高齢者

「高齢者」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「高齢者」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. バリアフリーの床暖房がある高気密高断熱住宅

    相当な築年数が経ち老朽化した木造住宅では、今後、加齢を重ねていく上で、安心・安全に暮らしていけるのだろうかとの不安から、当設計事務所にご相談に来られました。将来迎える行動の肉体的鈍化に対して、住まいの使いやすさ・安全がリフォームでは、抜本的な対処に限りがあるため建て替えをお薦めし受けいられました。お客様のご要望である住み慣れた以前の住宅の間取りを基本に、安全性を重視した動線の短縮化・簡略化、収納の効率化、住宅内のバリアフリーの要素をふまえ

    中浦建築事務所
    • 1228
    • 2
  2. 快適な住宅のためには、1階だけのリフォームがポイント!?

    新築時は理想の住宅に思えていても、時を経ればあちこちに不満が出てくるもの。そんなとき、不満を解消する手段としてまず候補に挙がるのがリフォームです。 しかし、住宅の不満を全て解消しようとすると大規模なリフォームが必要になり、当然のように費用がかさみ工期も長くなってしまうため、二の足を踏んでしまう人も多いのではないでしょうか? そこでおすすめするのが、主要な居住スペースとなっている1階だけのリフォーム。これなら、費用と工期を押さえつつ、住宅の不満をある程度解消することができます。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 17019
    • 5
  3. ホームエレベーターのあるバリアフリー住宅(防音・遮音構造)

    高齢化が進む中、ぬくもりや暖かさ、心地よさを感じて頂ける住宅づくりである生活動線のバリアフリーは大切なポイント。 この住宅は以前は店舗だった1階を住宅にするリフォームを主体に、これからの暮らしを考えて、できるだけ体に負担がかからないようにリフォームした住宅の設計事例です。 急な階段の上がり降りに不安を感じられていたため、ホームエレベーターの設置をご提案。 1階全体と2階のほぼ半分をリフォームして、バリアフリーにしました。 ホームエレベーターはどの部屋からも行きやすいように、住宅の真ん中に設置して、回遊できる動線としました。 車椅子に乗ったままでも、フロアを移動出来て、大型の荷物などの持ち運びにもに便利です。 近年、ホームエレべーターの需要が多くなり、設置導入価格も下がっています。 【 住宅用ホームエレべーターの設計基準 】 一般的な業務用エレベーターとは異なり、最大昇降行程は、住宅の最下階の床面から最上階の床面が10m以下となっています。 最大乗務定員は3名以下、最大積載荷重は200kgまで、エレベーター内の床面積は1.1平方メートル以下と定められています。 (メリット) ●車椅子に乗った状態でも、各階を移動する事が可能。(バリアフリーの確保) ●大型の荷物などの移動が便利。 (デメリット) ●一般的な階段式昇降機(いす式)よりも価格が高い。 ●既存物件の場合、スペースの確保が難しい。 ●設置するには、建物の基礎工事・躯体などの改修工事が必要。

    中浦建築事務所
    • 1341
    • 4
  4. あこがれのガレージハウス

    車好きの方には、家族同然の愛車。 車を収納するだけの単なるガレージにとどまらず、愛車も大切な家族として一緒に暮らしたい、そんなお客様の声から設計したガレージハウスのある注文住宅です。 シルバーを基調としたスタイリッシュなインナーガレージには、雨天でも室内から濡れずにらくらく移動。 ガルバリウム鋼板は耐久性が高いだけでなく、裏に貼ってある吸音材で防音性もあるため、内側に張り巡らせることで、ガレージ内での車のメンテナンスを心ゆくまで周囲を気にせずにできます。 キッチンから漏れる暖かい光が、家族とのつながりを実感させます。 機能性を重視しつつ快適性を高めた「男の隠れ家」のようなガレージのある注文住宅の設計で新しいライフステージを演出します。

