RC

「RC」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「RC」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. マンション一人暮らしを謳歌する、ブリックタイルと収納棚が魅力の“男前ヴィンテージ”空間

    【築15年のマンションをヴィンテージテイストに。レンガ調タイルや木の素材感を楽しむ男前なリビング・ダイニング】 「賃貸暮らしの賃料がもったいない」 愛犬と暮らすお施主様のT様が以前から感じていたことがきっかけとなり、30代半ばで購入を決意した44㎡のマンションは、一人暮らしにはちょうどよいサイズ感。 そこを好きにリノベーションし、自分だけの男前空間づくりを目指しました。 メインとなるリビングダイニングは、スラブ天井にブラックウォルナット床の組み合せを中心とし、レンガ調のブリックタイルや壁一面の造作グリッド棚など、渋みのあるオールド感で統一し、排気ダクトを隠すために造作したラーチ合板の梁型も、空間を演出するアクセントになっています。 浴室や洗面、小型手洗付きのトイレなどもしっかりリノベーション。 とくに浴室はメタリックなパーツで揃え、こちらも日々の疲れを癒す“男前”空間です。 【素材に個性を持たせつつ、実は機能的。「資産」としても活躍する普遍的なリノベーションを】 5×7のグリッド造作棚は、w2230×h2300とたっぷりな大きさ。 一人暮らしには贅沢に使え、小物や書籍などを置きながらも、見せる収納として楽しむことができます。 土間風フロアを敷き詰めた玄関にも二つの稼動棚とハンガーパイプ付のオープン収納を用意。 靴やコートなど、毎日に使うものはここにしまうことができ、そのまま通勤用バイクにまたがり仕事へ向かうといった、お施主様のライフスタイルを反映しています。 もともと「将来、パートナーと暮らすことになったら、もっと広い部屋に移るつもり」と仰っていたお施主様。 その場合は、ここを貸しに出すことも考えているとのことで、あまり偏った間取りにはし過ぎず、「資産」としての側面も考慮しつつ、普遍的なリノベーションをご提案。 多様な素材を用いて個性を持たせながらも、普遍的な機能性も備えたヴィンテージ空間で、新たな“男前暮らし”の始まりです。

    Cuestudio(キュースタジオ)
    • 1651
    • 9
  2. 園部の歯科医院併用住宅

    敷地は京都市の北西20キロにある人口1万6000人の城下町の国道と平行に走る商店街にあり、南側道路に奥行きの約1/3の間口で接しています。 一階診療所部はRC造、二階住居部はRC・木造の混構造とし外観とアプローチはコンクリート・半透明ガラス・石で無機質な雰囲気にし、一転住居部内部は木を多く使って暖かみを出しました。 プランニングにおいては、診療所部(スタッフ専用部・患者部)・住居部・そしてそれぞれの交差部のレイアウトとアプローチが使いやすさのポイントと考え、診療所入口・住居の主玄関・共用の内玄関の3つの入口を建物内へ入り込んだ吹抜半屋外アプローチに立体的に設け、またエレベーターと階段を屋内,半屋外に分離して配置し上下階にも回遊性をもたせました。診療所部とアプローチの境の壁は半透明ガラスの緩い円弧とし両空間に光と変化を共有させました。

    翔設計工房一級建築士事務所
    • 463
    • 9
  3. 北大路烏丸の事務所併用住宅

    敷地は京都市街の中央を南北に走る烏丸通のほぼ北端に接し、その碁盤の目の街路と、すぐそばを流れる加茂川に沿った北北西から南南東への街路が交差する所にあり、廻りの建物はそのどちらに沿うべきか迷っているように居心地悪そうに建っています。そこで本建物は主軸の2階住居部は加茂川の流れにそった方向に合わせて設計し南南東からの光と風を取り入れるようにしました。1階事務所部はガラスとコンクリート壁で烏丸通りの街路に沿った軸線で斜めに切り抜いて建物の間口を広く見えるようにしました。屋根はそれぞれの部屋により異なる4種類の形状を採用しどちらの街路に沿っているかをわざと曖昧に見えるようにデザインしました。 また中庭は2階も使えるようにグレーチングの床を設けその方向により1.2階の視線を遮断しプライバシーを守るようにしました。            

