介護のアイデア(3ぺージ)

介護に関するアイデアのまとめです。現在ではバリアフリーやユニバーサルデザインという言葉はごく一般的になっています。親族に高齢者がいたり、自身の老後に備えてリフォームを考えている方はぜみチェックしてみてください。

  1. 高齢者・介護のために浴室をリフォームする時にチェックしておきたいポイント

    「高齢者のため」「介護のため」に浴室リフォームをするケースが増えてきています。また、介護のための浴室リフォームは、条件を満たすことにより補助金も支給されます。今回は高齢者や介護向けに浴室リフォームする際にチェックしておきたいポイントをご紹介します。

    LIMIA 住まい部
    • 2734
    • 4
  2. バリアフリー・介護用トイレへのリフォーム!皆が使いやすい空間を作ろう

    トイレのリフォームの中でも、バリアフリー・介護トイレへのリフォームはよく行われています。自宅で介護をするのであれば、バリアフリーに対応した介護用トイレにリフォームすることは、ほぼ必須であると言えるでしょう。ここでは、バリアフリー・介護用トイレへのリフォームのコツについて解説します。

    LIMIA 住まい部
    • 6753
    • 4
  3. 八千代ケアサポート

    介護用品には、歩行関連のグッズがもっとも多く、水廻り、ベッド廻りの商品と続きます。朝起きて、外に出て歩く。お食事をする。お風呂に入る。介護ショップを訪れるお客さんは、この、ごく普通の日常を健康に過ごすことを求めている、ということがよく分かります。体が不自由だと、ついつい町に出るのがおっくうになってしまいます。町には障害物がたくさんあったり、人の目が気になったりして、楽しく散歩ができません。それならば、人の目も気にせず、自由に動き回れる町をつくってしまおう。「歩くことが楽しい」そんな気持ちになれるような空間をつくろうと考えました。芝生を張って『みち』をつくり『家』をつくり、『ショップ』をつくり、『カフェ』をつくりました。『みち』を歩くように車椅子の試乗ができたり『ショップ』で試着しながら買い物できたり、『いえ』の玄関やお風呂で便利グッズを体験したり、さまざまな日常が体験できます。介護用品といえば、「使いたくないけど使わざるを得ない」商品と考える方が多いかもしれません。 ついつい機能や利便性に目が行きがちですが、洋服などと同じように「着たい」「使いたい」商品に変えることができれば、どんなにステキなことかと思います。

    有限会社ミサオケンチクラボ
    • 650
    • 3
  4. バリアフリー改修で生き生きアンチエイジング!

    年老いたご家族のためのバリアフリー改修の事例です。ただ機能的に生活しやすいようにするのではなく、どうせなら楽しく明るく暮らしたいですよね。鞍城建設ではそれを家づくりでお手伝いします。ちょっとしたわくわくやドキドキ、ときめきで気持ちが明るく前向きになることでアンチエイジングも夢じゃない!?

    鞍城建設
    • 2206
    • 30
  5. 光庭のある都市型2世帯住宅(市ヶ谷の家)

    この住宅は、新宿区内のオフィスビルの建ち並ぶ通りから、住宅地への入口付近に計画したものです。 敷地は近隣商業地域と第二種中高層住居専用地域にまたがる防火地域内にあり、また幹線道路から近いことから、 防火と騒音対策上の理由で、RC(鉄筋コンクリート)造としたものです。 2方がビルや擁壁上部に建つ隣家に囲まれた敷地にあって、階建てであっても各階の諸室に自然光が射し込み、風通しが良く、 更に周囲からのプライバシーを確保できる家とすべく、 家の中央部に設けた光庭に大きく開く家としました。 また、3層にわたるこの光庭は、2階部分では中庭として利用し、 更にこの中庭の脇に光庭やトップライトを設けることにより、1階部分へも光を導くための場としたものです。 また私が手がける他の鉄筋コンクリート造の住宅同様、外断熱工法を採用しました。 これにより、安定した室内温湿度環境を得やすいだけでなく、良質な衛生環境、結露防止、躯体保護による建物の耐久性向上を はかったものです。

    中川龍吾建築設計事務所
    • 947
    • 1
  6. LDKに隣接した、のんびりくつろげる『和室』

    来客が多く、わいわいと楽しむ事が大好きなお施主様が こだわって作られた和室は ゲストの宿泊スペースとしても、 将来一緒に住むかもしれない祖父母様の為でもあり、 和室からダイニングを通ることなく トイレにも行けるよう動線も考えられています。 扉を全てしめれば、休まれているゲストを起こすことなく、 ダイニングでくつろげるよう、防音面も配慮しています。

    Sanyo Co.,Ltd
    • 2561
    • 10
  7. 渋川石原の家

    敷地の南側に数十年暮らし続けた思い出の家を残しつつ、北側にこれから過ごすための快適な住まいを…。現在、一人暮らしをしながら元気に過ごす80代の母。近い将来介護が必要になることを見据え、『いかに楽しく、前向きに介護できるか』をコンセプトに、ケアハウスでありながら落ち着き、趣のある、何より心地良い“すまい” を提案。 一般的な設備に加え、介護者ひとりでも楽に移動させられる天井走行用リフトも設置。キッチン設備は、以前の家とほぼ同じ配置にすることで使い勝手の違いによる戸惑いを軽減。仕上げは自然素材中心に、体や環境にも優しく、また、自然素材の風合いを活かし安らげる住空間に…。機能面や利便性ばかりにとらわれないユニバーサルデザインを心掛けた。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 928
    • 9

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    64件中 41 - 60 件を表示