    中浦建築事務所
    • 751
    • 3
  5. 一家に一脚! 玄関スツールW-arm

    ブーツを履く女性や、足腰が不自由な方の玄関での立ち上がりをケアしてくれる優しいデザインのスツールです。ゆるやかに弧を描くアームは白く美しい木目や木肌と相まって、 玄関を上品に演出してくれます。 靴の脱ぎ履き、お買い物帰りの荷物置き、マンションではバリアフリーが当たり前すぎて、意外と盲点な玄関。木製のアームが立ち上がり易さと、見た目のかわいらしさを実現したデザインが、 玄関をもっと便利に明るくしてくれます。 通常のイスの高さは42~45cmのものが多いのですが、これでは身長が150cm台の小柄な女性には高すぎて靴の脱ぎ履きがしにくく、腰に負担がかかってしまいます。 この玄関スツールは、日本人人体寸法データ(日本工業標準調査会調べ)の膝下寸法を元に、 食卓イスよりやや低めの38cmにしました。小柄な女性でも足が地面に着くので立ち座りがし易くなっています。 手すりは、丈夫なホワイトアッシュを使用し、手に優しいつかみ心地になる様に、木をRに加工しています。また、アーム全体の形状を外側に緩やかに湾曲させてあります。つかみ易く、座面が広く感じるデザインになっています。

    hikosen style
    • 823
    • 9
  6. 引き戸タイプへのリフォーム!トイレドアを交換するポイント

    今回は、トイレドアを引き戸にリフォームするポイントについて解説します。トイレのリフォームは、便座の交換ばかりではなく、トイレドアの交換もあります。ドアノブ付きの開閉タイプは、バリアフリーを考える上では不便な作りになっています。介護のためなどに、引き戸タイプに交換することも考えてみてはいかがでしょうか?

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 8539
    • 14
  7. 浴室リフォームで補助金が貰える!対象例をご紹介

    高齢者の比率が高い日本では、浴室リフォームを行うことで補助金を貰えます。現在、高齢者でも暮らしやすい環境へのニーズは高まっており、「高齢者住宅改修費用助成制度」を利用することで、浴室リフォームを行うときに、補助金を貰うことが可能です。今回は、浴室リフォームの補助金に関する情報をまとめました。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 2064
    • 12
  8. 施工前にチェック!浴室・お風呂リフォームにかかる費用・相場はどれくらい?

    リフォームで気になるのはやはりお値段。特に浴室やお風呂といった水回りのリフォームは費用がかさみがちなもので、蓋を開ければ思ったよりも費用がかかっていたということが多いです。今回は、浴室のリフォームにかかる費用・相場と安く済ませるコツもご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 4413
    • 7
  9. キッチンが主役のバリアフリー住宅:スケルトンリフォームの設計

    テーマは「食べる、くつろぐ、寝る。なにげない普段の暮らしが楽しめる住宅」。 間取りを大胆に変えてお母様の寝室を含めたセミワンルームとし、LDKの中心には洗練されたステンレスのアイランドキッチンを選択。 昔ながらの間取り構成では裏の存在だったキッチンを主役とすることで暮らしの快適さを劇的に変化させ、母娘のコミュニケーションも活発になりました。 ワイドなアイランドキッチンは、ホームパーティにも大活躍。 ライフスタイルに新たな楽しみが増えました。 シンク上のペンダント照明がハイクラスのステンレスのシステムキッチンを華やかに彩ります。

    中浦建築事務所
    • 800
    • 8
  10. ユニットバスにリフォームしたいときにチェックしておくべきポイント

    ユニットバスにリフォームしたいと考えたときに、大きさや材質など規格が決まっているのでリフォームしにくそうと思われがちなユニットバスですが、最近では様々な規格が出てきており自由にアレンジできる商品が増えています。今回はユニットバスにリフォームしたいときにチェックしておくべきポイントをご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 1581
    • 5
  11. バリアフリー・介護用トイレへのリフォーム!皆が使いやすい空間を作ろう

    トイレのリフォームの中でも、バリアフリー・介護トイレへのリフォームはよく行われています。自宅で介護をするのであれば、バリアフリーに対応した介護用トイレにリフォームすることは、ほぼ必須であると言えるでしょう。ここでは、バリアフリー・介護用トイレへのリフォームのコツについて解説します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 5366
    • 4
  12. 東京で暮らす終の棲家

    90代のご家族が暮らす2世帯住宅。1階は車イスで移動ができるようにバリアフリーとし、寝室の隣にトイレや洗面、浴室を配置しました。介護のご家族のために機能的なプランとしました。キッチンの壁には、長年住んだ記憶の床柱を取り付けました。2階は若いご家族のためのスペース。閉じると1LDK開放するとオープンな空間となります。

    プラネット環境計画
    • 747
    • 6

おすすめ

話題のキーワード

    26件中 1 - 20 件を表示