全面改装リフォーム

「全面改装リフォーム」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「全面改装リフォーム」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 新築そっくりさん!?古家を全面まるごとリフォーム

    長屋でなくても、築30年、40年の戸建て住宅は、現代の生活ニーズに合わなくなってきているだけではなく、その居住機能そのものがなくなってきているのが現状です。 しかし、そこに建物があるならば放置しおくわけにはいきません。 売却する、解体して建替える、きれいにリフォームして住むもしくは貸すなど、その選択肢は様々です。 しかしそのままその建物を保有し、住み続けるならば費用を抑えてリフォームするというのも選択肢の一つです。 建替えという選択肢もありますが費用の問題も含め、昨今の社会状況から考えるとやはりハードルが高いようです。

    リフォームワーク
    • 3011
    • 8
  2. 二世帯住宅の最新事情

    へーベルハウスが『二世帯住宅』という商品名で発表し、売り出してから40年。 すっかり二世帯住宅という名前が定着していますが、この親世帯と子世帯が一つ屋根の下に同居する二世帯住宅。 現在ではこの二世帯住宅は、玄関が2つあり2軒の家がくっついている構造の「独立型」と、玄関やバスルーム・トイレ・キッチンなどを共有し、寝室などを分ける「同居型」の2種類に大きく分けられています。 では、いまどきの二世帯住宅の場合、どちらのタイプが主流になっているのでしょうか? 現状は独立型と同居型が半々くらいです。ただ、独立型は改良が進み、玄関だけ共用のもの、あるいはキッチンとバスのみ共用のものなど、要望に合わせて様々なタイプが出てきており、独立型と同居型の中間を行く住宅が、近年の主流です。

    リフォームワーク
    • 1686
    • 4
  3. 増築における確認申請やコストカットなどの注意点

    「家が手狭になったので増築したい」という要望はよくありますが、実は増築はそう簡単にできるものではありません。 まず第一に敷地に余裕がないと無理です。増築できるスペースはもちろん、土地には都市計画や用途地域によって「建ぺい率」や「容積率」が定められているため、建築できる面積に基準があります。 建ぺい率とは敷地面積に対する建築面積の事で、容積率とは敷地面積に対する延べ床面積の事です。つまり敷地に対して建物の大きさの上限が決まっており、それを超えて増築することは認められません。他にも建物の高さ制限や日影規制なども定められているので、それに準じていなければなりません。

    リフォームワーク
    • 1217
    • 6
  4. リフォームワークの古家丸ごと全面改装リフォーム

    長年家族が暮らしてきた大切な家、中古住宅を購入し、これから家族と一緒に新しい歴史を刻む家、そんな家をまるで新築のように再生いたします。 リフォーム料金を、坪単価制で明確にしました。ご相談・お見積りからアフターフォローまでの、安心・納得の建て替えシステムです。

    リフォームワーク
    • 972
    • 1
  5. メンテナンスの周期とリフォームの動機がリフォームのタイミング

    住宅は、必ず一定の周期でメンテナンスが必要になります。それを怠ると美観を損ねるばかりか、住まいの耐久性や使い勝手に大きな支障をもたらします。 早め早めの対応が、住まいを長持ちさせることにもつながります。 例えば外装に関して、外壁の塗り替えの際にひび割れを修復しておけば、雨漏りを予防し、内部の浸食防止になります。 瓦やタイルなどの特に耐久性の高いものを除けば、15年~20年ぐらいが塗り替えや葺き替えのタイミングです。 内装もビニールクロスやフローリングは10年~15年ぐらいで劣化が目立ってきますし、設備機器は概ね15年程度が取り替え時期です。

    リフォームワーク
    • 684
    • 0
  6. シニアになったら考える本当に必要なリフォーム

    みなさんは将来のお住まいについてどのようなお考えをおもちでしょうか? 10年後、20年後の生活スタイルを想像してみてください。 子供が独立し、夫婦だけになっているかもしれません。 あるいは子供が結婚し孫もでき、3世帯で暮らしてゆく相談をされているかもしれません・・・ しかし急にそんなことを言われても、先の事なんてわからないと大半の方はお考えでしょう。

    リフォームワーク
    • 1015
    • 2
  7. 古家の全面改装リフォームも間取りをそのままリフォームで予算削減!

    古家を全面リフォームをする際に、やはり気になるのは予算ですね。 当然予算には限りがあり、その限られた予算の中でどこまで手を加えることができるのだろうかという事は気になるところです。 もちろん潤沢な予算があるのであれば、まず耐震補強と断熱工事をしっかりし、これからの生活に合わせて間取りを変更し、給排水配管、ガス配管、電気配線、コンセント、スウィッチをすべて生活動線に合わせて新設し、使い勝手のいい設備機器を一新し、おしゃれな内装材で仕上げるというのが理想ですがなかなかそういうわけにはいきません。

    リフォームワーク
    • 813
    • 2
  8. 誰も教えてくれない!リフォーム予算の考え方についての話

    長屋などの古家をリフォームして住むとなったら、予算をいくらにするかを考えなくてはなりません。これからの生活や老後の蓄えや等から捻出資金に限りがあるにしても、リフォームにどれくらい費用が掛かるかわからないという方は多いでしょう。 そこでざくっとした考えですが、古家をスケルトンリフォームする目安として、坪単価30万円~をお客様にはお伝えしています。 例えば延床面積が25坪なら約875万円(税別)~となります。この金額は過去の実績から割り出した目安ですが、暮らしの快適性を向上させるには最低このくらいの金額が必要であると考えています。それ以下の予算となると、構造補強を伴う工事は難しく、内外装や設備の入れ替え程度のリフォームに留まり、根本的な現状ニーズに合わせた暮らしの改善が困難になります。 しかし本来リフォーム工事の目安=いくらとは一概に言えないものです。建物によって構造や築年数が異なるため、必要なリフォームの範囲も様々です。 また図面や記録が残っておらず、壁や床をはがすなどして初めて建物の現状がわかることが多いのも事実です。劣化状態に応じてリフォーム費用が増減するのもやむを得ません。

    リフォームワーク
    • 901
    • 0
  9. 全面まるごとリフォームの考え方とは?

    古家があと20年住める新築に変わる。 『古家再生』という建替えの選択がある。 新築を建てるにはお金がかかりすぎる。 「30年過ぎたら家は寿命だと聞くが、本当に住めないのか」 「家に30年以上もローンを払うことは正しい選択なのか?」 しかも震災で倒壊すれば家のローンを今後何十年と払い続けなければならない事実もある。 その不安は「建替えたいが新築は高い」という声を増加させた。その悩みを解決するたため、新築費用の1/3でやれる建替えがあることをお伝えします。

    リフォームワーク
    • 755
    • 1

おすすめ

話題のキーワード