タモ材

「タモ材」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「タモ材」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 共働き・子育て世帯が建てた住まいを楽しむ家

    東京都の閑静な住宅街に家を建てたN様邸は共働き・子育て世代。 仕事に家事に育児にと忙しい毎日を、家事導線や様々な収納アイデアで快適にしました。 こちらのお宅は植栽を植えられたパティオやタモ材を利用して作られた造作家具があり、 また隣家の視線を遮るための天井窓から採光をとり、照明との両使いで明るく開放的なリビング空間がしあがりました。 日々の暮らしを快適に。 また、ノビノビ暮らせる工夫が満載の御自宅です。

    カキザワ工務店
    • 2695
    • 14
  2. タモ材を使用した家具で統一したナチュラルコーディネートをご紹介!

    ここ最近はタモ材の家具が少なくなっております!タモ材はオーク材よりも色が明るく、今回ご紹介するメープル系の明るい床に相性のいい木です! 今回のコーディネートではダイニングテーブル、ソファ、リビングテーブル、テレビボードというメインの家具を全てタモ材、タモ無垢材で製作した家具で統一した事例をご紹介します!

    INTERIOR SHOP BIGJOY
    • 3924
    • 17
  3. haus-bent/小さな中庭が効果抜群の折れ曲がったプラン

    個人住宅 2015年2月完成 家族構成:夫婦+子供1人 所在地:兵庫県加古郡播磨町 用途地域:第2種低層住居専用地域 敷地面積:121.13㎡ 主要用途:専用住宅 構造:木造 地上2階建て 延床面積:102.45㎡ 容積率:72.95%<150% 建築面積:54.21㎡ 建蔽率:44.76%<60% 最高高さ:7.750m プロデュース:株式会社ハウスインフォ 設計:一級建築士事務所haus 施工:有限会社ビームスコンストラクション 撮影:PHOTO OFFICE JOUER 森本大助 敷地は住宅地の一角にあり、北西に2方向の道路がある。また南東には住宅が接近して建てられておりプライバシーはどの方角も期待できなかった。 そこに程よくプライバシーを保ちながら明るく快適に生活できるよう、北側にライトコートとなる小さな中庭を設け、それを取り囲むように各室を配置。 平面的に少しだけ折り曲げて取り囲むと全てが見渡せ、視覚的にも楽しい空間に。bentとはこの少し折れ曲がった様を表しています。 シンプルな外観とは異なり、いつもリビングに集い過ごす3人家族のためのほのぼの住宅です。

    一級建築士事務所haus
    • 1115
    • 9
  4. haus-bank/海に立ち向かう堤防のような佇まい

    個人住宅 2011年10月完成 家族構成:夫婦+子供2人 所在地:兵庫県神戸市垂水区西舞子 用途地域:第二種住居地域 敷地面積:152.10㎡ 主要用途:専用住宅 構造:木造 地上2階建て 延床面積:134.92㎡ 容積率:88.71%<160% 建築面積:89.15㎡ 建蔽率:58.61%<60% 最高高さ:8.636m プロデュース:ASJ 設計:一級建築士事務所haus 施工:株式会社 吉川組 撮影:PHOTO OFFICE JOUER 森本大助 敷地南に隣接する防波堤を除けば明石海峡大橋と淡路島と見渡す限りの水平線。海に建ち向かうそのフォルムはまさに堤防『bank』。 波の音と壮大な自然が織り成す眺望はこの土地が持つ負の産物すら十分に掻き消してくれます。堂々と誰にも邪魔されずこの自然を感じながらの生活は、規格外の大開口の窓により、または天に向かう天井から降り注ぐ光によって形成されます。 圧倒的な造形で自然への挑戦を試みる住宅です。

    一級建築士事務所haus
    • 857
    • 8
  5. haus-wave/波のような曲面ライトコートで映える暮らし

    個人住宅 2014年5月完成 家族構成:夫婦+子供2人 所在地:大阪市港区 用途地域:第2種住居地域 敷地面積:8054㎡ 主要用途:専用住宅 構造:木造 地上3階建て 延床面積:142.48㎡ 容積率:151.22%<300% 建築面積:59.27㎡ 建蔽率:73.59%<80% 最高高さ:9.140m 設計:一級建築士事務所haus 施工:有限会社ビームスコンストラクション 撮影:PHOTO OFFICE JOUER 森本大助 住宅密集地における木造3階建ての建替え。 周囲は建物で囲まれ南側はさらに共同住宅により閉ざされている環境。唯一開放的な方向からの光を効果的に得るため外壁を湾曲させ、押し寄せる波のような外観に。 北側にあるその湾曲した外壁の内側はライトコートとし、南側からの明るさを室内へ反射すると同時にプライバシーも保つ役割を担っています。 2階のリビングを中心に至るところに小技と知恵と施主の遊び心が詰まった住宅です。

    一級建築士事務所haus
    • 903
    • 5
  6. haus-kuro/宙に浮かぶバルコニーが効果的な変形敷地住宅

    個人住宅 2007年3月完成 家族構成:夫婦+子供2人 所在地:兵庫県明石市上ノ丸 用途地域:第一種低層住居専用地域 敷地面積:106.43㎡ 主要用途:専用住宅 構造:鉄骨造 地下1階、地上3階建て 延床面積:126.01㎡ 容積率:99.93%<100% 建築面積:48.67㎡ 建蔽率:45.73%<50% 最高高さ:9.885m 設計:一級建築士事務所haus 施工:株式会社 池内工務店 撮影:PHOTO OFFICE JOUER 森本大助 敷地はそのほとんどが南に傾斜している法面で南に実家があり東、北側の2方向に道路がある。東側の道路を挟んで緑豊かな小さな神社があり、更にその向こうには明石海峡大橋や天文科学館辺りまで見渡せる。 法的規制が厳しく、眺めの良い南東に壁面後退の規制外となる張出しのバルコニーを面積規制ぎりぎりの広さで設置し、室内からの広がりを与えるだけでなく実際有効に多目的に使用するスペースとなっています。 結果的に突き出た2層分のバルコニーが浮遊感のあるファサードを形成しており、この界隈ではシンボリックな建物となっています。

    一級建築士事務所haus
    • 996
    • 4