ソファの大きさ

「ソファの大きさ」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「ソファの大きさ」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. ソファの後ろが和室の場合は二間+半間がおすすめ!二間(3640㎜)+半間(910㎜)あれば大きなソファが置ける!

    リビングの広さは二間分(3640㎜柱の芯から芯まで)あります。ソファの後ろに和室が来る場合、リビングの隣に和室が来る場合、和室への導線を確保するためソファを前に出して大きなソファを置くか!ソファを小さくして導線を確保しなければなりません。ソファの背面が和室の場合、もう半間(910㎜)広くなれば大きなソファを置くことができます。 リビングを広くする理由を図面、コーディネート事例でご紹介します。 一間とは畳一枚分の長さ(1820㎜)のことを言います。住宅や建築業界で使用される専門用語となります。二間は畳2枚分(3640㎜)半間は畳の半分の長さ(910㎜)です。

    INTERIOR SHOP BIGJOY
    • 31462
    • 41
  2. 大きなソファを置くためにテレビコンセントの位置を決める考え方をご紹介

    「家具から始まる家づくり」という考え方で家づくりをするとこんなことも考えられます。今回はテレビのマルチメディアコンセントの位置がどこにあると理想的なのか?実際の事例を基に解説します。お部屋を最大限有効利用するためにどの位置にテレビを設置するといいのか?使い方から考える発想をご紹介します。

    INTERIOR SHOP BIGJOY
    • 6673
    • 66
  3. テレビボードの設置場所はソファのことを考えて決めましょう!導線を考えた家具の配置提案をご紹介します

    設計された図面を見てテレビの位置はどこがいいのでしょうか?テレビの位置を決めるにはソファの位置、置けるソファの大きさ、リビングダイニングの導線をしっかりと考えどの位置がもっともふさわしいか考えてもらいたいと思います。今回はテレビボードの設置場所とソファのサイズについて具体的な事例をもとに紹介していきます。

    INTERIOR SHOP BIGJOY
    • 15086
    • 48

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード