高窓

「高窓」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「高窓」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 広場を持つ4LDK+テラス+ロフトの狭小住宅

    3方を囲まれた狭小敷地。都会で共働きするご夫婦は他者に気を使わず過ごせる安息の住処を求めた。私達はこの地に家族の集まる“広場”的空間を生み出そうと考えた。要望であった4室とテラスを確保するため書斎を半地下に埋め各室を螺旋階段により繋いだ。こうする事で広場より上下の空間が生まれ螺旋階段が地中から天に向かって伸びるような印象を与えている。個室には開閉可能な扉を設置し広場といつでも交流できる。広場は公園の街灯と桜が見える大きな高窓を設け、ささやかではあるが内部から季節を感じる事ができるようにした。夜は照明を落としても街灯の光が広場をほんのり照らしてくれ公園が内部化したような家となった。

    studio LOOP
    • 2024
    • 12
  2. ハイサイドライトから風が通り抜ける家 八潮の家

    「帰ってきたときにウチが見えてくると、思わずムフッとニヤけてしまう。」 まさに、つくり手冥利に尽きる言葉です。経験上、こんな言葉をいただけるのは、家づくりのエッセンスがバランスよく揃ったときなのです。家づくりでは、目を向けるべき多くのことがあるということは想像に難くないでしょう。しかし何かに特化しすぎてバランスを崩すと、角の立った嫌な心象が浮かんでしまいます。目指したいのは、もっと滑らかな感じ。するんと丸いのどごしなのです。

    カサボン住環境設計株式会社
    • 1589
    • 13
  3. M House 落ち着きのある小住宅

    敷地の面積は約30坪で南北方向に長い矩形です。通り抜けできない道路に接して静かな環境あり、南側の隣地が開けているため日当たりの良い2階建ての住宅です。 建物の中心に玄関ホールを配置することで廊下をなくし、生活の動線はキッチンを中心に廻ることができるので、家事にも便利なプランになっています。 主寝室や物干し台まで1階に計画してあるため階段の上り下りが必要なく、生活しやすく落ち着きのある小住宅になるように計画しています。 種別:新築注文住宅 用途:戸建住宅 規模:延床面積 53.82㎡ 構造:木造2階建 所在地:埼玉県 竣工日:2010年

    石井設計事務所
    • 607
    • 1
  4. 道や隣家からの人目を気にせず光や風を導く窓

    天井と壁の間にスリット状の窓が360度展開しています。この窓はハイサイドライトと呼ばれている窓で、外部の視線からプライベートな住空間を守りながら、光や風を室内に導いてくれます。高い位置に窓がある為、都心の数少ない自然である、雲の流れや星空などが見え、住空間にやすらぎを演出してくれます。

    自然素材を生す和モダンの住宅設計/根岸達己建築室
    • 1758
    • 10

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード