法事

「法事」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「法事」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 水引の結び方や種類は?マナーをきちんと理解して各シーンで使い分けよう!

    冠婚葬祭に参列する場合、多くのケースでは開催者に金銭などを渡します。結婚式であればご祝儀、葬儀であれば御香典などを渡すことになるでしょう。 これらのように、相手に金銭などを渡す際に覚えておきたいのが「水引」に関するマナーです。特に冠婚葬祭は厳格な儀式であるケースも多いので、失礼にあたらないようきちんとマナーを身につけておくべきでしょう。 そこで今回は、水引に関する概要やマナーなどについてご紹介していきます。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 38217
    • 203
  2. 子供の喪服ってどうすればいいの?もう困らない子供の喪服マナー

    親族の急な訃報によって、葬儀に参列するという経験は人生で誰しも1度は経験することでしょう。大人であれば黒い喪服を着て出席するところですが、意外と悩むことが子供の服装です。「子供はどんな服装で行けばいいの?」「赤ちゃんを連れていって大丈夫?」など、悩みどころは多いでしょう。今回はそんな子供の喪服についてご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 112720
    • 41
  3. 法事を取り仕切ることになったら何をすべき?必要な準備と当日の流れをご紹介します

    法事とは、故人の冥福を祈り供養をする仏教的な行事です。葬儀を終えてひと息つく間もなく、僧侶の手配や親族への連絡といった準備に取りかからなくてはなりません。こちらでは、法事を行うための事前準備や当日の流れ、挨拶のマナーなどについてご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 11455
    • 35
  4. 遺族の気持ちに寄り添って。意外と知らない喪服のマナー【女性編】

    葬儀や通夜といった弔事は、人生で何度か体験する行事です。しかしながら、実際に参列する機会は数えるほどしかありません。特に女性の場合、バッグやアクセサリーといった小物類も気を付けるべき点があります。今回は葬儀や通夜、法事などの弔事に参加する場合の喪服のマナーをご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 9702
    • 28
  5. 恥をかかないために!葬儀、通夜、法事に参列する際の喪服マナー【男性編】

    急な訃報で葬儀や通夜に参列しなければならなくなった経験はありませんか?葬儀や通夜などは故人を偲ぶ場であるだけに、失礼にならないような服装やマナーが求められます。今回は、男性が葬儀や通夜で身につけるべき喪服のマナーをご紹介していきます。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 7167
    • 26
  6. 法事に参加する際に気を付けたいマナーをご紹介します!

    故人に供養を捧げる法事は、日本古来より続く伝統的な行事です。そのためしきたりやマナーも多く、知らない間にマナー違反を犯していることも少なくありません。こちらでは、法事で最低限必要なマナーについて、「案内状」「服装」「持ち物」「当日の行い」「焼香」の5つをキーワードに解説します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 15153
    • 18
  7. 法事と法要の違いって?一般的には何回忌までやるべき?知っておきたい、法事の必要性

    法事は、きちんとした理由のもとで行われています。それは、亡くなった方のためだけではなく、遺族、親族、友人、知人全員のためになるからです。こちらでは、法事を行う理由と共に、法要との違いや年回忌法要のポイントを見ていきます。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 14820
    • 14
  8. 意外に知られていない!?喪服の格式・価格帯やレンタル方法のご紹介。

    葬儀や法事では、喪服をまとって出席することが常識です。しかし、喪服は滅多に着ることがないため、喪服の格式や価格などに疑問を持つ人も多いのではないでしょうか?今回はそんな喪服について、格式からレンタル方法までご紹介していきます。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 12380
    • 7

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード