コンクリートブロック

コンクリートブロックに関するアイデア一覧です。住まいや暮らしに関する豊富な情報を整理し、写真と一緒にわかりやすくコンクリートブロックについてご紹介しています。

  1. 素材を活かしたアラゴシ空間

    あえて、素材の質感を残した1ROOMプラン。 ハードだけど、あたたかい…素材の質感を活かしたラフな空間です。 広い土間に高く積み上げたコンクリートブロックは、オープンな洗面スペースと緩やかに仕切られています。 ラフ加工を施した無垢オークを床一面に敷き詰め、黒いキッチンとのコントラストを演出。 壁には質感のある杉板を贅沢に張り込みました。 ワークスペースには、奥様がDIYで網を取り付け現在は、お子様のベビースペースとして使用しています。 時の流れとともに、自分たちで風合いを加えて楽しむつくり込み過ぎない「アラゴシ」仕上げの空間です。

    中古でリノベ
    • 1099
    • 6
  2. dd-アンティークの床とガス暖炉

    使い込まれた感じのものが好きで、物件自体もかなり吟味して探していらっしゃったお施主様ご夫妻。単に立地だけじゃなく、外観なども含めて、建物全体から感じられる雰囲気にこだわっていました。ご主人がインテリアに詳しく、使いたい素材が明確にありました。 フローリングは板の幅の違うものを組み合わせたアンティーク仕上げ。ステンレスのキャビネットは、医療用器具を作っている町工場で特注しました。LDKとはコンクリートブロックで仕切られていて、リビングの床はアンティーク加工。ナラのフローリングを白で染色して拭き取り、使い込まれた感じを出しています。片方の壁には、一面にレンガタイルを使用。ガス暖炉は、人口大理石を使ってモダンにまとめています。リビングのテーブルは、ワインボックスの上に天板をのせたものです。 多くの時間を費やして、お2人で素材を吟味して作ったお部屋は、暖かみのある居心地のよい空間になりました。

    ブルースタジオ
    • 1807
    • 7
  3. やわらかなコンクリートの質感に ビビットカラーの立水栓が映える

    コンクリートのブロックながらやわらかな印象となめらかな質感を持つキツジを使い、全体の外観とまとまりを持たせました。 表札はキツジに彫りこみ、夜はライトアップ。 植栽スペースには自然石で変化を持たせています。 立水栓の赤がビビットな差し色に!

    カントリーガーデン
    • 1082
    • 2
  4. industrial

    iron×1room 工業意匠と上品さのケミストリー ほぼ間仕切りのない贅沢な1ROOM空間。 その中心にあるのは、黒格子×ガラスで造作した壁が工業的な雰囲気を醸し出すワークスペース。 家の中心に位置しながらも、天井まであるガラス壁のおかげで日差しがたっぷりと差込みます。 LDの床には無垢オークを張り込み、壁はすっきりとホワイトで塗装。 キッチンには、コンクリートブロックの腰壁をチョイスしました。 無骨な印象の素材を重ねることで、“生活感”からエスケープ。 工業的な要素をベースにした空間を彩るのは、上品で清潔感溢れるインテリア。 そんなギャップを楽しめるイエが完成しました。

    nuリノベーション
    • 699
    • 3
  5. 小手指の家

    二人暮らし、住居兼アトリエ利用の個人邸リノベーション事例です。住まいは「住む方の好きなものが詰め込まれた部屋、その空間が一番心地よいと思います」今回のクライアントのお言葉です。実際、置いてあるモノは長年少しずつ買い集めたお気に入りのモノばかり。設計に関しては、当初から明確なデザインコンセプトは決めず、各々の空間を既にあるモノとの相性を考えながら設計を進めていき、その結果、どこにでも座れる=座り方のバリエーションが豊富な家が出来上がった。「家の中に自分の居場所は?」と聞かれたとき、いくつもある家も素敵だと思います。

    設計デザイン&不動産仲介サービスのタトデザイン
    • 2349
    • 14
  6. 川越の家

    ベランダから富士山が見える、というステキな中古マンションのリノベーション設計事例です。 足場板、コンクリートブロック、そして床には浮造りのオーク材にモルタルと、一見荒々しく男らしい印象の仕上げ。しかし、キッチン等の家具や建具材には別の表情を持つオーク材を使用し、同じオークでも上品さ漂う仕上がりです。 また、ポイントとなるリビング・玄関の建具をブルーグレー色にし、洗面所では白タイルに黄色の目地を使用する等、可愛らしさも加えました。男らしさの中にも女性らしさが見え隠れする空間となっています。 キッチンは、コンロとシンクを別々にした2列型配置。広々とした作業スペースが確保され、コンクリートブロックとオーク無垢材で造ったシンク兼カウンターは、存在感抜群。足場板の壁面と相まり、リビングの顔となりました。 その他にも、和室とリビングの間の窓では開けた際にすっきりと見えるよう、枠には戸当たりをつけず一味違う建具の完成。ココでしか味わえないオリジナル空間の出来上がりです。

    設計デザイン&不動産仲介サービスのタトデザイン
    • 570
    • 1