動線のアイデア(3ぺージ)

建物内や都市の空間における人や物の動きを示した線。その動きや量を予測して設計に生かすことを動線計画という。例えば一般の住宅においては、朝の洗顔・トイレラッシュ時の緩和を図るための「生活動線計画」や、スムーズな炊事・洗濯・掃除等の動きを考える「家事動線計画」、さらに高齢者や介護者の負担を軽減するための「介護動線計画」などがある。

  1. 連載②戸建リノベ「すっきり暮らす収納の家」|キッチンのリノベポイント

    5月下旬から工事しておりました城陽市A様邸戸建リノベーション工事が完了しました。 もともとの住まいでは、収納に常に悩んでこられたことがあり、このリノベーションのテーマは「収納」。 限られたLDKですので、狭く感じないように、そして現在の暮らしのスタイルに合わせた収納を計画に盛り込み、提案させていただきました。

    池田デザイン室(一級建築士事務所)
    • 4729
    • 37
  2. 新築!リフォーム!する方必見!片付く家にするためには間取りが大切!

    片づけに困っている方のお宅にお邪魔するのが私の仕事です。 たくさんのお宅にお伺いしました。 私がズボラだから…と嘆く方は非常に多いのですが、 実は間取りが一因になっているケースが非常に多いのです。 如何にラクに短時間で片付く収納システムが作れるかが、 片付く家のポイントになります。 ここでは動線・収納を考えた間取りを決める際のポイントをご紹介します。

    makefit Miho Nagatsu
    • 10720
    • 101
  3. リビング学習で子どもの集中力UP!リノベでつくりたい「スタディコーナー」

    リビング学習、今や小学生以下のお子さんを持つ親にとっては、定番となりつつあります。大人の目が行き届く安心感はもちろん、適度に人がいたり、生活音のある環境で勉強することで、かえって周りに影響されない集中力が養われるとか。リビングに置いても違和感のないデザインのデスクも増えましたが、リノベでは圧倒的に、カウンターデスクを造作する例が多数。子どもの学習や、大人のパソコンスペースにも使えるスタディコーナーの施工例をご紹介します。

    スタイル工房 stylekoubou
    • 13737
    • 93
  4. ウォークスルークローゼット

    プライベート領域である脱衣や浴室への動線に、クローゼットを利用したウォークスルーのクローゼットです。日常の動線内のため、目につきやすくなり、クローゼット内に物がたまりづらくなる、整理整頓がしやすい効果があります。また床面積の省略にもなるため、コストダウンにもつながります。

    田村建築設計工房
    • 5022
    • 36
  5. タテのひろがりヨコのつながり

    マンション最上階の111平米の空間を大胆フルリノベ。マンションでは珍しい吹き抜け付きLDKも20畳ほどあり、造作した梁が戸建のようにゆったりとした雰囲気に仕上がりました。 今回の家づくりテーマは「自然素材のあたたかみを感じる家」。木質系の材をふんだんに使用し、湿気が気になるエントランス周りには珪藻土を塗装しました。 玄関を入ってすぐオープンクローゼット+ウォークインクローゼットを配置。来客にもオープンにする箇所とプライベートのエリア分けもしっかりしています。 サニタリーと別に洗面のみ廊下に造作し、帰宅後まっすぐにお子様が手を洗うようになったとか。 キッチンも対面型を採用、リビングが見渡せて家族で料理するのがより楽しくなりました。 天井高さを活かして書斎上に梯子で上るロフトも作りました。 お子様のお友達はみな一目散にそこへ直行して秘密基地になっている様子。 休みの日には木に囲まれたリビングで家族揃ってボードゲームをする時間が増えたそうです。

    株式会社サンリフォーム ハコリノベ事業部
    • 1872
    • 14
  6. 【新築収納】何をどう検証する必要があるかわかっていますか?

    マイホームを買うって、考えることがたくさんあって 楽しい反面ブルーになることも多いですよね。 たいての方は家を買うのは初めてで、しかも一生で一番高額なお買い物。 収納については動線や家具の配置、収納計画でどんなことを考えておけばいいか 間取りで暮らすシミュレーションをすることでわかってきます。

    住空間収納プランナー 渡辺美恵子
    • 7801
    • 25
  7. ライフステージに合わせて部屋の使い方を見直すと快適に

    「子どもが大きくなっておもちゃや衣類が片付かない」 「何だか使い勝手が悪くなってきた」 そんなときは、いつもの「使ったら、元に戻す」という片付けではなく 部屋の使い方から見直したら?というサイン。 家族の成長とともに、必要なモノや行動パターンは変わってきます。 定期的な見直しで、いつも快適な暮らしに。

    住空間収納プランナー 渡辺美恵子
    • 1842
    • 4
  8. もともと本棚!扉を作って、玄関の動線上での、便利なクロークへと変身♪

    家族が、帰ったらポンポンと物を置いて、そのままにしてしまう玄関。。。 バッグやら、コートやら、帽子やら… 幼稚園から帰ったら、すべての荷物が 玄関に置き去りの日々。 てか、指定の場所に、片付けてくれないかなぁ?! という呼びかけも虚しい現状なので 玄関にコートハンガーをつけてみて、コートは玄関に丸まることはなくなったものの、やはり、どうしても隠したくなりました。 ちょうど、別室で 不要になった本棚が、お手頃なサイズだったので 使えるものは使って、とりあえずやってみよう!!と踏み出しました。

    Emy
    • 8318
    • 42

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    91件中 41 - 60 件を表示