人工大理石

「人工大理石」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「人工大理石」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 【FABBRICAブランド新商品発表③HS950】クリスタルサーフェイス ハイパーシンク

    「いろいろショールームを見学したけど、小さかったり、サポートアクセサリーだらけで実用的じゃないよね。」そんな声にこたえました。多機能でありながらシンプルという、サポートアクセサリーも最小限にとどめました。シンクを清掃する時でも、左右にスライドするだけで楽に掃除ができます。市販の食器洗い洗剤ならまな板をのせてもスライドできるよう設計しています。もちろんスポンジも網かごに収納でき衛生的。料理のプロを自負するユーザーが最も望んでいた、作業性のいいシンク。天板とのシームレス接合で清掃性を尚一層高めています。 また、将来の環境問題の意識の高まりから急速に普及する可能性のあるディスポーザ(生ゴミ粉砕器)の対応も考慮し、先進性のあるキッチン空間を創造できるスマートシンクです。水栓は世界的に有名なブランド「hansgrohe」よりメトリス320との夢のコラボレーションです。

    FABBRICA YOSHIMOTO
    • 1610
    • 6
  2. Asian Black

    上質×オリジナル 大人のラグジュアリールーム ブラックをメインカラーとし、重厚感のあるタイルや こだわりのアジアン家具を散りばめた1LDK+WICプラン。 玄関からキッチンまで続くのは磁器質タイルの床。 高級感のある見た目とブラックのカラーが空間を引き締めます。 収納付きカウンターの側面には木を張り、 天板には光沢のあるブラックの人工大理石を合わせました。 壁際に造作したオリジナルソファで寛ぎつつ、 夜が更けるまで話に花を咲かせます。 クールなデザインの中にほのかにアジアの薫りが漂う、 上質な大人空間の完成です。

    nuリノベーション
    • 3448
    • 32
  3. 【CA型洗面】人工大理石コンパクトボウル一体型手洗いカウンター

    「奥行きが小さくてもしっかり洗える洗面カウンターがあったらいいな。小さい洗面は小さいだけに使い勝手が悪いんだよね。」そんな声に応えました。奥行きは370mmと普及品ではありえない省スペース対応のイタリアンデザイン小洗面カウンターです。ウエットエリアに水栓を設け、ウエットエリアはボウル内部に向かって微細な傾斜をつけているため水はけも心配なし。賃貸マンションや2階のセカンド洗面や玄関手洗いとして活躍しています。また、陶器ボウルと比べ割れにくく、耐久性があるため非常に重宝されています。排水部は、汚れがたまる排水金具をなくし、フランジレス排水のため清掃性も考慮しています。

    FABBRICA YOSHIMOTO
    • 1927
    • 11
  4. 【FABBRICAブランド新商品発表①V-001】ベッセル型人工大理石ボウル

    お待たせしました。ついに完成!Botticelliの絵画を想起させるShell形状。どうでしょう陶器には絶対真似出来ないフランジとマットな表面仕上げが、すっきりしたシャープ感を際立たせます。ベッセルタイプでカウンターを低く設定できるので奥行(350~450mm位)の狭い洗面室の空間でも、戸建てやマンションの他、ホテルのバスルーム空間でも広くお洒落な空間が演出できます。陶器と比べて非常に耐久性があり割れにくいため人工大理石ボウルは非常に人気があります。ホテルのバスルーム用のボウルとしても、お洒落で広々と感じる空間を演出できます。もちろん毎日のホテルでの清掃性も考慮しています。発売前にもかかわらず、すでに多くの予約が入っています。多少お時間いただくことになるかもしれませんが、楽しみにお待ちください。

    FABBRICA YOSHIMOTO
    • 1239
    • 4
  5. 【UD型洗面】人工大理石ユニバーサルデザインボウル一体型洗面カウンター W750 W900

    「毎日使う洗面台だからこそ誰にとっても使いやすい洗面があったらいいな」お子様から大人・ご高齢の方まで、そして車いすや体の不自由な方でも安心してお使いいただける人に寄り添う洗面形状を実現しました。前縁がゆるやかなラウンド形状のため、車いすでも楽に洗髪が可能です。いすに座ったまま使用しても、水栓に手が届くように配慮し、また足がすっと入りかつ水はねがしにくい配慮をしたボウル2段底形状です。介護するかたから多数寄せられた横に立っても補助がしやすいラウンド型形状になっています。排水部は、汚れがたまる排水金具を無くし、フランジレス排水のため清掃性も考慮しています。

    FABBRICA YOSHIMOTO
    • 1032
    • 13
  6. 【DL型洗面】人工大理石ストレートツインデッキボウル一体型洗面カウンター

    「デザインが良く、両サイドにウエットゾーンのデッキがある洗面があったら便利なのに」そんな声に応えました。ボウル両サイドのウエットゾーンには、濡れた小物等の一時置きに便利です。両サイドのデッキや水栓廻りのデッキも見てもわからない位の傾斜をつけ水はけに配慮しています。ボウル形状はバケツなども置きやすいフラットな底面に設計し、収納と清掃性を高めています。 排水位置も後方に設置していますので、キャビネットスペースの有効活用が可能です。排水部は汚れがたまる排水金具を無くした、フランジレス排水で清掃性も考慮しています。

    FABBRICA YOSHIMOTO
    • 2154
    • 13
  7. 【LM型洗面】人工大理石ラウンドボウル一体洗面カウンター

    「座って朝の身支度が出来るドレッサーな洗面があれば便利なのに」そんな女性の切なる願いに応えました。省スペース効率に優れたラウンド形状を採用しつつも、シャープ感も表現したボウル形状です。ボウルを左右最両端まで偏芯させることで十分なドレッサースペースを確保し、優雅なおしゃれタイムを過ごしていただきたい想いを込めた形状です。排水部は汚れがたまる排水金具がなく、お手入れが簡単なフランジレス排水を採用しています。

