展覧会

「展覧会」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「展覧会」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. わたしのファミカセ(ファミコンのカセット)展

    高田博章が主宰する一級建築士事務所です。 住宅から一般建築まで幅広く設計している一級建築士事務所です。 児童福祉施設で、キッズデザイン賞を受賞しました。 リノベーション物件では、グッドデザイン賞を受賞しました。 狭小住宅から集合住宅など、ご質問・ご相談等、お気軽にお問い合わせ下さい。

    高田博章建築設計
    • 913
    • 4
  2. 村野藤吾の「CHIYODA SOFA」との出会いから始まった、日本のモダンデザインを紐解くスペシャルサイトがオープン

    2007年秋、イデーはひとつの家具との出会いをきっかけに、日本のモダンデザインを検証するプロジェクト「JAPANESE MODERN MASTER」を立ち上げました。このプロジェクトを通じて、先達のデザインに学びながら、ものづくりの姿勢や受け継ぐべき思想や理念、豊かな生活とは何かを探り、名品の復刻と販売を続けています。10年を経て、名作の佇まい、生まれた背景、そして現代の暮らしにおける魅力とはなにか、あらためて今の視点で、その魅力を捉えていく本プロジェクトのスペシャルサイトがこの度オープンしました。

    LIMIA ニュース部
    • 2118
    • 8
  3. 「和」をテーマにしたマンションリノベーションをご提案 、東京で展覧会を7月1日から7月20日まで開催!

    日本最大級の建築家ネットワークをもつアーキテクツ・スタジオ・ジャパン株式会社(以下ASJ)は、「NEW JAPAN STANDARD ~ 新しいマンションの形 ~」をテーマに、建築家・岸 和郎氏と食環境プロデューサー・木村 ふみ氏による合同展覧会をASJ TOKYO CELLで開催されます。会場では、無駄がない質素でありながら、日本らしい雅(みやび)を感じられることができる「和の空間」が待っています!

    LIMIA おでかけ部
    • 2375
    • 14
  4. この夏は"マーケット充"したい! イチオシ雑貨がゲットできる夏のイベント4選☆

    8月に入り、いよいよ夏本番! この夏はアレしよう、コレしよう……などとプランを練っている人も多いはず。夏祭りも花火もBBQもプールも山登りも海もスイカ割りもいいけど、今年の夏は「マーケット巡り」しませんか? しかも、今回ご紹介する展覧会は、お部屋にプラスワンできる素敵なアイテムが集まったマーケットばかり! マーケットで一期一会の出会いができるチャンスですよ♪

    LIMIA おでかけ部
    • 1657
    • 17
  5. 明治神宮前のカフェ/OnJapan CAFE

    東京を象徴する発信地である原宿は、国内外問わず旅行客に人気の地域である。そんな地域にありながら、表通りの喧噪から一歩離れた、ゆったりと過ごせるカフェを計画した。 2020年の東京オリンピックに向けて、多様なプラットフォームを活用して日本の魅力を海外へ発信し、共有する事業の一環として、飲食するだけの空間に留まらない情報やコンテンツを体験できる場として、このカフェが位置づけられている。日本に関する様々な情報を多言語で発信し、体験の場を提供することで、日本人ばかりでなく訪日外国人までもターゲットにした、マルチリンガルなカフェである。また、ユネスコの無形文化遺産に登録された和食に着目し、旨味をテーマとした豊かな日本の食文化も提案している。 まず1つの特徴として、日本の芸術、食文化、武道、建築や庭園など多岐にわたる日本文化を紹介した数百冊の英文書籍を蔵書しており、利用者は自由に閲覧することができる。壁一面のライブラリは空間に色を添えいるが、単なる空間演出のためのディスプレイではなく、先に述べた事業内容の重要な一翼を担っている。また、旬の食材を使用した料理レッスン、日本酒や抹茶のセミナー、生け花や書道のワークショップなど日本の伝統文化を体験できるフレキシブルな場として計画している。可変的な家具や照明計画により空間に冗長性を持たせることで、こうした多様なイベントに対応している。 コンクリートの躯体に大きく穿たれた窓からは、街と繋がる風景に接続することはできず、隣地にある建物の無味な壁面が広がっている。前面道路は、繁華街の裏路地のため人通りも疎らである。そのため、内部空間の充実化と、隠れ家的な落ち着いた雰囲気の両立が求められた。まず数百冊の洋書を所蔵するために大きな本棚を計画し、本棚が設置される壁面全体を同様の素材と色合いで仕上げた。コンクリートの質感と調和の取れた木質の穏やかな色調の中に、洋書の表紙や背表紙がアクセントとなり、多様な背景を作り出している。床材は経年変化により徐々に深みを増してゆく素材を採用しており、日本古来より美意識の1つである風情を坪庭で表現した。洗面室へのアプローチは壁と天井共に黒板塗装を施しており、客席とは一変した空間となっている。様々な事柄をチョークで描くことで、空間のカスタマイズを可能としている。また、ゆとりをもった距離感を大切にして客席の配置を行った。

    高田博章建築設計
    • 1438
    • 3
  6. 御茶ノ水『ソラシティ』と併設の『Gallery蔵』で個展

    3月19日(土)~27日(日) 11:00~19:00(月~金) 10:30~18:30(土・日・祝日)火曜定休 只今制作中のYOSHIEを含め首長竜4頭一緒にソラシティで過ごす予定です。蔵では、鉄とは思えない温かみのある作品が並びます。ソラシティの柱や天井、蔵内や壁にこれまで制作し国内・海外に取り付けた作品を常時投影します。是非お越しください。 西田は蔵で終日皆さまのお越しをお待ちしています。

    PAGE ONE
    • 518
    • 7
  7. アップル新社屋や月面住宅の案も!フォスター+パートナーズ展へGO

    大英博物館やドイツ連邦議会の新議事堂、さらにはアップル新社屋から月面住宅まで。ノーマン・フォスターが率いる国際的建築設計組織は、世界各国で名作と呼ばれる建築を作り続けている。半世紀に及ぶその活動を総合的に紹介する日本初の展覧会。建築好きなら絶対、そうでない人もスケールの大きな作品に圧倒されるはずです!

    LIMIA ニュース部
    • 2503
    • 14

おすすめ

話題のキーワード