    翔設計工房一級建築士事務所
    • 311
    • 1
  4. 鉄筋コンクリート造住宅のリノベーション

     1964年東京オリンピック開催の年に建てられた鉄筋コンクリート3階建て住宅をリノベーションしました。この建物は柱、梁、床版(スラブ)が鉄筋コンクリートで出来ています。コンクリートブロックの壁は構造要素ではありません。このような構造形式を「純ラーメン構造」と言いますが、構造的制約を気にせず自由に壁を取り除くことが出来るので、間取りの自由度の高いリノベーションに適した構造です。逆にツーバイフォーや鉄筋コンクリート壁式構造のように壁そのものが構造体である場合は壁を変更することがほぼ不可能な場合が多いのです。  今回のリノベーションは47年前に建てられた3階建て住宅の2階と3階に孫世代が住むためのものです。大きなテラスから見える緑豊かな眺望、日当たり、風通しのよさなどを室内にどう取り込んでゆけるかを考えることが設計の出発点でした。リビングとテラスの間に両者をつなぐためのサンルームを増築し、室内からテラスまで連続性の高い空間となりました。またLDKは既存の間仕切り壁を撤去し、小さく間仕切られていた間取りを出来るだけオープンで大きな空間にしました。テラスにはパーゴラを設け、グリーンカーテンで夏の直射光を避けるようにします。パーゴラの下をウッドデッキにして外の生活も楽しめるようにします。   キッチンはアイランド型の造り付けにしました。ダイニングテーブルの位置には特注のペンダントライトを配線ダクトに吊るしています。洗面カウンターはIKEAで購入したものを壁に取付けています。次の春にはパーゴラのツタを植えて夏に備えますが、テラスが緑の庇に覆われるのが楽しみです。床フローリングは竹フローリングに蜜蝋ワックス仕上げ、壁はオガファーザーにデュブロン(水性塗料)塗りです。   リノベーションやリフォーム(既存建物の改修)という建築方法は、既存建物の構造的制約や周辺環境など、すでにある決められた状況の中で、いかにその場所に新たな価値を創造することができるかを追求することだと思います。建物を再利用することで環境負荷を減らし、コストを抑えながら周辺をいきいきした環境に一新することができるのがリノベーションの楽しみでもあります。

    アトリエ塊
    • 1128
    • 1
  5. 線路沿いの超変形敷地!多くの制約を個性に変えた、美しい店舗+二世帯住宅

    奥に向かって細長い、鋭角三角形の超変形敷地。 北側を走る線路からの、騒音や振動。 北側斜線をはじめとした、厳しい法的な制限。 そうした様々な条件をすべてクリアし、 さらに、それらを個性に変えて、 美しい店舗+二世帯住宅が出来上がりました。 そんな「酒楽和華 清乃」 のストーリーです。

    仲摩邦彦建築設計事務所
    • 2763
    • 18
  6. 3月の展示場イベント情報

    有難うございますJPホームです。 ついこの間まで冬物のコートが必要なくらい寒い日が続いていましたが、近頃随分と暖かくなってきましたね。 この3月の連休はお出かけする機会も多いかと思いますが、当社鉄筋コンクリート造のモデルハウスでもイベントを実施しておりますので、是非お気軽に遊びに来てください!

    鉄筋コンクリート住宅のJPホーム
    • 1114
    • 12
  7. 化粧打ち放し壁を室内のアクセントに

    有難うございますJPホームです。 当社の住まいは、全て鉄筋コンクリートで造られた所謂RC造です。 この工法は、コンクリートのもつ独特の力強さや素材感などを好む方に支持されていますが、好き嫌いが分かれやすい材質だと思います。 JPホーム設立以前(髙松建設事業部時代)の施工写真を見てみると、外観が打ち放し壁で仕上げているは家は余り無く、タイル仕上げの住まいが多く見受けられます。 RC住宅の認知度も上がり、ここ7~8年前から外観を化粧打ち放しで仕上げるお家が増えてきました。

    鉄筋コンクリート住宅のJPホーム
    • 3940
    • 18
  8. RC住宅の基礎を見てみよう!

    有難うございますJPホームです。 建物をしっかりと支える役目を果たす大切な構造なのが基礎です。 言葉通り正に家の礎となり、地面と建物をしっかり繋ぎとめる訳ですから、地震や台風などの自然災害に強くなければなりません。 そのため強固な材質で造る必要があり、木造住宅でも基礎はコンクリートで造られています。 しかしながら家が建つと見えない部分になるので、華やかなインテリアや内装のお話とは異なり、役割の割には地味な存在です(ちょっと残念)。 形状もコンクリートで造られた平面の固まりですから大切なのは分かるけど、見た目ではあまり感想は出ないと思います。 しかし、このコンクリートの中には、大量の鉄筋が組み込まれています。

