介護

介護に関するアイデアのまとめです。現在ではバリアフリーやユニバーサルデザインという言葉はごく一般的になっています。親族に高齢者がいたり、自身の老後に備えてリフォームを考えている方はぜみチェックしてみてください。

  1. 2018年5月26日(土)『神戸学校』 多様なしあわせのあり方を広めている「soar」代表の工藤瑞穂さんをお招...

    フェリシモは毎月1回、各界の第一線でご活躍中のゲストを迎えてメッセージライブ『神戸学校』を開催しています。5月は、NPO法人「soar(ソア)」代表理事の工藤瑞穂さんがゲストです。 『神戸学校』5月の詳細と参加お申し込みはこちらから>>https://feli.jp/s/kg180502/2/

    PR TIMES
    • 35
    • 0
  2. 北海道ベンチャー初!設立4年目の株式会社ファーストコネクトが女性活躍推進法に基づく「えるぼし」認定企業として最...

    歯科業界における人材紹介サービスのリーディングカンパニーである株式会社ファーストコネクト(本社:札幌市中央区北1条西5‐2札幌興銀ビル6F 代表取締役:宮副俊彦)が女性の活躍推進に関する取り組みの状況が優良な企業として、2017年12月15日付にて厚生労働大臣より「えるぼし」認定企業として最高ランクの認定を取得しました。

    PR TIMES
    • 223
    • 0
  3. 都会にもあった、親に入って欲しい、ラグジュアリーな老人ホーム!

    地方拠点駅近くの商業地域に、バブル期に建設された豪奢な既存老人ホームがあり、そこを健常・要介助者用の老人ホームとし、隣接地に、重度の要介護者専用の老人ホームをつくりたいとのご依頼でした。コンパクトで機能的にしたいが、既存の豪奢な老人ホームに似合った負けないデザインをコストをかけずに実現して欲しいとのお話でした。

    株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所
    • 2969
    • 4
  4. 高齢者向け住宅リフォーム成否のカギ

    内閣府の団塊世代の意識に関する調査では、8割以上の人が 「今住んでいる家に住み続けたい」と回答しています。 そんな希望を叶えて、 高齢者が、これからも今住んでいる家で快適に住み続けていくには、 リフォーム(リノベーション)が欠かせません。 ただし、不具合箇所を直すだけの「部分リフォーム」はお薦め出来ません。 高齢者が住む住宅をリフォームするの場合、 より快適に暮らしていくためには、3つのリフォームを一度に行う事が重要です。

    無垢の木と自然素材で木ごこち良い家、ヒダモク
    • 1229
    • 1
  5. 開かれたシェアハウスのような3世代住宅へのリノベーション(丸ごと耐震改修)・M-HOUSE komae

    1棟丸ごとの耐震補強と共に、分離型の2世帯からシェア型の2世帯+α(3世代)への間取り改修。1棟の家を家族構成の変化に対応できるよう様々な使い方を想定して、1住宅を超えた多機能なハコとなるよう改修を行ったものである。“世帯” を超える、多 “世代” 住宅を目指した。 阪神淡路大震災を経験されたお施主様の不安を解消するための耐震改修。また、両親への介護がしやすく、子世代の友人達とも同居できるオープンで風通しが良い間取り。更には地域に開いてのケアハウス、演劇、ギャラリーなどが開催でき、老若男女が集まり、世代間交流もできる。個人宅でありながら、開かれた ギャラリー + シェアハウス のような様々な使い方ができるよう計画された。 建物としては、吹き抜けの無かったところに吹き抜け・階段・ハシゴ開口をつくり、吹き抜けを中心として皆で空間を共有する。風と人の抜け道となる開口が様々設けられ、風通しの良い、多用なアクセスが可能な動線計画となっている。個室は間仕切りをできるだけフレキシブルに考えてコンパクトにし、多様な用途を見込める共用部を豊かにしている。 ■ BEFORE: 階段が建物の片側に位置し、玄関を共有する上下階で2世帯が分かれた間取り。LDK・トイレ・洗面・浴室もそれぞれの階にある。一般的な住宅がそうであるように、空間は居室ごとに分節されている。 ■ AFTER: より密な介護のため、また、更に次の世代との楽しい同居のため、建物の中心にリビングダイニングと階段を配置し、吹き抜けで上下階が繋がり空間を共有しつつ、メインのLDK・浴室などの機能も敢えて共有する、シェアハウスとしての間取り改修を行った。また、トイレ・洗面・浴室についてもバリアフリーに対応できるよう間取りと設備の改修をおこなっている。 大幅な間取り改修により、1階には柱が所々残り、上階を合理的に支えるために追加した隅柱もある。空間の広さと自由度を上げつつ、構造に無理が来ないように、柱は極力残した。残る柱も逆に空間に面白さを与えると感じている。リノベーションの醍醐味は、古い建物の形跡が図らずも残ってしまうことではないかと、密かに思っている。意図する部分もありつつ、意図しない効果もある。記憶のよりどころとなる何かが残っているということが、意図しない面白さを醸し出してくれる。

