動線のアイデア(5ぺージ)

建物内や都市の空間における人や物の動きを示した線。その動きや量を予測して設計に生かすことを動線計画という。例えば一般の住宅においては、朝の洗顔・トイレラッシュ時の緩和を図るための「生活動線計画」や、スムーズな炊事・洗濯・掃除等の動きを考える「家事動線計画」、さらに高齢者や介護者の負担を軽減するための「介護動線計画」などがある。

  1. 新生活に向けて心機一転!ソファの選び方ステップ3

    春一番が吹いて4月並みに暖かくなたのが急に寒くなったりして、みなさん体調は崩されていませんか?インフルエンザも流行っているようです。季節の変わり目は身体も心も大変です。みなさまお気を付け下さい。 気分を切り替えて今回はソファーの選び方ステップ3は「スペースの確認をしましょう 」です。

    元気な子どもが育つ家(エースホーム㈱)
    • 4882
    • 29
  2. シニアライフをシンプルに楽しめる住宅

    シニアライフをシンプルに暮らすために、お客様用玄関とファミリー玄関を並べました。 クライアントのこれからの日常を考えた動線重視の家です。 ご夫婦の趣味を各々楽しめるような間取りを形にしました。 ファミリー玄関には、広い土間を設け、トイレ、洗面、お風呂へと行ける動線は、 子育て中の家族にも応用できますね。

    暮石建築事務所/KUREISHI A.O.
    • 901
    • 1
  3. 8月26,27(土日)プロの設計士と住まいづくりの話ができる。無料設計相談会

    開催場所:あんじゅホーム  4階フリースペース 神戸市灘区灘南通3丁目4-20 先日、こんなお話をお伺いしました。 「4人家族で暮らせる家の広さってどのくらいですか?・・・。」 ご家族も増え今のお住まいが手狭になり、住まいづくりを考え始めたお客さまの不安の声でした。 その他にも・・・ ・住まいづくりの何から始めたらいいのかが分からない ・購入検討している土地があるけど本当に買っていいのだろうか ・無理のない住宅ローンっていったいいくらだろう ・そもそも自分たちの理想の家ってどんなのだろう ・こんな家に住みたい!!でも実際に建てることができるのだろうか? などなど、住まいづくりは間取りだけでなく、多くのことを考えないといけません。 初めての住まいづくり、わからないことも多く不安もありますよね。 今回はあなたの不安を解決できる 設計士と住まいづくりの話しができる無料設計相談会を開催します!! 設計士と直接話す 住まいづくり 住まいづくりとは本当に難しいものです。 失敗しない住まいづくりには、専門家の話しを聞くのが一番です。 間取りやデザインだけでなく、大切なお金のお話しや土地のお話しなど・・・ 無料設計相談会で私たちと住まいづくりについてお話しをしませんか? ・お家が完成するまでにどのくらいの期間がかかるのだろうか・・・ ・今の家賃と同額の返済でどのくらい住宅ローンの借入ができるのだろうか・・・ ・この土地を購入しても本当に失敗しないだろうか・・・ その不安な状況を書き出してみてください。 それはまとまっている必要はありません。 不安になっていることをお聞きし、その場で私どもが情報の整理をすることで、より具体的な解決策をご案内、ご提案する場と考えていただければと思います。 お申込・お問合わせはホームページよりお申込下さい。

    あんじゅホーム
    • 531
    • 1
  4. LDKに隣接した、のんびりくつろげる『和室』

    来客が多く、わいわいと楽しむ事が大好きなお施主様が こだわって作られた和室は ゲストの宿泊スペースとしても、 将来一緒に住むかもしれない祖父母様の為でもあり、 和室からダイニングを通ることなく トイレにも行けるよう動線も考えられています。 扉を全てしめれば、休まれているゲストを起こすことなく、 ダイニングでくつろげるよう、防音面も配慮しています。

    Sanyo Co.,Ltd
    • 2558
    • 10
  5. 【収納計画】部屋が片付かないのは物が多いせいだと思っていませんか

    「部屋が片付かないのは物が多いせい」 そう思っていませんか?      確かに物が多いと場所も取るので、 収納スペースが足らずにあふれて片付かないということはあります。 でもよく考えたらそれは当たり前ですよね。 「収納量 〈 物の量」 なら入らなのは当然。実は 「収納量 ≧ 物の量」 だとしても、やっぱり片付かないお宅は多いです。 それは ・物の定位置が決まっていない ・物の定位置がよくない ・動線が悪い ・収納の方法が面倒くさい ・収納スペースが深すぎる ・収納スペースの空間をうまく仕切れていない ・大きな納戸があるだけで各部屋に収納スペース(家具)がない ・部屋の役割が明確でない ・間取りが悪い など「我が家のライススタイルに収納の場所、収納量、収納方法が合っていない」から。 するといくら片付けを習慣にしようと思っても、 使いにくいので精神的なハードルも高くなってなかなか難しいのです。 これは小手先の収納のワザでは解決できません。 住み始める時にやるべきことは収納設計計画。 間取りが変えられなくても、レイアウトを含めて どんな家具を用意すればよいかちゃんと検証することで 片付けやすい部屋は作れます。 適当に「こんな感じでいいかっ!」はNG! 置きたい場所、家具のサイズを計らないなんて、もってのほかです!! 部屋が片付けやすいことは、 快適な住まい・快適な暮らしのためにはとても大事。 大好きな物ばかりの雑貨屋さんや 必要な物が整然と整ってスッキリとした 清潔なホテルの部屋などを想像してみて! 心地いいでしょう? 自宅は「生活の場」だから、使ったら元に戻すの繰り返し。 ホテルやお店のようにはいかなくても、 我が家らしい心地よい空間を作ることはできます。 10年20年たってもキレイが続く、快適な暮らし。 せっかく引っ越したのに、 「なんか違う」「つまらない」なんてことにならないために、 住む前からちゃんと考えたいものです。

    住空間収納プランナー 渡辺美恵子
    • 6398
    • 13
  6. 人が集う家

    「熊谷はとにかく暑い!寒い!」という声にお応えして、建築家が提案したのはナナメの壁で日差しを遮る特徴的なすまい。扉で仕切られていない玄関土間とつながるリビングはR+houseの性能があるからこそ。水回りを2階にコンパクトにまとめることで、LDKに友人を招いてパーティーするのにも十分な広さが確保できました。

    R+houseさいたま東
    • 1391
    • 17

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    91件中 81 - 91 件を表示