コンクリート

「コンクリート」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「コンクリート」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. ダイソーのリメイクシートが可愛い♡全種類お見せします!

    ダイソーのリメイクシートを全種類買ってきたのでまとめます。 ダイソーにもセリアと同じくらいのリメイクシートが売られており、最近ではダイソーも筒状のリメイクシートまでありました! お家をプチリメイクしたいとき、簡単DIYに挑戦してみようと思ったときに参考にしていただけたら嬉しいです!

    びわ
    • 80552
    • 282
  2. 駅から徒歩20分でも年間入居率はなんと95%の賃貸アパート。その理由とは?

    スタイリッシュでデザイン性の高い、鉄筋コンクリート打ち放し建築。デザイン性はもちろんのこと、防災面にも強いイメージがありますよね。今回は、老舗建設株式会社〔カドヤ建設〕から、コンクリート造の新しいシステム《RC-Zシステム》をご紹介いたします。気になる建築の工期やコスト面を思っていた以上にグッと押さえられるような、工夫された新たな建築方法に注目です。

    株式会社カドヤ建設
    • 4320
    • 6
  3. プライバシーに配慮した温かみのあるモダンな家

    ​高い壁で囲った光庭、暗くなりがちな洗面室に設けたトップライト、キッチンのハイサイドライト、リビングの大開口はプライバシーに配慮しながら採光と風通しを良くしてくれます。リビングのデザイン壁のタイルとキッチンの下がり天井を同系色でまとめ、温かみのあるモダンな雰囲気に仕上げました。

    Style Create
    • 1540
    • 26
  4. モルタル仕上げのキッチン×キャットステップのあるワンストップリノベーション住まい

    【既存キッチンでもここまでできる。モルタル/コンクリート仕上げのざっくり素材感が味付けになったリビングダイニング空間】 賃貸暮らしを送っていたT様ご夫妻が新たにマンションを購入し、ご自身の好きなテイストや欲しいものを散りばめたワンストップリノベーション事例です。 「最初は賃貸の更新のつもりでしたが、相談しているうち、マンションの購入、さらにリノベーションしたいと思うようになり、どんどん気持ちが盛り上がっていったんです」。 間取りは各居室を広々と使えるよう3LDKから1LDKへ。 そうして生まれた16.4帖のLDKの主役は、天井をぐるりと囲むむき出しのダクトや愛猫のためのキャットウォークとともに、ヴィンテージ感を漂わせているコンクリート打ち放しのような天井やキッチン。 実は左官によってコンクリートの現し風に仕上げられたもの。 見た目はコンクリートの打ち放しでおしゃれでありながらコンクリートの冷たさがないのがメリットですが、さらにキッチンそのものも既存を流用しているため、コストパフォーマンスにも優れた一箇所です。 レンジフードの垂壁やキッチンカウンターを造作し、モルタル仕上げでコーディネート。吊戸棚やニッチ棚の造作、トグルスイッチなどがインダストリアルな雰囲気を演出しています。 キッチン本体はシート貼りで白からネイビー色へリニューアルして色味を整えつつ、さらに水や油の撥ねることの多いコンロ廻りは、ヘキサゴンタイルやディバイダーを施し、お掃除の手間や使いづらさを感じることなくお料理を楽しむことができます。 【寝室に多機能収納スペースを設けてもう一つの生活の中心に】 「どうせやるなら、とことんやりたいことをやろうと思いました」。 そう仰るT様がもうひとつこだわったのがベッドルーム。 9.4帖の寝室スペースには両側から通り抜けられるWTC(ウォーク・スルー・クローゼット)を設置。 様々な衣料や生活用品をしまえるようハンガーや棚の大きさに違いを設けているため、日々の収納はここ一箇所にまとめて行うことができます。 さらに床にはサニタリーと同じメンテナンスのしやすいグレーのフロアタイルを用い、LDKの突板フローリングとは趣に変化をつけています。 賃貸暮らしや既存の中古マンションでは手に入らない、T様ご夫婦と愛猫に相応しいリノベーション住まいとなりました。