    大坪和朗建築設計事務所
    • 1826
    • 11
  6. 老後のリフォーム費用。限られた予算を有効に使うには

    老後に備えて自宅のリフォームを考える時、まずお悩みとして挙がるのは資金計画の問題かもしれません。もちろん無理な出費は避けたいですし、決して安くないお金をかけるリフォームだけに、失敗や後悔を防ぐため限られた予算でどこをリフォームすれば良いかなど、懸案は尽きません。 今回は、老後に備えたリフォームの費用についてご説明しましょう。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 2513
    • 3
  7. 老後に向けた住まいのリフォーム。気を付けるべきポイントは?

    現在の住まいで暮らす中で、今後変化していく点を考える時、まず思いつくのは加齢などが暮らし方に及ぼす影響という人も少なくないでしょう。そのほか、子供たちの独立やご自身・ご家族の定年退職など、家族構成やライフスタイルの変化を挙げる人も多いかもしれません。 今回は、老後に向けた住まいづくりについて考えてみましょう。数年~数十年先までを見据えた、老後のためのリフォームを行うとしたら、どんな点に気を付けるとよいのでしょうか。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 660
    • 3
  8. 介護リフォームの資格とは?資格者のいるリフォーム会社を選ぶといいの?

    介護リフォームを得意とするリフォーム会社の広告やホームページなどで、「資格者がいるから安心」という謳い文句をよく見かけます。建築関連の資格は数多くありますが、現代の超高齢化社会を背景に、自宅介護や介護リフォームに特化した資格制度も設けられています。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 2903
    • 2
  9. 介護リフトってどんなもの?リフォームでも設置できる?

    「自宅介護のために、介護リフトを設置した」という話をテレビなどで聞いたことがある人も多いはずです。名前を聞くだけでも便利そうに感じられる介護リフトですが、具体的にどんなものかはご存じない方もいるでしょう。 今回は、介護リフトについてご説明します。リフォームでの取り付け事例や、設置で得られる介護面でのメリットなど詳しくご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 981
    • 2
  10. 介護保険を使ったリフォーム。自己負担額1割って本当?

    在宅介護を考えているなら、介護のためのリフォームが必要な箇所が大抵の場合出てくるものです。満40歳を超える人なら誰でも加入している介護保険ですが、介護サービスを受けるためだけでなく、自宅での介護のためにリフォームが必要な時にも適用されることをご存知でしょうか。 今回は、在宅介護に必要なリフォームを介護保険で行う方法や、その際のルールなどについて詳しくご説明します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 531
    • 2
  11. 介護リフォームとは?気軽に備えられるお役立ち設備をご紹介!

    リフォーム計画で、将来の介護を予測した設備を検討するご家庭が増えています。もしご家族が高齢になっても、引き続きご自宅で快適に暮らせればなによりでしょう。そのために、家庭内での移動や動作の不便を軽減する目的で取り入れられるのが「介護リフォーム」です。 介護リフォームはご自宅での暮らしやすさにつながるだけでなく、近年増加している家庭内での事故防止にも役立ちます。ここでは、介護を受ける人も、一緒に暮らすご家族も不便を感じず安全に暮らすことのできるリフォームのポイントをご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 500
    • 1
  12. スケルトンリフォームってどうなの!?メリットとデメリットを具体的に徹底解説

