オール電化

オール電化へのリフォームを検討している方に参考になる情報をまとめました。オール電化住宅ではキッチンでの調理や給湯、暖房などを電力で賄うことが出来るため、現代ではリフォームする価値がとても高いです。ガスでの調理や石油で暖房することによる大気汚染や火災のリスクを少なくすることもでき、地球にも優しいです。ここでは、オール電化の特徴やメリットなどを紹介しながら、オール電化リフォームの詳細についてお伝えします。また、失敗しないオール電化へのリフォームをするためにも事前に情報を集め、その上でリフォーム業者に相談しましょう。リミアではオール電化へのリフォームに関する情報をご紹介するだけでなく、リフォームの無料一括見積りもできます。いろいろなリフォーム業者へまとめて相談してリフォームを成功させましょう。

  1. R+house / 分譲地に建築家が設計した「吹き抜けが紡ぐ家」

    分譲地の中でもひと際目を引く勾配屋根の家。 R+houseの建築家「髙井 和喜先生」が施主のライフスタイルを丁寧にヒアリングした事で、家族全員が満足できる使いやすい動線の家が完成致しました。 家の中にいながら四季や時間の流れを感じられる大きな吹き抜け。 黒のガルバリウム鋼板に天然木をふんだんに採用し、外観はシャープでカッコイイデザインに。 奥様のアトリエルームや、リビングの主役になるようなキッチンスペース、家族の生活に合わせた裏動線など建築家髙井和喜先生の経験やアイディアがふんだんに反映され、他に同じ家が1つとないお施主様ご家族だけのオンリーワンのお家となっております。 これから新築をお考えの方はぜひご参考にしてみて下さい。

    R+houseさいたま東
    • 3070
    • 20
  2. バリアフリーの床暖房がある高気密高断熱住宅

    相当な築年数が経ち老朽化した木造住宅では、今後、加齢を重ねていく上で、安心・安全に暮らしていけるのだろうかとの不安から、当設計事務所にご相談に来られました。将来迎える行動の肉体的鈍化に対して、住まいの使いやすさ・安全がリフォームでは、抜本的な対処に限りがあるため建て替えをお薦めし受けいられました。お客様のご要望である住み慣れた以前の住宅の間取りを基本に、安全性を重視した動線の短縮化・簡略化、収納の効率化、住宅内のバリアフリーの要素をふまえ

    中浦建築事務所
    • 1342
    • 2
  3. オール電化とガス併用、どっちがお得?変更時に必要な費用や使用料金を徹底比較

    電力自由化、太陽光発電の普及などにより、オール電化へ切り替える家庭が増えましたが、震災後は原発停止による電力不安により、電力エネルギーに依存する生活に不安を抱く声もあります。オール電化とガス併用、いずれにも一長一短あります。この記事では、オール電化からガス併用へ変更を検討している方に役立つ情報をお伝えしましょう。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 8345
    • 19
  4. 「太陽光発電はオール電化と併用しなくちゃもったいない!」ってホントなの?

    毎月の光熱費を大幅に節約することは、なかなか難しいものです。こまめに電気を消したり、暑さを我慢して冷房を消したり……。しかし、どれだけ気をつけていても、節約できる金額には限界があるのが事実です。そのような中、光熱費の見直しのタイミングで、太陽光発電やオール電化を導入する世帯が増加しています。そこで今回は、オール電化のメリットが発揮できるといわれている、太陽光発電との併用についてご紹介します。

    LIMIA 住まい部
    • 4574
    • 10
  5. あえてバルコニーを作らず、居室での生活を充実させた家

    施主様から「洗濯物はバルコニーに干さないようにしたい」とのご要望を受け、バルコニーを作らず室内でも気持ちよく生活できる空間を実現しました。意外と外の洗濯物を干したくない言うお考えの方は多いのですが、建売りではなかなか見つからないのが現実。注文住宅ならでは実現できた邸宅となりました。

    株式会社 八幡
    • 10245
    • 10
  6. 家計に優しく安全な暮らしでメリット豊富!オール電化住宅に住もう!

    オール電化住宅は安全でお財布にも優しいので、オススメの住まいです!そこでアイムの家では、コラム「家計に優しく安全な暮らしでメリット豊富!オール電化住宅に住もう!」を公開しました。オール電化住宅のメリットについてぜひ考えてみてください。

    アイムの家(岡山県)
    • 1842
    • 3
  7. オール電化でお得な生活ができる?メリット・デメリットもご紹介

    オール電化について、「調理、空調、給湯といった家庭内で使うエネルギーをすべて電気で賄う」という仕組みから、オール電化で中心となる機器の機能紹介、さらにメリットとデメリットについてご説明します。上手に使えばお得で便利な暮らしができるオール電化。導入を検討する際の参考として、ぜひご覧ください。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 7011
    • 34
  8. 「オール電化」って、実際どうなの? 光熱費、安全性、使い勝手など、主婦50人にメリットとデメリットを聞いてみた!

    電気代が安くなると噂の「オール電化」ですが、導入するにはお金もかかるし、もし電気が止まった時は……と不安な面もあります。世間のイメージに対して、実際に利用している人はどんなメリット・デメリットを感じているのか。「オール電化」について主婦の皆さんに、そのイメージや実態を聞いてみました。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 12400
    • 13
  9. 駅前通りの家(東京都)

    「商業系地域」から「低層住居地域」へと用途地域が変化する駅前通り。 その並びにある計画地は、「用途地域境に立地する事」、「道路から一段高い地形」により、周りの建物と比べるとのびやかな佇まいで個性を主張しています。 建物の外形は、大容量の太陽光発電パネルを搭載する為に南側から北側にせり上がる「片流れの大屋根」、高度斜線や計画道路のセットバックラインなどを下敷きに、内部空間との取合いのスタディーを繰り返して形を導き出しました。 また、住宅が密集した地域でも自然光の入る良好な環境を維持するため、建設前に隣家の窓位置を全て計測して各フロアで視線のバッティングを微妙に避けながらコンパクトにプライバシーを確保したり、遠くに抜ける眺望の広がりを求めています。外部への視線や景色を切り取るための縦長の開口やドーマー窓などを配置して、通りに面した生活空間に表情を与えようとも試みました。 ​ 趣味の野菜作りのための温室、展望スペース、オーディオ鑑賞、ガレージ、仕事場など、「生活を楽しむ事」がテーマとなった夫婦のための住宅であり、内部はその大きなボリュームを切り分けながら、基本的な生活空間と温室や展望の場、仕事場が繋がっています。 幾度の操作により現れた「様々な方向への抜け」は、ダイニングから見上げると温室の緑越しにさらに空へと続いていたり、リビングからは上部の展望窓の開放感を感じられたりと、ゆとりを生みだしています。 また、内外の設えは現代的なデザインの中にクラシカルな雰囲気を融合させる事を試行しています。洋服で言うならば襟や袖口のレースやステッチなど、ちょっとした装飾をあれこれと思案するような事。主題ではない些細な部分が、いつの間にか空間全体の印象をつくりだすことも考察しています。 設備面では、都心部での大規模災害に対する備えも考慮、「9.73kwの大容量の太陽光発電パネル」「蓄電池」を採用する事により出来る限り自給可能な「オール電化」としています。 「電気式蓄熱床暖房」、「エコキュート」、「電気使用を可視化するためのHEMS」、「電気自動車用コンセント」等太陽光発電システムを最大限生かし、普段は余剰電力は「売電」、不足電力のみを「買電」し出来る限りエネルギー供給に頼らない計画としています。

    川久保智康建築設計事務所
    • 1368
    • 5
  10. "いい家を安く"そんな嘘みたいな夢を叶える。ヤマダ・ウッドハウス

    家電量販店として不動の地位を築いているヤマダ電機。そのヤマダ電機の100パーセント子会社として2013年11月1日に創立したのがヤマダ・ウッドハウスだ。注文住宅事業として現在31店舗で展開し、近々10店舗のOPENを予定しているという勢い全開の同社の、家づくりに対する想いとその安さの秘密に迫る!

    LIMIA編集部
    • 120733
    • 97
  11. 低価格でも安心の注文住宅「Felidia」ーヤマダ・ウッドハウス

    家電量販店、ヤマダ電機の子会社として注文住宅事業を展開する”ヤマダ・ウッドハウス”が今、業界内外で大変注目されています。前稿ではなぜヤマダが住宅事業に乗り出したか、そしてその安さの秘密と質へのこだわりを存分に語って頂きましたが、本稿ではヤマダ・ウッドハウスが自信を持ってお勧めするという完全自社ブランドとして開発した耐震木造住宅「Felidia(フェリディア)」を紹介していきつつ、その人気の秘密を探っていこうと思います。

    LIMIA編集部
    • 26321
    • 69
  12. 夏涼しく冬暖かいエコ住宅(高気密高断熱住宅)

    「幼い子供たちがすこやかに安全に過ごせる住宅がほしい」そんなご両親の想いに建築家の設計力で応えた自然素材をふんだんに使用した注文住宅です。 この住宅は、柱の外側からすっぽりと高い断熱性能を有する断熱材で住まい全体を包む外張り断熱工法です。 断熱材が柱・梁の外側にあるため、断熱材が切れ目なく連続し、安定した高い断熱性・気密性が実現できます。 外張り断熱では柱の外側で断熱するので、夏・冬を通して壁体内も室内と近い環境になり、室内との温度差が少なくなります。 そのため、壁体内の結露の可能性も少なくなります。 外張り断熱で建築された住宅は、まさに魔法瓶の中のように冬はほわっと暖かく、夏はさらっと心地よい。床のヒノキの無垢材の風合いとあいまって、家中にやわらかい空気が漂います。 お子様がのびやかに暮らせるような間取り・空間構成のもと、床にはヒノキ無垢材:自然素材やオリジナル木製階段で人の五感に優しい住宅であります。   依頼主さまよりご要望がありましたランニングコストの軽減を図るため、高気密高断熱(冬暖かく・夏涼しい冷暖房の効果が効きやすい住宅)に配慮した外張り断熱を施し、太陽光発電とオール電化を導入したエコ住宅、耐震+制震で地震に対して安全性を高めた住宅設計を施しております。 建物の外形をほぼ直方体で屋根を片流れ形式とすることによりコスト(坪単価)の軽減に努めています。

    中浦建築事務所
    • 1996
    • 3
  13. 賢い主婦のエコ生活!オール電化ならここまで節約できるんです!

    無駄なお金は払いたくない。でも生活レベルは落としたくない。わがままのように見えますが、全くそんなことはありません。オール電化なら!その上、オール電化は火災のリスクの減少や災害時の復旧の早さなど、安全面での利点も多くあります。ここでは、オール電化の利点を賢い節約術と合わせてご紹介していきます!

    geck0888
    • 4527
    • 10
  14. 今日は3.11です。

    今日なりの特別な思いがございまして、筆を取らせていただきました。写真に簡単に纏めましたが、H様宅新築工事引渡直後に東日本大震災がございました。私自身はマンションに住んでおりましたので、毎日の揺れで酔いそうなほどであった事を思い出します。 計画停電が一番辛かった時、H様宅に良くお邪魔致しました、コンセプトが地震に強い事とオール電化住宅でインフラの出費を抑える、そして、不利な立地を最大限活かした家を創ると言う事でした。 難問だらけでした、四角い家が一番強いのですがそれにはデザインや機能を持たせる事が一般的を凌駕する事が出来ないと言う本質的な物から逃れられないジレンマで構造の人間と長く論議して作ったのがH邸でした。 正直数字上では耐震性は高いのですが、間崩れが土地を一杯に使っていますので 震災後は心配でしたが、びくともしていませんでした。‘凄いねぇ‘とH様とうなづきながら夜を過ごしたものでした。経験って大事ですと私も言えるようになった新築一戸建て住宅でした。 時間を見て現況も写真を撮らせて頂き少しづつup致します、ご興味のある方は又来訪下さい。

    アースデザイン
    • 759
    • 11
  15. リフォーム I様邸

    築40年以上のお住まいを太陽光+オール電化住宅リフォーム!! 通風・断熱・耐震を大幅強化 ・1階の和室+縁側を広い和モダンな洋室にリフォーム ・1階の玄関外装、2階の内装の素材に温かみのある県産材をふんだんに採用 ・2階を間取り変更を含めた全面リフォーム ・非常時の電源にも利用でき、月々の生活費負担を和らげる太陽光発電システム ・省エネ住宅エコポイント対象工事

    株式会社グッドワンリフォーム
    • 650
    • 3
  16. リフォーム I様邸

    築40年以上のお住まいを太陽光+オール電化住宅リフォーム!! 通風・断熱・耐震を大幅強化 ・1階の和室+縁側を広い和モダンな洋室にリフォーム ・1階の玄関外装、2階の内装の素材に温かみのある県産材をふんだんに採用 ・2階を間取り変更を含めた全面リフォーム ・非常時の電源にも利用でき、月々の生活費負担を和らげる太陽光発電システム ・省エネ住宅エコポイント対象工事

    株式会社グッドワンリフォーム
    • 645
    • 2

おすすめ

話題のキーワード

    21件中 1 - 20 件を表示