鉄骨階段

「鉄骨階段」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「鉄骨階段」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. house-W-C 倉庫のコンバージョン

    ヴィンテージ倉庫をコンバージョンした大きな窓の吹抜けリビングのある住まい 佳景の郊外に建つ築40年のヴィンテージ倉庫を全面改装し居住空間として再生させた住まい。倉庫の面影を残した外観からトンネルのような玄関ホールをを抜けると天井まである大きな窓を持つ吹抜けリビングが広がります。陽射しの射し込むその大空間に施主様コレクションのヴィンテージ家具が置か空間は何とも味わい深いリビングです。居住空間として採光や通風の確保は勿論のこと、断熱改修を行なった本建物は、リビングの真ん中に残る鉄骨の柱などコンバージョンならではの色が残る拘りの詰まった一味違う住まいです。 倉庫・コンバージョン・リノベーション・大開口・吹抜・断熱改修・ルーフデッキ・ガルバリウム鋼板小波板外壁・アンティーク・パッシブデザイン

    創右衛門一級建築士事務所
    • 904
    • 1
  2. 【リビングが中心の家】

    住宅街の旗竿地にいっそう目を引く、黒いガルバリウム合板と大きなFIX窓が特徴の家。 黒を基調とした外壁だが、蹴込みの色を白、軒天上に天然木を貼ることで金属製サイディング独特の冷たい印象はなく、どこか温かみを感じる外観に仕上がっている。 ご夫婦+お子様2人+義母の計5人がリビングに自然と集まって来て欲しいという、施主の想いをR+houseの建築家が形にした家には昼夜家族の笑顔が溢れている。

    R+houseさいたま東
    • 20649
    • 42
  3. まちなかでも開放的に暮らす、吹き抜けある住まい!!(福井県)

    敷地は一般的な住宅街の中にある宅地。 「吹き抜けのある住まい」が住まい手の要望であった。一階にLDK空間を配置し、木塀に囲まれた芝生の庭で暮らしを楽しめるように内と外が緩やかに繋がるウッドデッキを設けた。二階には子供室や夫婦寝室を設け、吹き抜けを通して「自分が暮らすマチ」を望めるようにした。刻一刻と変わりゆくマチを望みながら時間と共に「育まれる住まい」。

    TTA+A 高橋利明建築設計事務所
    • 2613
    • 17
  4. 武蔵小山 H邸-15坪の旗竿地をフル活用!?-

    東京都品川区 2016年4月竣工 敷地面積:52.18 M2 本を読んで声をかけてくださったHさん。 土地はすでに購入済みなのですが、 旗竿地でしかも15坪。 実に小さい土地です。 建築可能な面積は20平米。 つまり6坪。 車1台が駐車できるだけの小さな土地です。 北側斜線が2方向から掛かるわ、 新防火地域という木をまったく見せられない法律もあり、 なかなかシビレる土地です。 ここに家族4人で住むという強い意志。 加えて予算が超厳しい(笑)。 その心意気に興味が湧き、 設計を手伝うことにしました。

    有限会社 鈴木アトリエ
    • 1544
    • 9
  5. @@新築木造にて、鉄骨階段設置完了@@

    先日、豊中市豊南町南の新築工事にて、鉄骨階段を設置しました(^^) 通常の階段より設置は楽なのですが・・・・ ただ・・・重い・・・・(^^; 今回はリビング階段の2階~3階に設置したのですが、なんと4人で搬入しました・・・ 搬入も、内装に傷つけないように、慎重に・・・ かなりの気を使い、皆さま無事設置することが出来ました・・・ 今回は手摺もこだわり、鉄骨で制作しちゃいました(^^) かっこいい~(^o^)

    homestyle㈱@藤井ちゃんの建築日記@
    • 709
    • 8
  6. ST-HOUSE

    敷地面積40㎡ほどの3階建ての住宅。隣地境界線と、建物との間のわずかな外部空間も、内部のように感じられるに、コンクリートブロック塀を設けた。このコンクリートブロック塀は、エクステリアとしても、またインテリアとしても機能している。 竣工 / 2013年 所在地 / 東京都渋谷区 規模構造 / 木造、地上3階 主要用途 / 専用住宅(夫婦 ) 敷地面積 /40.73㎡(12.32坪) 建築面積 / 24.08㎡(7.28坪) 延床面積 / 62.14㎡(18.79坪) 施工 / アズ建設 photo by平井広行

    PANDA : 株式会社 山本浩三建築設計事務所
    • 535
    • 2
  7. TOKYO TREE HOUSE

    銀杏並木に面した敷地のメリットを活かして、都市居住の「快楽」を追求した住宅。 銀杏並木や通りの往来との「近さ」をポジティブに捉え、住空間に活発さを与える要素として取り込むべく、通りからの床の高さ、横長窓の高さと階段との位置関係などを吟味しました。 木登りしているような視点で通りを見下ろすリビングの一種独特の浮遊感と通りの往来にそのまま投げ出されたような設えの階段。 通りの往来の水平運動がそのまま建物内に引き継がれ、 階段周りの垂直運動と交錯し、新たな「動き」が誘発されるようなイメージ。 この空間の流動性が、この住宅の最大の魅力です。 This house sits at the tiny corner lot, while facing the tree-lined ginkgo. The house was built in close proximity to the road boundary so as to emphasize the corner lot, in order to offer the background for the pedestrian and the ginkgo and keep the human scale. On the main floor, the horizontal window of the living area was provided along the tree-lined ginkgo, resulting to offer the vista with unique floating feeling and the sense of intimacy with the town. The floating stair converts the fluidity of the internal space from horizontal direction to vertical direction, by being set up at the end point of the horizontal window.

    アトリエハコ建築設計事務所
    • 1158
    • 17
  8. 8畳の中庭を持つ木の展示場

    埼玉県深谷市に建つ展示場です。 外部は柱や梁、軒裏に木をそのまま魅せた独特の表情にしています。 屋根形状も南に向かった片流れでぽっかりと穴が開いているところが中庭です。 内部は天井や床に木を魅せて、珪藻土やしっくい、クロスで壁を仕上げることで、 表情の違いを感じてもらえるようにしています。 自然エネルギーを利用した、特許取得の夏用空調システムも採用していて、 夏の光熱費削減を助けてくれます。

    陽だまりの家 八木建設
    • 1078
    • 9

おすすめ

話題のキーワード

    33件中 1 - 20 件を表示