2台駐車可能なビルトインのガレージシャッターを「木調」アクセントとし、そこに旧家に使われている「漆喰壁をイメージした白」と「いぶし瓦をイメージした灰色」の3色使いとすることで、町・そして母屋の風景になじむようにデザインしました。「現代の蔵」とはこういったイメージなのかもしれませんね。 青空とのコントラストが美しいお家です。 お住まいになりながら、現在の母屋との断熱・気密性能の違いを感じていただけるお家になったのではないでしょうか?

    タイコーアーキテクト
    • 2095
    • 10
  4. 都市型狭小三階建ての黒いパッシブハウス

    都市型の三階建て狭小住宅。大阪市内ではもっとも多いのがこの形状だと思います。 土地条件としては 間口約4.8m、奥行き約12m(道路負担除く)、約60㎡実質約18坪(道路負担除く)。 西向き間口のこのお家の南面は現在駐車所になっていますが、将来的には建物が建つことも想定してプランする必要があります。また、間口が狭小であるため、最大有効を考えながらも近隣等の環境プライバシーをよく検討して窓配置を行う必要もありました。 プランとしては、1Fに水回りを集約し、2FのLDKをゆったりと。 各階への通風・採光は、階段スペースを利用してつなぐ。そんなお家となりました。モダンシックなダークトーンで外観・内観ともにコーディネイトした、スタイリッシュなお家です。よく「吹き抜けや階段のドアが無い家は寒くないですか?」とお客様にご質問されることがありますが、実際は逆です。狭小住宅で小さく仕切ることは、視覚的・日射・通風上・最大有効面積どの点においても不利になります。そもそも、居室部分と非居室の空間との境界にドアがないと温度差ができてしまう家、そこに根本的な問題のある「非健康住宅」であると認識してください。 これからの新しい都市型住宅のカタチを、快適な断熱性能の視点からリモデルしたタイコーならではのお家です。

    タイコーアーキテクト
    • 1817
    • 5
  5. スキップフロアでつながる 伸びやかな空間のパッシブハウス

    まるで公園の中に住んでいるような当社の新しい街づくり「ビレッタ」の中にあるコンセプトハウス。 緑豊かな街の中のスキップフロアの家です。南北に長い敷地と高さを利用したスキップフロアによるパッシブデザインは、光と風を流れるように北側の部屋に届けます。SOWE DESIGN 2012 西日本グランプリにも選ばれました。 スキップフロアを構成するにあたり、SE構法の構造が最大限活かされています。また、都市型の狭小地でも、プライバシーを気にせずに十分に採光・通風が取れることがこの家のサブコンセプトです。家全体が一室空間となっているため、どの場所からも庭の緑や青い空が楽しめる空間は「プライスレス」です。 是非、一度 当社の設計コンセプトを体験しにいらしてください。

    タイコーアーキテクト
    • 2387
    • 18
  6. <ナチュラルインテリア>家族図書館のある南向きパッシブハウス

    閑静な住宅地の中にあるT様邸。約63坪(通路部分17.8坪含む)の広い敷地に建つ邸宅です。 分譲地の一番奥の敷地であり、いわゆる旗竿地形状。前面の道路の通行量は少なく、ゆったり配置の設計が可能な敷地です。接道は東向きですが、車の進入部分を除くと建物としてはどっしりと南向きに配置することができます。 ただし、南側隣地に事務所倉庫が建つため、プライバシーや日射を検討する必要はありました。旗竿形状の土地は、車はバックで進入する形状であることから、建物に対して縦列での駐車形状となります。またプライバシーや日射のことを考え南側隣地の建物との距離をなるべく離して配置したいと考え、南側敷地境界から約4mを建物間口全体でどんと離して検討していきました。そうすることで4m(公道と同じ幅)の空地ができ、しっかりと日射を確保しつつプライバシーが守られる建物設計が可能となりました。 LDKとこだわりの「家族の図書館」をどこに配置していくのか?検討した結果、2階LDKでしっかりと南に開いて天井を高くした開放的な空間をつくり、広い玄関ホールから自由に出入りできる多目的な空間として「家族の図書館」を配置していきました。 建物形状をL型にすることで北側に裏庭スペースができて、住んでからの楽しみの余白もしっかりと確保した、「育てていく家」をコンセプトに楽しんでいただけるお家がまたひとつ完成しました。

