空き家対策

「空き家対策」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「空き家対策」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 街でWorkする!これまでになかった新しいタイプのスペース利用プラットフォームサービス『 via-at 』を開...

    株式会社via-at(呼称:ヴィアート、本社:茨城県つくば市、代表取締役:河嶋茂)は、店舗やカフェの空きスペースを活用し、コワーキングできるスペースとしてスマートフォンをかざすだけで簡単に利用することを可能にするスペースシェアプラットフォーム『 via-at(読み方:ヴィアート)』を開始しました。つくばエリアのシェアスペースやカフェなど3カ所でvia-atアプリでの共通利用を実現しました。

    PR TIMES
    • 265
    • 1
  2. 築80年の長屋の再生事例  外装編

    西成区の商店街の中の連棟店舗付き住宅は築80年以上の古い建物です。 大正から昭和にかけて建てられた建物は、何度も改装工事をされて今尚生活の場として存続されています。 築80年にもなる古家で、、それなりの老朽化も進んでいますが、手を入れればまだまだその地域に応じた活用法があります。 この地域は新世界お南側の地域で、かつては新世界界隈の繁栄とともに大変賑わっていた場所です。 しかし歴史を追うごとに景気の推移の中で、今日その地域の生活は大きく変わってきました。 現在西成区は労働者の街として、単身の労働者がたくさん生活しています。 その単身者が多く生活する中で、単身用のすまいが様々なニーズに合ったものが必要となっているようです。 また商店街の中にある立地機能としては、現在たくさん労働者たちの飲食の場として成り立っているようです。 そうした2つのニーズに応じて、今回この店舗長屋を、1階を貸店舗、2階を単身者用の賃貸アパートとして再生することになりました。 まず今回は建物の外装をどのようにリフォームしたのかをご紹介します。

    リフォームワーク
    • 1555
    • 4
  3. 放置できない社会問題です!答えはリフォームで空家対策!

    2015年5月に空き家対策措置法が完全施工されてから、空き家問題を扱ったニュースをよく目にするようになってきました。 今年は特に空き家問題が社会的な課題として世間に浸透していくことになるでしょう。 そういう意味においては「空き家対策最重要課題」として新たな取り組みがますます活発になってきています。 空き家問題については政府も本格的に空き家対策に本腰を入れるようです。 国土交通省は21日、2016年度から10年間の住宅政策の進め方を示した新たな計画案として、今後、人口減少やマンションの老朽化などに対応し、25年度に500万戸を超えるとみられている空き家数を400万戸程度に抑える方針。 この差100万戸の空き家を解体撤去の他、再生させて中古住宅として活用するというのが主とした方針です。 住宅ストック循環事業として、空き家の市場流通を促し、若者の住居負担軽減のため予算を投入していきます。

    リフォームワーク
    • 910
    • 0

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード