中村拓志

「中村拓志」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「中村拓志」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 中村拓志氏インタビュー9/東急プラザ表参道【後編】天空に森と居場所をつくる

    原宿と表参道の交差点に立ったら空を見上げてほしい。空中に浮かぶようにある濃緑の木々に気づくはずです。その正体は「東急プラザ表参道原宿」の屋上庭園。建築家・中村拓志氏が設計を手がけた複合施設です。 表参道に森をつくりたい。建物の設計よりもまず先に木々の配置から行ったという中村氏。その背景にあったのは「ゆるやかな一体感」というキーワードでした。

    LIMIA編集部
    • 3792
    • 18
  2. 中村拓志氏インタビュー8/東急プラザ表参道原宿【前編】ミラーが人を引き寄せる⁉︎

    思わず目が止まるミラー張りのエスカレーター。原宿と表参道の交差点にあるランドマーク「東急プラザ表参道原宿」。これも建築家・中村拓志氏が設計を手がけた複合施設です。フォトジェニックな建物は、今や海外の観光客も必ず訪れて写真撮影すると言われているほど。TOKYOを代表する風景となったビルは、一体どのような発想から生まれたのでしょうか? 話は中村氏の青年時代の記憶へと遡ります。

    LIMIA編集部
    • 4622
    • 20
  3. 建築家・中村拓志インタビュー7:瀬戸内にあるリボンチャペル

    「一瞬のロマンスのためにこの建築はある」 そう語る、建築家・中村拓志さん。中村さんの連載第7回目は、ひと目見ただけで強烈な印象を残す「リボンチャペル」について語っていただきます。 瀬戸内海を見下ろす丘の中腹に立つ結婚式用の教会は、まるで宙に浮いた2本のリボンが結び合っているかのよう。実際に2つの階段がスパイラル状に建物全体を覆っています。この2本の道は、ふたつの人生がめぐり合う結婚を象徴するもの。住宅とは異なる非日常の建築で、中村さんは何を実現したかったのでしょうか? 小さな建築に込められた想いに迫りました。

    LIMIA編集部
    • 24141
    • 27
  4. 建築家・中村拓志インタビュー4/光学ガラスを使った家・動画も!

    活躍を続ける建築家・中村拓志氏のインタビュー企画の第4弾。今回の建築は広島の市街地にある個人住宅「オプティカルグラスハウス」。この建築には「都市部にありながら自然を感じさせる仕掛け」が多く盛り込まれているという。 それぞれの仕掛けや設計の根底にある建築に対する思いについて詳しく話をうかがった。

    LIMIA編集部
    • 30490
    • 71
  5. 中村拓志氏インタビュー6/羽田空港第2ターミナルをアレで変身させる

    好評の建築家・中村拓志氏インタビュー。第6弾では大きなパブリックスペースを取り上げます。それは、中村氏がデザイン監修した東京国際空港国内線第二旅客ターミナル増築棟/UPPER DECK TOKYO。 広いスペースにさまざまな種類の椅子が並ぶこの空間。今では当たり前になりましたが、当時は驚きの変身ぶりだったのです。空港というパブリックスペースにどのようなアイデアや思いが込められているのでしょうか? 詳しく迫ります。

    LIMIA編集部
    • 7454
    • 25
  6. 建築家・中村拓志インタビュー5/テントのような家「那須のティピ」

    春になり、キャンプシーズンがいよいよ始まる。建築家の中村拓志氏インタビュー第5弾で取り上げるのは、那須の林の中にある巨大なテントのような建築。一体、どのような意図でこの形態が生み出されたのか?そこに込められた中村氏の思いについて詳しくお話をうかがった。

    LIMIA編集部
    • 6564
    • 30
  7. 建築家・中村拓志氏インタビュー第3弾/木陰で過ごすための集合住宅

    林に包まれるように存在するこの建物は、「建築」というよりも「巣」という言葉が似合うのかもしれない。 「Dancing trees, Singing birds」は建築単体で成り立っているものでは決してない。それを取り囲む環境が建築を作り上げている。写真からは想像がつかないが、山手線の主要駅から徒歩圏内にある集合住宅というから驚きだ。 この「空間」に込められた思い、そして中村氏の建築の根底にある「ふるまいのデザイン」について詳しくうかがった。

    LIMIA編集部
    • 19356
    • 32
  8. 建築家・中村拓志氏インタビュー第2弾《地層の家》

    中村氏インタビュー第2弾。今回は千葉の南房総にある別荘について話をうかがった。 この建築の特徴は何といっても、その外観だ。壁は土でできていて、屋上には草が生い茂っている。 そこに込められた思いや中村氏の設計の根底にある「振る舞いのデザイン」について詳しくお話をうかがった。

    LIMIA編集部
    • 8884
    • 40
  9. 建築家・中村拓志 特別取材! ダイビングベルは建築の夢を見るか?

    国内外から熱い視線を送られる建築家の中村拓志さんが、10月に東京ミッドタウンで行われたデザインイベントで特別展示「Salone in Roppongi」を実施。イタリアの老舗高級時計ブランドのパネライ(OFFICINE PANERAI)とタッグを組み、不思議な体験のできる装置を生み出しました。中村さんの意図したものとは?

    LIMIA編集部
    • 2504
    • 14
  10. 建築家・中村拓志氏インタビュー第1弾《HOUSE SH》

    建築家・中村拓志氏。原宿の東急プラザや羽田空港第2旅客ターミナルビルなどを手掛たことで有名だが、実は住宅設計も多数手がけられていることをご存知だろうか。 この連載では、中村氏からLIMIA読者のみなさんに向けて、設計するときに意識していることやこだわりを分かりやすい言葉で丁寧に語っていただく。 新築・リフォームに関わらず、みなさんが「住むための空間」について考えるときのヒントとなることがきっとあるに違いない。

    LIMIA編集部
    • 4464
    • 29

おすすめ