動線

建物内や都市の空間における人や物の動きを示した線。その動きや量を予測して設計に生かすことを動線計画という。例えば一般の住宅においては、朝の洗顔・トイレラッシュ時の緩和を図るための「生活動線計画」や、スムーズな炊事・洗濯・掃除等の動きを考える「家事動線計画」、さらに高齢者や介護者の負担を軽減するための「介護動線計画」などがある。

  1. 取り出しやすさがポイント☆コンロ下収納のコツ4選

    キッチンは毎日使う場所。 調理中は <時間との勝負!> なことも多いですよね。 そんな調理中に、 キッチンツールや 調理器具などが 取り出しにくかったら 手間取ってミスしてしまったり・・・。 そうならないためにも キッチン収納は 【取り出しやすさ】 が大事になってきます☆ 【取り出しやすい収納】 にするためのコツを4つ 今回はご紹介したいと思います☆

    ちびかお
    • 253401
    • 2946
  2. 時短家事に欠かせない“最短距離収納”♡

    主婦の皆さん、毎日繰り返される家事ってすごく負担になっていませんか? 私は掃除は好きなので苦に感じませんが、料理や洗濯などは出来るだけ早く終わらせたいと思ってしまいます。 そこで私が実践している、何でも必要な場所に置いておく“最短距離収納”について紹介させていただきます。

    kaori.y.t
    • 266430
    • 1951
  3. アイロンも収納できちゃうアイロンマット★

    アイロンやアイロン台の収納場所に悩んでる方って意外と多かったりしますよね。 アイロン台やアイロンマットなどは、アイロンと一緒に使います。 なので同じ場所に収納している方も多いと思います。 そこで私はアイロンを収納できるアイロンマットを取り入れてみたので、ご紹介したいと思います☆

    ちびかお
    • 75213
    • 1138
  4. 掃除のハードルを下げる!オススメグッズとアイデア♪

    皆さん掃除はお好きですか? 私はなるべくしたくないと思うほど、苦手な家事の1つです…。 でも放っておけば埃も汚れも溜まって大変なことになりますよね💦 そこで苦手な掃除を克服するために、とにかく掃除のハードルをグンと下げることを考えました! 自然とラクに掃除ができるようになるオススメグッズとアイデアをご紹介いたします♪

    miina
    • 93452
    • 759
  5. 壁向きキッチンとLD。イイ関係をつくる配置のコツ

    対面キッチンへのリノベーションはすっかり定番ですが、お料理に集中したい人やスペースを広く使いたい人には、壁向きのキッチンの人気も根強いもの。ところで、壁向きキッチンを作るときに気を付けたいのが、ダイニング・リビングとの関係性。とくに、ダイニングテーブルをどう置くかで、食事のときの家事動線や居心地が決まります。今回は、壁向きキッチンで快適なLDKを叶えた例をご紹介します。

    スタイル工房 stylekoubou
    • 4953
    • 21

あなたにおすすめ

おすすめ

話題のキーワード

    76件中 1 - 20 件を表示