    タイコーアーキテクト
    • 3954
    • 24
  7. <都市型><狭小><3階建> の黒いパッシブハウス

    都市型の狭小住宅。大阪市内ではもっとも多いのがこのカタチだと思います。 土地条件としては 土地間口約4.8m、奥行き約12m(道路負担除く)、約60㎡実質約18坪(道路負担除く)は市内の建替えで最も多い敷地形状です。 西向き間口のこのお家の南面は現在駐車所になっていますが、将来的には建物が建つことも想定してプランする必要があります。また、間口が狭小であるため、最大有効を考えながらも近隣等の環境プライバシーをよく検討して窓配置を行う必要があります。 プランとしては、1Fに水回りを集約し、2FのLDKをゆったり目に。各階への通風・採光は、階段スペースを利用してつなぐ。そんなお家となりました。モダンシックなダークトーンで外観・内観ともにコーディネイトした、スタイリッシュなお家です。よく「吹き抜けや階段のドアが無い家は寒くないですか?」とお客様にご質問されることがありますが、実際は逆です。狭小住宅で小さく仕切ることは、視覚的・日射・通風上・最大有効面積どの点においても不利になります。そもそも、居室部分と非居室の空間との境界にドアがないと温度差ができてしまう家、そこに根本的な問題のある「非健康住宅」であると認識してください。 当社の誇る高断熱・高気密住宅では室内はエアコン2~3台で家中を温度差を4度までに抑えることが可能です。だからこそ光・風を家全体に通わす大空間を実現することができ、同時に快適な温度・湿度も兼ねそろえた空間を実現できるのです。 これからの新しい都市型住宅のカタチを、快適な断熱性能の視点からリモデルしたタイコーならではのお家です。

    タイコーアーキテクト
    • 3638
    • 8
  8. 2.5間の間口で実現 東向きボートガレージの家

    商工住が混在する用途エリアで東向きに立地する邸宅です。 外観の特徴となる1Fのビルトインガレージは、ガルバリウムの外壁との組み合わせにより、一見すると住宅とわからない外観意匠とし、建物内部との印象のギャップを演出。門型フレームを採用することで、間口約3m奥行き約11mのビルトイン空間を、柱や壁をつくらずに実現しました。 2階のLDKは約22.6帖の大空間。奥様のこだわりのキッチンはステンレスと黒で統一したコーディネイトで空間を引き締めます。 LDKの東の端には段差をなくした約5帖のバルコニーが繋がります。 なお、このお宅は南面からの採光が難しい立地のため、東・西・北の3方向からの光でまかなう基本採光計画で考えられているのが特徴です。それにより、一年を通じてLDKにはやわらかい光が入り込み、南側が開けたお宅とはまた異なった居心地を提供します。どんな敷地にもおいても光と風を考える、タイコーならではの家づくりの考え方です。

    タイコーアーキテクト
    • 5043
    • 16
  9. 朝日をいっぱいに取込む 東向きシンプルテイストな家

    閑静な住宅街にあるF様邸。約36坪の敷地に建つ邸宅です。 東面接道道路は6mと広く、南面は既存の平屋に隣接、北面は3階建と採光計画も容易でゆったりとした敷地です。ただし、南面の平屋が将来建て替え等になることを想定する必要もあり、南側に吹き抜けをとったプラン提案としました。 外観のデザインは、シンプルな建物の形状を引き立たせるようにサイディングは白で統一、スッキリとしたものとなっています。また、卓越風向である東から西への風を取り入れるため、窓はランダムな大きさの四角窓をリズミカルに配置し家の外観を軽くしています。 内部のプランは家全体のコンセプトであるやさしく「まじ切る」を、障子の建具で実現。LDKは南面の吹き抜け・掃き出しから一年を通じて採光できる快適な空間です。また、来客用の和室はLDKから切り離す設計にしました。 2階ホールから広がる主寝室にも、吹き抜けの光をやさしく採り入れるために障子の建具を配置しています。個室として利用する時は3枚引き戸(障子建具)でやさしく区切ります。 南面のインナーバルコニーは雨が降り込まず、風と光を調整して家の中に採り入れる快適な入口として機能します。

    タイコーアーキテクト
    • 3157
    • 9

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード