インテリアコーディネーター

インテリアに関する幅広い商品知識を持ち、インテリア計画の作成や照明・家具・住宅設備機器等の商品選びのアドバイスを行うスペシャリストのこと。(社)インテリア産業協会が行う「インテリアコーディネーター」検定試験(民間資格)の合格者に与えられる。

  1. 家族みんなが分かる収納に♪ストレスなしのキッチン収納のコツ☆

    整理収納を頑張って、綺麗に収納しているのに何故か家族にどこに何があるのか分かってもらえない。アレどこにあるの⁈なんで毎回聞かれてストレス〜‼︎ それ、自分だけの自己満足の収納になっていませんか⁈ 大事なことは、誰が見ても分かるようにする事。家族一緒に暮らしているからこそ、家族みんなにも分かりやすい収納を心掛けてみませんか⁈

    A+organize
    • 112947
    • 1874
  2. リフォームの時、インテリアのプロがお手伝いできること。

    今はネットで調べればたいがいのことは書いてある時代ですが、 調べれば調べるほどいろんな意見もあるし、それを自分たちのケースにあてはめて最善の方向性を考えていくには大変な時間がかかります。 リフォームで忙しいのに~ と時間をロスする前に、 プロのアドバイスを聞きながら効率よく、自分たちのイメージを固めていくのもお勧めです。 こんな選択肢がありますよ、っていろいろご提案させていただけると思います。 ご予算のかけどころのメリハリ、使い勝手とおしゃれ感の両立。 リフォームは一大イベント。専門家を上手に使って成功させましょう! なんでもお気軽にご相談ください。

    ナチュラルインテリア専門店 ミヤカグ
    • 1683
    • 10
  3. 私の知っているインテリアコーディネーターはおしゃれな頑固屋さん

    インテリアコーディネーターは女性の憧れの職業となっています。 華やかなイメージが先行していますが、職人にも劣らない仕事へのこだわりを持っているスペシャリストであり、周りの人を変えるほどの力を持っています。 長年ディスカッションを続けてきて感じていることはインテリアコーディネーターはおしゃれで頑固な職人さんだということです。

    カワジリデザイン(k-design)【家具設計】
    • 1037
    • 5
  4. 快適に暮らすための家づくり「リノベーションで見直す収納のあり方~暮らしとモノの関係」 @大阪

    リノベーションとは単に設備を新しくするのではなく、住まい方や空間を見直すこと。女性目線の住宅設計の建築士が、リノベーションの際に重要だと考えていることは、暮らし方にあった収納づくりをすること。人も暮らし方も所有するモノの量も、ご家族によって、違うからこそ、自分たちにあった収納計画、動線計画が、住み始めてからの快適に繋がっていきます。数々の住宅設計の現場での経験を活かした、空間づくりのコツをお話します。住まいづくりをご検討中の方、インテリアで悩んでおられる方に最も聴いていただきたいお話です。

    池田デザイン室(一級建築士事務所)
    • 1851
    • 9
  5. K House ヴィンテージ感のある家具と新品オーダー家具をミックスしたインテリア

    使い込んだ風合いの家具は好きだけど、本当に古いものは汚れや破損が気になる・・・。サイズも合わないし、新築には難しいかな・・・。 そう思って躊躇される方も多いのではないでしょうか? 今回は新築住宅にご提案した、既製品とオーダー家具を合わせたコーディネートをご紹介します。

    85inc.
    • 2783
    • 15

77件中 1 - 20 件を表示