    リフォームしようかな…と思っていろいろ調べていると、よく目にする「スケルトンリフォーム」という言葉。部分的なリフォームと違うことはなんとなくわかりますが、具体的にどこが違うのかピンと来ないという方が多いのではないでしょうか。 ここでは、スケルトンリフォームのメリットとデメリットをまとめてみました。スケルトンリフォームならではの特徴や魅力を知り、リフォーム計画の参考にしましょう。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 1756
    • 3
  13. 快適な在宅リハビリと介助を叶える木造平屋《居久根の家》

    広義の仙台平野沿岸に見られる「居久根」の配置の考えを建築的に翻訳した平屋建ての住まいです。 震災以降、減災林としての居久根の存在意義が見直されて久しい中でも、高齢化する場合、屋敷林の手入れもままならなくなり、伐採することもあるといいます。このような地域における建築のあり方としては、上手に自然を翻訳しなおし、地域の防災・防風林的機能を代替・維持するというのもひとつの「地域の課題解決の方法」です。意識を敷地内だけに縛るのではなく、近隣や地域全体にまで拡げることで、その場所に建築することの意義が見えてくることは少なくありません。 プログラムは、介護・介助・リハビリテーション/趣味と地域の拠点/分家における継承・非継承/休耕地の運用/震災後の暮らし/施主支給の木材調達の管理など「極めて多層的」です。 基本事項として、ケアを要する家は、広義に縮小社会といっても、具体的に容易に縮小でき得るものではなく、ケアに係る空間は削れないどころか変化する身体への冗長性やプライバシーを設えておく必要があります。 まず、車いす利用者の在宅ケアを第一の目的としたゆるやかな一室空間としての「主屋」を考え、地域住民と交流するための趣味室と支援する家族のための「ちいさな門屋」を併設させ、将来的に減築も容易な構成をとっています。 主屋と門屋のあいだには心地よいヒューマンスケールをもった静穏な北中庭が設けられ、それぞれの行為をつなぎます。さらに、門屋は「建築的居久根」となって、この地域の厳しい季節風を和らげ、北中庭の静寂と主屋を守る役目を果たします。 このように、人の行為をつなぐ空間と、地域と家をつなぐ構成を連続的に計画し、多層的なプログラムをフラットに、さりげなく解決しようと試みているのが特徴です。 建物がなぜそこに置かれるのか?なぜそこに置くべきなのか?という「配置の基本的解釈」とでもいうべきことを疎かにせず、家屋を地域環境を長きに渡り形成・持続してきた風土につなげることを大切にして進めています。

    前見建築計画一級建築士事務所
    • 849
    • 5
  14. マンションをリフォームするべき時期はいつ?目的別・世代別の目安

    マンションのリフォーム時期について考えたことのある人は多いでしょう。基本的にはどんな場合でも「リフォームが必要になった時がリフォームどき」なのですが、ある程度適正な時期の目安はあります。そこで今回は、一般的なマンションリフォームの時期についてお話しましょう。リフォームの目的によって時期が異なる場合や、世代に合わせて行うリフォームなどについてもご説明します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 2083
    • 1
  15. ななめスタンド【小】

    ハンドメイドマーケット minne(ミンネ) ハンドメイドマーケット Creema(クリーマ) にて販売中 食べやすい高さと角度でご飯を食べさせてほしくて製作しました。まえかがみがキツくなるシニアにもおすすめしたいと思います。 ステンレス製の食器スタンド 【フードボール小】になります。 写真の猫は体重が4k〜4.6kです。 フードボールが小さいタイプです。 【5枚目の写真の右から3番目の商品】 食べやすい高さでご飯を食べさせてください 特にシニアには負担軽減にもなると思います フードボールはドギーマンのステンレス製で防振防音ゴム付きになります。 フードボールが大きいサイズや台がフラットタイプも販売しています。 体格と台の高さをご確認ください 【スマホはiPhone6です】 【台のおおきさ】 幅15センチ 奥行12.5センチ スタンド手前高10.5センチ 食器センター高14センチ スタンド最高17.5センチ 【器のおおきさ】 小さいサイズ(器の内側) 直径95mm 深さ37mm 大きいサイズ 直径110mm 深さ42mm

    K A H O K U
    • 1782
    • 18

40件中 1 - 20 件を表示