増築

リフォームの中でも多い増築。離れを増築したりリビングや2階部分を増築したりと例はさまざまですが、将来の住みやすさも考えて失敗のない増築・リフォームをしたいものです。ここでは、増築を検討している人に役に立つアイデア・事例をご紹介しています!

  1. 玄関の位置を大逆転!!既存リノベーション+増築で唯一無二に生まれ変わった家。

    21.5坪の既存平屋建て住宅の約9坪の増築を伴うリノベーション計画です。新しい家族の居場所として不足している子供部屋を増築し、既存部分とをウォークスルークローゼット(壁面収納+渡り廊下)で繋ぐことで、家族同士の程よい距離感をつくると共に収納量をUP!。また、建物の裏側に廻らなければ入れなかった玄関を前面道路側に配置し直すことで、日常の使いやすさを向上させています。家族が集うLDKは既存の高くフラットな天井を逆手にとり、キッチン上部を低く設定し直してレッドシダー張りとしました。空間にメリハリをつけることで、建築的な広がりと木のぬくもりを感じられる、そんな居心地の良い場所をつくりました。

    清建築設計室
    • 1558
    • 10
  2. キッチンを2台置く大胆リフォーム

    【お客様のお困りごと】 ①3世帯同居では食事の準備が大変! ②洗面所もとにかく狭く、洗濯機も置くと脱衣場所がなくなってしまう・・。 ③昔の家で一部屋が狭い。赤ちゃんも迎えるので環境を改善したい! お客様のお困りごとを解消するために、思い切ってキッチンを2台設置し、洗面所もキッチン側に空間を広げて洗濯機置き場を新設。部屋同士をつなげ広い空間を作り、増築で部屋を増やしました。 それぞれの空間をBeforeAfterの写真とともにご紹介します。

    増改築・リフォーム専門店 ぱっとホーム
    • 4820
    • 20
  3. □◆<ビフォー・アフター>平屋住宅の増築リフォーム◇◇

    平屋の戸建て住宅に6帖ほどの部屋を増築して1軒まるごとリフォームしました。 外壁も石造り風に仕上げて全体的に明るい雰囲気にし、台所の位置も変更して憧れの対面式キッチンに! ちいさなお子様もいるので料理の準備をしながらでも部屋全体が見渡せるのは安心できますよね。

    増改築・リフォーム専門店 ぱっとホーム
    • 13803
    • 21
  4. 住み心地の良さをトコトン探して♡

    キッチンを対面式にしたい、暖かく広いお風呂にしたい、収納を増やしたい、全体的に使い勝手を良くしたい、家を暖かく快適に....。リフォームをするときは何を優先するか迷ってしまいますよね。 ここでは4.5畳程のスペースを確保することでそのすべてを叶えた事例を紹介します。

    増改築・リフォーム専門店 ぱっとホーム
    • 6927
    • 17
  5. 増築を含む和モダンリノベーションの家

    「玄関を広くしたい」・「和室を一部屋欲しい」・「リビングを広くしたい」・「シューズクロークが欲しい」から始まったT邸は、クライアントと設計者共打ち合わせを重ねる度に夢が広がり、1,000万円前半という予算が重くのしかかってきました。そこで築5年以内という家のパーツを最大限利用することを考えました。 例えば外壁やサッシをそのまま使用して、室内なのに外部のような路地をつくり和室を演出したり、樹脂製デッキを新しいリビングと和室の間に移設して、庭の前を家族が集まるデッキテラスにしました。 又、和室と玄関の増築部分の上に屋上デッキテラスを設置することで、既存の2階の2つの洋間の前に広大(24帖)なユーティリティースペースが生まれました。手摺り壁を隣の2階の窓からの目線より高くすることでプライバシーが守られ、夏はお子様のプールを置いたり、家庭菜園・バーベキュー等々・・・・・。まだ小さなお子様達は毎日テーマパークにいるかのようにはしゃいでいるそうです。

    ㈲滝下秀之建築アトリエ
    • 3624
    • 14
  6. 増築における確認申請やコストカットなどの注意点

    「家が手狭になったので増築したい」という要望はよくありますが、実は増築はそう簡単にできるものではありません。 まず第一に敷地に余裕がないと無理です。増築できるスペースはもちろん、土地には都市計画や用途地域によって「建ぺい率」や「容積率」が定められているため、建築できる面積に基準があります。 建ぺい率とは敷地面積に対する建築面積の事で、容積率とは敷地面積に対する延べ床面積の事です。つまり敷地に対して建物の大きさの上限が決まっており、それを超えて増築することは認められません。他にも建物の高さ制限や日影規制なども定められているので、それに準じていなければなりません。

    リフォームワーク
    • 1305
    • 6
  7. ∵素敵な出会いは歳月を越えて∴

    あるご家族との素敵な出会いがありました。 建て主さんのご夫妻のまっすぐな想いをうかがってまた心温まりました。 住宅相談に来てくださったご家族にこれまで手掛けた住宅の説明をさせていただきながら、 その写真のお子さんたちと同じくらいの年頃のお子さんに、ふと懐かしさを覚えました。 帰る頃にはすっかり慣れてくれて階段を降りる時には手つなぎしてくれるまでに… かわいらしい仕草に気持ちがすっかりほぐれました♪( ´▽`) 続きはブログにて、ぜひご覧ください! ブログへは最下段リンク先をクリック又はタップにてつながります。

    山道勉建築
    • 504
    • 5
  8. ∵“時間のなかの建築”が教えてくれること∴

    秋らしく澄んだ一日の終わり、 板張りの外壁をキラキラと西日が照らしていました。 先日、独立初期に手掛けた住宅へ。 建て主さんといろいろお話ししながら、あちらこちらじっくりみて回ります。 もうすぐ16年、増してきた味わい。 16年前、持てるすべての想像力で見つめた未来が目の前にあって、 その答えと、この先の可能性まで見せてくれています。 “時間のなかの建築”が教えてくれること。 この家を見ていると、時間を重ねて年相応の変化をしてゆくことに喜びを感じます。 そんな風にとらえることができるのも、 この家の成り立ちのなかにある芯がしっかりとしているから。 あの時、核となることに真摯に向き合えた結果がここに在るのだと、 こうして時間を経て、あらためて気づかせてくれます。 “ほんとうのこと”を、 言葉を持たない建築が雄弁に語っているように感じました。 この先もまた、この健やかさを繋げていけることに嬉しくなります。 建ってからこれまでの軌跡を振り返り、この先の15年20年のことを想像しながら、 家が発する“コトバ”に耳を傾けるように 手を入れていきたい。 これからも健やかであるように…。 家にありがとう。そんな、家への感謝の気持ちが詰まった一枚です。 --------------------------------------------------------------------------------------- 山道勉建築は、住宅を専門とした設計・監理をする設計事務所です。 じつは、私たちは「住宅」本体をカタチにするだけでなく、 「暮らし」を設計しています。 お庭や建具、カーテンや家具、、、家にまつわるすべてのコトについて、 「住まい」に関わるもののほぼすべてを、設計&提案&コーディネートしています。 ご家族にとって、家にとって、最善な選択ができるように… そっと寄り添うようにサポートさせていただこうと考えています。

    山道勉建築
    • 1150
    • 5
  9. 憧れのホームエレベーター生活。リフォームのポイントは?

    ひと昔前は高嶺の花でしたが、今では珍しくなくなりつつあるホームエレベーター。設置する人の主な理由は「高齢となる将来に備えて」「3階建てなどで、上り下りが大変」「大きな荷物などを持って階段の上り下りをする危険を減らすため」などとなります。ホームエレベーターは単なる贅沢品ではなく、日常生活の不便や苦痛、事故の危険などを解決する手段となってきています。 今回は、ホームエレベーターに関するリフォームのポイントについてご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 2287
    • 2
  10. 吹き抜けを部屋にリフォームする費用はいくらぐらい?

    吹き抜けの2階部分を部屋にしたいと考え、リフォームを計画している人も少なくないでしょう。あるいは、新築時からいずれ吹き抜けを部屋にするつもりで家が建てられている場合もあるかもしれません。しかし、吹き抜けを部屋にするリフォームにもいくつかの方法やパターンがあり、その選択次第でかかる費用も変わります。 ここでは吹き抜けを部屋にするリフォームについて、改修の方法別にかかる費用の相場をご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 40614
    • 4
  11. 吹き抜けを部屋にしたいときのリフォームポイント

    家族構成の変化などで、居室が足りなくなった時などに「吹き抜けの一部または全部を部屋にリフォームしたい」という要望が発生することがあります。もちろん、リフォームすることは可能ですが、方法次第で気を付ける点も多く出てくることがあります。 ここでは吹き抜けを部屋にするリフォームについて、メリット・デメリットや具体的な方法をご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 4249
    • 4
  12. 吹き抜けのリフォーム費用をパターン別にチェック!

    「自宅の吹き抜けに改修したい部分がある」「2階に使わない部屋があるので、1階リビングの上を吹き抜けにしたい」こんなお悩みはありませんか?吹き抜けのリフォームにもさまざまな方法があり、それによってかかる費用も異なります。現在考えているリフォーム内容ではいくらかかるのか、あらかじめわかっていればプランも立てやすくなるでしょう。 ここでは吹き抜けのリフォーム費用について、事例などを交えながらご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 11575
    • 3
  13. 平屋を2階建てにリフォームするにはいくらかかる?

    平屋暮らしで家を手狭に感じてきたなどの理由で、増築によって2階建てにしたいと考えたことはありませんか?難しそうな2階の増築ですが、住宅の構造によっては十分に可能な場合もあります。 平屋を2階建てにリフォームする場合、住宅の重量も大きく増加しますので強度や耐荷重を考えて工事を行う必要があります。家の重量は耐震性などの安全面に関わりますから、確認を怠らずにしっかり計画を立てましょう。 それでは、平屋から2階建てへのリフォームについて、工事の種類別にかかる費用の相場をご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 36202
    • 8
  14. 平屋を2階建てに増築リフォームできる?

    家族形態の変化や中古住宅の購入などに際して、平屋の住宅を2階建てにリフォームしたいと考える人も少なくないはずです。あまり例のないリフォーム方法ですが、平屋から2階建てへのリフォームはどんな家でもできるのでしょうか。今回は、平屋から2階建てへリフォームを計画する時に気を付ける点や、実際にリフォームした参考例などをご紹介しましょう。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 7421
    • 4

おすすめ

話題のキーワード

    54件中 1 - 20 件を表示