    FABBRICA YOSHIMOTO
    • 3899
    • 13
  8. 【CP型洗面】人工大理石ボウル一体型洗面カウンター

    「コーナー洗面はボウルが小さく使いづらい」そんな声にお答えした省スペースでもしっかり洗える設計です。モダンなデザインで奥行き350mmとスリムでありながら、ボウル直径420mmの大きさを確保。キャビネット無しのブラケット固定での使用も可能です。店舗のトイレや2階のセカンド洗面やデッドスペースになりがちなコーナー対応も可能な設計です。

    FABBRICA YOSHIMOTO
    • 1555
    • 12
  9. 【UDH750型】人工大理石ユニバーサルデザインハイバック洗面カウンター W750

    「毎日使う洗面台だからこそ誰にとっても使いやすい洗面があったらいいな」お子様から大人・ご高齢の方まで、 そして車いすや体の不自由な方でも安心してお使いいただける人に寄り添う洗面形状を実現しました。 前縁がゆるやかなラウンド形状のため、車いすでも楽に洗髪が可能です。 いすに座ったまま使用しても、水栓に手が届くように配慮し、また足がすっと入りかつ水はねがしにくい配慮を したボウル2段底形状です。 水栓廻りの掃除が大変。そんな声にも応えました。ハイバック壁面水栓により、清掃性の心配もありません。

    FABBRICA YOSHIMOTO
    • 1297
    • 4
  10. 【TQ型洗面】人工大理石ストレートボウル一体型洗面カウンター

    「スクエア形状がいいけど、使ってみたら四角過ぎて水はけが悪く水がボウルに残っちゃう。」そんな不満を解消しました。ボウル形状はスクエアを採用しており、マットですっきりしたシャープな印象を与えます。ボウル部は清掃性のよいなだらかなR形状にしています。ボウル偏芯対応も可能でドレッサー洗面としてもご使用いただけます。

    FABBRICA YOSHIMOTO
    • 1110
    • 5
  11. 【DA型洗面】人工大理石ストレートボウル一体型洗面カウンター

    最新のイタリアンデザインであり、黄金比で構成されたボウル形状は、シンプルかつソフトな印象を持ちつつ、ドライエリアからボウルへつながる部分をシャープにしたことにより、ソリッド感をもたせています。ボウル内のデッキにはソープディスペンサーや濡れた小物の仮置き等様々な使用が可能。ボウル偏心のドレッサー洗面にも対応します。ミニマル・デザインを採用したホワイトの新型フランジレス排水栓で、ボウルとの一体感を演出します。

    FABBRICA YOSHIMOTO
    • 1869
    • 5
  12. キッチンのデザイン(その1)|家具としてつくるキャビネット|統一感をもたせたインテリアコーディネート|

    キッチン、ダイニング、リビングをワンルームでデザインする時に特に注意しているのが、キッチンが機器的にならないようにしています。 キャビネットの材質や色はもちろんですが、冷蔵庫に至るまですべてカラーコーディネイトしないと、機器に囲まれたリビングになってしまいます。 この住宅は、シンク、食洗機をアイランド型のキャビネットに収めて、調理器は壁面に配置しています。冷蔵庫や電子レンジもビルトインです。 アイランド型の場合は、キャビネットそのものを、家具のように見せる工夫が必要です。そうしないと野暮ったいデザインになってしまうので、特に注意が必要です。 足元の蹴込み部分(台輪)を深くすることで、床から少し浮いたように見せています。 カウンタートップはコーリアン、キャビネットはウレタン塗装です。

    長井義紀建築設計事務所
    • 2171
    • 16
  13. オーダーキッチンで私らしい暮らしを・・・(2)素材のはなし

    弊社は家具職人がつくるオーダーキッチンということで、完全オーダーで、お客様ととことんお話をしながら、お客様と一緒にプランし、ミリ単位でお客様のニーズにお応えしていくタイプのキッチンを作っております。 普段現場で客様にお話している、快適で使いやすいキッチンを作るためのコツやノウハウを少しずつ更新していきたいと思っています。 今回はその第二段 主に素材についてのはなし。 (1)はこちらhttp://limia.jp/idea/5050/

    ナチュラルインテリア専門店 ミヤカグ
    • 2317
    • 12
  14. 【TCS型】人工大理石トイレ手洗いカウンター

    「玄関でどろんこになった手を洗ってから家に入れれば清潔でいいのに。最近はタンクレストイレが普及して昔のように手を洗うスペースが無くなった。タンクがあっても手を伸ばして洗うのは面倒。でもトイレスペースは狭いから無理かな。」そんなことはありません。狭いトイレスペースでも手洗いカウンターが設置出来るよう設計しました。ボウルの位置もご希望に添えるように設計しました。狭いスペースでも設置できるようカウンター奥行き115mmに設定。ティッシュBOXの横よりも小さなカウンターに手洗いボウルを取付けることが可能になりました。住宅だけでなく、店舗でも有効活用されています。

    FABBRICA YOSHIMOTO
    • 565
    • 2
  15. 【TCC型】人工大理石トイレ手洗いカウンター

    「最近はタンクレストイレが普及して手を洗うスペースがなくなった。あっても手を伸ばすのが面倒。玄関にちょっと手を洗うスペースくらいあれば家のなかが清潔でいいのに。」そんな声に応えました。狭いトイレスペースでも手洗いカウンターが設置できるよう、カウンター奥行きを115mmに設定。ボウルの位置も自由に設計できるため、住宅や店舗でも活躍中です。

    FABBRICA YOSHIMOTO
    • 574
    • 2

おすすめ

話題のキーワード

    23件中 1 - 20 件を表示