畳に関するアイデア一覧です。住まいや暮らしに関する豊富な情報を整理し、写真と一緒にわかりやすく畳についてご紹介しています。

  1. 畳の上にも敷けて手軽にフローリングの部屋へDIY! 敷くだけでOKなオークの天然木を使ったフローリングが登場♪

    「自分の空間を編集していくための“道具箱”」をコンセプトに、内装に関わる商品とアイデアを提供しているtoolboxから、ボンドも釘も必要ない、置いてはめるだけのフローリング『イージーロックフローリング』の販売が開始されました。

    LIMIA ニュース部
    • 56872
    • 898
  2. 和室を洋室にチェンジ、第1弾!床を大改造の巻

    ごく一般的な間取りの建売住宅を購入し約13年、徐々にリビングやキッチンなどなどアメリカンにDIYしてきましたが、リビング横の続間の和室はDIYを初めてからずっと気になっていました… 畳の上にラグを敷いてましたがラグから出てる部分がだいぶ劣化してきたので、いよいよ和室を洋室化しようかと思い一念発起。 まずは劣化した畳を隠すべく、畳にクッションフロアを張って洋室化しました。

    K.T.W.S
    • 45245
    • 600
  3. 床の掃除アイデアを一挙公開!フローリングから畳までさまざまな事例をご紹介

    床掃除のアイデアをまとめました。床は毎日歩くスペースなので、特に汚れのたまりやすい場所のひとつです。そこで、リビングのフローリングから玄関、浴室、そして畳まで、床掃除のアイデアをご紹介します。ぜひご参考にしてください♪

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 14857
    • 280
  4. 昭和小路の長屋|賃貸向け京町家のリノベーション

    京都市東山区。五条坂から1本入った細い路地には戦前に建てられた古い長屋がひしめいています。昭和の古き良き路地の面影を残しながらも、空き家問題、建物の老朽化、観光客によるプライバシーの侵害、インバウンド需要に伴う民泊・ゲストハウス化など、現代的な問題にも直面しています。今回は長屋を所有する家主さまからのご依頼で、その一角を子育て世帯や高齢者向けの賃貸物件としてリノベーションすることになりました。建物は数年間放置されていたため損傷が激しいものの、ビニルクロス、アルミサッシ、システムキッチンといった継ぎはぎリフォーム部分を撤去すると、京町屋ならではの繊細な構造と雅な意匠、屋外と屋内が一体となった気持ち良い空間が蘇りました。 1階は和室だった2部屋をつなげた居間を中心に、坪庭を囲む見世の間、建具を介して向かい合うキッチンとも一体的に利用できる間取りに変更。限られたスペースの中に浴室・洗面室・洗濯機・冷蔵庫の設置場所も確保しています。床材は30mm厚の杉フローリングを用いてローコストながら断熱性を向上、壁は左官と合板にて補修、天井は劣化部分を剥がして2階床の荒板仕上げ。キッチンは業務用厨房機器を組み合わせたシンプルなつくりに。2階は間取りの変更は行わず劣化部分を修繕。天井は構面補強と断熱材を付加した上で船底天井に変更。グリッドプランを生かして、家中の建具を必要に応じて配置換えして再利用し、新たに製作する枚数を極力減らしました。 リノベーションにあたっては京都市の補助金制度を最大限活用し、イニシャルコストの低減に努めています。

    山本嘉寛建蓄設計事務所 YYAA
    • 1954
    • 10
  5. 断熱性のある畳をフローリングに変えるリノベーション、問題は無いのでしょうか?

    長く住んで来た家を、リノベーションをする理由は、いくつかあります。設備が古くなったり、住みやすい間取りに変えるためだったり、耐震補強の為だったり。 築年数の長い家は、現代の生活スタイルに合わなくなっている場合があり、現代的な生活をする為のリフォームも行われます。畳に座り、炬燵に入る生活から、フローリングでソファー・椅子の生活に変わりたい。畳の部屋をフローリングに変えるリフォームも、良く行われますが、実はここに、気をつけて置かないと、あれ??失敗?となってしまう以外な、盲点があります。

    株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所
    • 4480
    • 10
  6. Y邸-合理的で使いやすい、コックピットのような部屋

    Yさんは、今やちょっとした観光地でもある、横浜市黄金町に40㎡ほどのコンパクトな物件をご購入。限られたスペースの中で、コックピットのような合理的で使いやすい空間を目指しました。着物をたくさんお持ちで、着物でお出かけするのがお好きとのことなので、畳の小上がりをつくり、そこで着付けができるようにしました。畳の下は全部収納。コンパクトな空間ですが、きちんと配置を計算しているので、体感空間としては広々としています。アンティークがお好きで、照明やガラスの扉などは、町田の「古福庵」で購入されたとのこと。サニタリーの絵は、友人のアーティストが描いたものです。 日常的に商店街をかなり楽しんでいて、休みになると自転車で20分の所にある、みなとみらいや中華街へも行くそう。あえて観光地を住む場所として選び、家はできるだけコンパクトにして、まわりの環境を楽しむという、充実した暮らし方が実現しました。

    ブルースタジオ
    • 6928
    • 26
  7. Room S.E - 和室リノベーション -

    戸建住宅の一室(和室)のリノベーション. 一時的に板の間として使用するために既存の畳を積重ねて小上がりとし、 現れた下地合板を黒く塗装することで新たな床面をつくりだしました. 畳を元に戻すことで再び和室としての利用が可能となります. また、すべてDIYで施工できる範囲で計画しコストを抑えています.

    神永設計
    • 4323
    • 24
  8. tdi 古民家 現地再生

    明治6年に建設された築140年以上の古い農家住宅の現地再生工事である。 全体の規模としては桁行9間、梁間5間と大きく、千葉県の上層農家の家格を持つ民家である。 築年数の浅い増築屋を活かすことが条件であった。増築屋は台所・食事室・浴室・洗面所で構成されている。錯綜している動線を見直し、主屋と増築屋との接続位置を変更した。 玄関を入ると大きな吹抜けを持つホールが見える。ホールからは梁・小屋組みが見える。吹抜け上部には通風と採光を目的としたハイサイド窓がある。動線処理の空間であると同時に民家の魅力を見せる空間とした。 また、利用されていなかった書院・床の間を持つ奥の間は座敷の西側に移動し、使い勝手の良い12.5畳の二間続きの部屋とした。間取りの変更により行き場を失った2組の欄間は縁側へ場所を移し再利用した。

    西本建築事務所
    • 2239
    • 24

125件中 1 - 20 件を表示