ビル

ビルに関するアイデア一覧です。住まいや暮らしに関する豊富な情報を整理し、写真と一緒にわかりやすくビルについてご紹介しています。

  1. 岡山ビル|古くて小さなビルのリノベーション

    近年、マンションや戸建てなど住居のリノベーションが一般に広く知られるようになり、今まで見向きもされなかった古い建物が価値を持てる時代となりました。一方で街中の古いオフィスビルを見ると、レトロで賃料が安くとも空室が目立つ建物は多く、都心部の高層・大規模再開発によってゴーストビルは増え続ける一方です。住居は室内さえリノベーションすればひとまず快適ですが、オフィスビルは取引先や顧客との打ち合わせに用いる公の場でもあるため、いくら室内を良い感じにリノベーションしても外観や共用部が酷い状態では使い物にならないことが原因ではないかと思われます。 今回は空室化と老朽化に悩む建物オーナー様のご依頼で、高度経済成長期に建てられた古オフィスビルを全面リノベーション。外装タイルやコンクリート、鉄製手摺といった古くて良いものを残しながら、無駄な装飾やツギハギの内装を撤去し、現代のニーズに見合った間取りと共用スペースの設計、鉄骨ブレース・RC壁による耐震補強、電気・給排水・換気空調設備の更新を行いました。 1階~3階はDIY可能な大小の貸室の組み合わせ。2階にはキッチンのある共用のサロンを備えています。4階は元々共同住宅用途であった利点を活かした回遊性の髙いSOHOタイプ。屋上は入居者に開放。大阪市の中心部でありながら閑静な周辺環境を生かして、職住近接のコンパクトな生活を送れるオフィスビルとなりました。

    山本嘉寛建蓄設計事務所
    • 2365
    • 13
  2. 居住ビルを宿泊施設に。形態変更フルリノベーション

    お住まいだったビルの3階、4階部分を短期滞在型の宿泊施設にフルリノベーションした施工事例です。   元々の居住空間から大幅に間取りを変更。 個室・和室・ドミトリーの3種類の宿泊部屋と共用スペース(キッチン、トイレ、洗面、シャワールームなど)を設けました。   リフォーム後は、和風モダンな最新設備と古き良き東京下町の家庭的な雰囲気で ”都内に短期滞在するお客様” に喜ばれる「おもてなし」 の宿となりました。

    東京下町のリフォーム会社セイワビルマスター
    • 1013
    • 5
  3. ビルをリノベーションして住居にできる?快適なご自宅づくりの裏ワザをご紹介

    「マイホームはビル一棟」と聞くと、何か遠い世界のお金持ちの話のように感じます。しかし、近所の街中を歩けば沢山の空きビルがあり、良い立地の物件が思った以上に安価で売り出されていることも少なくありません。そこで今回は、ビルから住居へのリノベーションについてお話しましょう。ビルのリノベーションが持つ意外なメリットや、驚きのリノベーション事例などもご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 1731
    • 5
  4. 廃校をリノベーション!地域の新しい拠点として再活用できる学校のリノベーション

    少子化が進むとともに増えている廃校。空き家問題と同様、都市部・地方ともに廃校の増加が悩みの種となっています。しかしそんな中、廃校をリノベーションによって再活用する動きも活発です。昔、通っていた学校がもし廃校になっても、違う形でその思い出を残してくれるならうれしいものです。今回は、全国で話題の廃校リノベーションについてお話しましょう。校舎の特徴を生かしたおしゃれな再生から驚きの活用法まで、事例やアイデアを豊富にご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 1504
    • 3
  5. クリニックのリノベーションは、診療科目や来院層の特徴を押さえることがポイント

    リノベーションによって、既存のクリニック・医院を改修するケースが増えています。単なるリニューアルにとどまらず、次世代への引き継ぎや新規開業の場合でも、リノベーション済の建物を使う例の方が新築よりも多いぐらいです。しかし、いざ実際にリノベーションを考えると何から先に手をつけて良いかわからないことも多いでしょう。そこで今回は、クリニックのリノベーションについてお話しましょう。一般の住宅などと異なる特徴や、クリニックならではの注意点などをあらかじめ押さえておき、クリニックの改装計画にお役立てください。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 664
    • 2
  6. 古いビルをリノベーションして一新!成功の秘訣や事例をご紹介

    みなさんがお住まいの街にも、古くなって使われないまま空きビルになっている建物があるかもしれません。空き家の問題が全国で社会問題化していることと同様に、空きビルも年々増加する傾向にあります。そこで今回は、古いビルのリノベーションについてお話しましょう。小規模ビルを買い取って公共の施設にした事例や、工夫を凝らしたリノベーションによる空きビル活用法などをご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 1298
    • 2
  7. 中古ビルのリノベーションにかかる費用はどれくらい?

    地震や洪水など大規模災害の増加を背景に、より頑丈で耐久性の高い建物をしっかり手入れしながら使っていこうという流れが生まれつつあります。その一つが空きビルの再生で、2014年頃から古い商業用ビルなどを買い取って住居や商店にリノベーションする例が増加しています。そこで今回は、ビルのリノベーションにかかる費用についてお話しましょう。全体のコストや一部分の工事にかかる費用、実際のリノベーション事例などについても取りあげます。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 7255
    • 1
  8. 岡山ビル

    空室化と老朽化に悩む建物オーナー様のご依頼で、高度経済成長期に建てられた古オフィスビルを全面リノベーション。外装タイルやコンクリート、鉄製手摺といった古くて良いものを残しながら、無駄な装飾やツギハギの内装を撤去、意匠・構造・設備を更新し、レトロでシンプルな魅力を備えた「使える」オフィスビルに再生しました。 (撮影:笹倉洋平)

    山本嘉寛建蓄設計事務所
    • 1801
    • 3
  9. ビル一棟まるごと"食と遊びのワンダーランド”!10/7(土)にリニューアルした〔ニューラフレア〕を攻略

    テレビでも話題の異国情緒あふれるエリア"神戸旧居留地"。このエリアに、なんとビル一棟まるごとリノベーションした新スポットが、2017年10月7日に誕生しました! その正体は神戸からさまざまなカルチャーを発信してきたカフェ〔ラフレア〕の新たな展開として生まれかわる“食と遊びのワンダーランド”〔ニューラフレア〕です。“食と遊びのワンダーランド”なんて、聞いただけでもワクワクしますよね。果たしてその内容とは……? 1階から4階まで攻略していきましょう!

    LIMIA おでかけ部
    • 3756
    • 35