    鉄筋コンクリート住宅のJPホーム
    • 2609
    • 11
  9. 下町のコンクリートCUBE -コンクリート打ちっぱなしの家-

     大阪市の南東端にある町工場が混在する住宅地である。計画地は駅が近い事もあり、周りには小売店舗も多い。私の育った街からも近く、職住が入り混じる街並みは自らの原風景でもある。隣地の銭湯が僅かながら下町の風情を残す。  クライアントからの要望は内外ともRC打放しの家。長所、短所をよく話し合った結果、北側は断熱材と仕上を施し、南側の主たる空間は内部も打放しとした。“設計を楽しんでほしい”というメッセージも頂き、意気に感じて設計に取りかかった。 2階は、西側の箱に寝室、東側の筒に和室、それらを結ぶ北側に水周り、動線部を配した。寝室は光を取り込みすぎないよう配慮し、反対に和室は筒の奥深くまで光が届くよう、最高部まで開口を求めた。その上で身長程の独立壁を設け、視線を遮る役割を与える。その壁が精神的な安心感と、強い影、鮮烈な光をもたらす事を期待したのである。  庭、中庭、アプローチ等の外部と、内部の空間は、躯体のずれが生む中間領域によって結びつけられている。RC壁式構造の躯体を、美しさへ高めるのは“贅肉の無い造形”。取り除けるものは徹底的に排除する。その姿勢において妥協しない事を課した。それが品のある建築に繋がると考えての事である。 ■DETA 大阪府 鉄筋コンクリート造 2階建て 新築 ■メディア掲載 2011年7月 日本建築家協会『関西56人の建築家と家をつくる』 2010年5月 モダンリビング別冊『ML+VIEW』 2008年2月 『モダンリビング177号』

    ㈱一級建築士事務所アトリエm
    • 1498
    • 13
  10. 2月のイベント情報(展示場編)

    有難うございますJPホームです。 今日も寒いですね。 一年で最も寒い今の季節。空気も乾燥して潤いがどんどん減っていってる感じがします。こういう時は風邪やインフルエンザにかかりやすいので注意が必要ですね。水分補給と加湿にしっかり気を配りましょう。 さて、2月に入りJPホームでも展示場や施工現場でイベントを開催しております。 コンクリート住宅にご興味のある方は是非ご参加ください。

    鉄筋コンクリート住宅のJPホーム
    • 815
    • 9
  11. RCのモデルハウス~JPホーム成城展示場~

    前回2回にわたり大阪のモデルハウスのご紹介をしましたが、今回は関東にあるモデルハウスを紹介いたします。 まず初めに「JPホーム成城展示場」を紹介いたします。 こちらのモデルハウスは世田谷区成城にある「ABCハウジング成城住宅公園」内に出展しており、人気ドラマや話題の映画が撮影地として歴史を重ねてきた「東宝スタジオ」に隣接するという少し変わったロケーションの総合住宅展示場です。

    鉄筋コンクリート住宅のJPホーム
    • 1396
    • 14
  12. H-ORANGE

     都心部であるにも関わらず隣地が畑、その隣は森を持つ学生寮という恵まれた敷地に建つ住宅です。  森への景観を生かすために、居間は二階に配置されています。二階は床面積のうち1/3を屋外テラスにさき、残りの2/3の居間を三方から囲むことで森への視野を広げるとともに森につながる屋外の空気で屋内空間を包み込んでいます。  屋外テラスを囲む手すりは、外部に対する目隠しの役割も兼ねています。ただ、この目隠しを単なる腰壁にしてしまっては、テラスを影のある暗いものとしてしまいかねません。そこで腰壁を外側に向かって傾斜させ、面に光を当てるとともに閉じ込められた感じを弱め、屋外テラスが広く感じられるようにしました。  畑上空の大空間はこの家に素晴らしい開放感を与えていますが、畑そのものは壊れかけたコンクリート塀で囲まれており、美しい風景とは言い難いものがあります。これらを隠して森と空の景色を純粋にするため、目隠しは室内から見てコンクリート塀がギリギリ隠れる高さに設定してあります。

    山本卓郎
    • 822
    • 3
  13. もてなしの配慮が込められた邸宅

    施主様がプランに求められたのは、空間の広がりと光の採り入れ方。 柱や梁、出っ張りのないフロアを全面で使うことが可能な「プラッセ・キューブ」の構造は、まさしく要望に応えられるものでした。 また来客に対応できる住まいという点にも気を配られ、エントランスには車が寄せられるルーフつきの駐車場を配置。出迎える玄関には、ディスプレイスペースを設けました。オープンにつながるLDKは、用途によってリビングとダイニングが仕切れるようにプランニング。お気に入りのシステムキッチンは、リビングからの視線は直接入りませんがコミュニケーションを取れる場所に配置しました。

    鉄筋コンクリート住宅のJPホーム
    • 630
    • 12
  14. 大胆な曲線を取り入れたRC医院建築

    アーチ状になった曲線のコンクリート壁が人目を惹きつけるRC造の医院建築。 2階の診療室はRC壁式構造の利点を生かしてワンフロア全体を使った柱のないすっきりとした空間となっており、大勢の患者様をより効率よく施術できるようになっています。 RC造は高い耐震性能が命を預かる公共建築物として多く採用されており、加えて堅牢な構造がトラックや外部の影響による揺れなど起こりにくく、精密機器を有する医院建築に向いています。

    鉄筋コンクリート住宅のJPホーム
    • 706
    • 7
  15. ヨットをイメージした地下付RC住宅

    街並みに調和した建物でありたいと外観に特長を求めた施主様のオーダーを基に提案を行いました。 港に近い横浜にふさわしく、ヨットの帆をイメージした白い外観と外壁中央の黒い部分でマストを表現。場所打ち工法の特徴でもある曲線が風になびく様子を表しています。車や人通りの多い表通りからプライバシーを守る課題も開口部を最小限に抑えた正面の外壁が役割を果たします。 内部では地下にバスルームと卓球やホームシアターを楽しめるユーティリティスペースを設け、ご家族がいつも集まるスペースとして活用。1階部分から吹き抜けとなっているので地下でありながら光がしっかり届きます。

    鉄筋コンクリート住宅のJPホーム
    • 826
    • 14
  16. 打ち放し壁を活かした店舗併用RC住宅

    1階に施主様が経営されるカフェと2階の自宅居住スペースになっている店舗併用住宅。外観はシンプルなコンクリート打ち放し仕上げとなっており、黒のサッシやドアがワンポイントとなったいます。 お店同様T様自ら選ばれたアンティーク調の照明や家具などのインテリアとコンクリート打ち放し壁が融合したシンプルながらモダンな内装になっています。

    鉄筋コンクリート住宅のJPホーム
    • 1210
    • 5
  17. 大空間の吹抜けがある邸宅

    ダイナミックな空間と繊細な曲線が美しい邸宅。RC造の特長を活かした提案を希望されたお施主様にドーム状の空間と採光を重視した大空間の吹抜けがあるリビング内観プランを提案。更なる提案としてドーム状のコンクリートウォールと一体になったラウンドするRC階段は重厚感と高級感を演出しています。和室も本格的な木造造りとなっており三和土には玉砂利を敷き詰め一見コンクリート造と思えぬ仕上がりになっています。

    鉄筋コンクリート住宅のJPホーム
    • 674
    • 5
  18. オフィスを併用した5階建て二世帯RC住宅

    お施主様が会社を経営されている為、オフィス併用住宅を希望されました。1階をガレージ、2~3階をオフィス、4~5階を二世帯の自宅とする5層で提案しました。 外観の特長として、ゆるやかに湾曲するコンクリート打ち放し壁と光の屈折が美しい大開口のガラスブロックがポイントです。1階のガレージには車4台分の駐車が可能で来客用駐車スペースを確保。またコンクリート造の特長であるフラットルーフにより屋上の利用も可能です。外観デザイン等の装飾性だけでなく耐火建築物が必須となる都市に機能する邸宅といえます。

    鉄筋コンクリート住宅のJPホーム
    • 761
    • 3
  19. 大海原の景色が広がる海沿いの別荘

    景観の良い海沿いの2階建てRC住宅。 海をいつでも眺められる景色の良い別荘として海岸沿いの傾斜地に建築する為、堅牢なRC造が条件でした。特長として柱や間仕切りのない大空間のLDKや横6.7m×縦2.4mのリビング大開口窓など壁式工法の良さを最大限表現しました。また出幅4.0mの柱のないキャンチバルコニーはゆとりあるオープンスペースとなっています。更に格子天井や左官仕上の壁のある和室、螺旋階段のある吹抜けなど上質な設えも整えました。 そして檜の浴槽のある露天風呂や屋外プールが自然を満喫できるアメニティスペースとして最大限楽しめる空間を表現した邸宅です。

    鉄筋コンクリート住宅のJPホーム
    • 859
    • 11

おすすめ

話題のキーワード

    30件中 1 - 20 件を表示