    Cuestudio(キュースタジオ)
    • 1278
    • 11
  5. 梅雨入り前のDIY! お手入れが出来ていないベランダを、ペイントリノベーションで息を吹き返してみませんか?(*`ω´*)

    築年数が経ったお家に見られやすいベランダの劣化。 プロに頼むと中々の費用になりやすく、手入れが出来ていない場合が多いと思います。 そんな時にオススメしたいのが、自分でベランダを塗り替えてしまう事。 雨模様が多くなる梅雨入り前に、ベランダをペイントリノベーションしてみませんか( *´艸`*)

    カンペ ハピオ
    • 6057
    • 56
  6. コンクリート躯体あらわしと、木材の素材感が味わいあるお住まい

    壁構造のため、部屋の間仕切りにコンクリート壁があるのを利用して、リビング、玄関、階段ホールには、コンクリートの躯体あらわしで無骨な雰囲気のアクセントを。 カッコよさの中に、木材を組み合わせることでどこか温かみのある、たまらない空間に生まれ変わりました。 お施主様ご自身が建築士でいらっしゃるため、ご自身の設計を実現させることが何よりのご要望でした。 お施主様から細かい納まりや素材のご指定をいただきながら、イメージ通りに作り上げられるように職人とのやり取りを綿密に行いました。

    湘南リフォーム(株式会社ステラ)
    • 1940
    • 5
  7. 鉄筋コンクリート構造・地上3階建てなのに2000万円台!「リブハウス」という名の住宅

    鉄筋コンクリート構造・地上3階建て・ホームエレベーター付き・建築家がデザインする世界に1つだけの家…。漠然と「高額なイメージで自分たちには手が届かない…」と諦めてしまいがち。しかし、これらの条件をすべて満たした住まいが、思いがけず身近な存在になるかもしれません。建築家が自らの、そしてご両親と暮らす住まいとして具現化した家づくりご紹介します。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 2225
    • 13
  8. コンクリートを流した後雨が降ってきたけど大丈夫?と心配なあなたへ

    「基礎のコンクリートを流したんだけど雨が降り出してさぁ~。雨が降ったせいで強度が弱まることはあるのかなぁ???地震の心配とかあるから不安なの~~。」というような心配を抱えている方も多いかもしれないので、お役に立てばと思い、コンクリートと雨についてかんたんにまとめてみますね。

    シノハラ 家づくりのプロ(あめりか屋)
    • 11303
    • 9
  9. マンション一人暮らしを謳歌する、ブリックタイルと収納棚が魅力の“男前ヴィンテージ”空間

    【築15年のマンションをヴィンテージテイストに。レンガ調タイルや木の素材感を楽しむ男前なリビング・ダイニング】 「賃貸暮らしの賃料がもったいない」 愛犬と暮らすお施主様のT様が以前から感じていたことがきっかけとなり、30代半ばで購入を決意した44㎡のマンションは、一人暮らしにはちょうどよいサイズ感。 そこを好きにリノベーションし、自分だけの男前空間づくりを目指しました。 メインとなるリビングダイニングは、スラブ天井にブラックウォルナット床の組み合せを中心とし、レンガ調のブリックタイルや壁一面の造作グリッド棚など、渋みのあるオールド感で統一し、排気ダクトを隠すために造作したラーチ合板の梁型も、空間を演出するアクセントになっています。 浴室や洗面、小型手洗付きのトイレなどもしっかりリノベーション。 とくに浴室はメタリックなパーツで揃え、こちらも日々の疲れを癒す“男前”空間です。 【素材に個性を持たせつつ、実は機能的。「資産」としても活躍する普遍的なリノベーションを】 5×7のグリッド造作棚は、w2230×h2300とたっぷりな大きさ。 一人暮らしには贅沢に使え、小物や書籍などを置きながらも、見せる収納として楽しむことができます。 土間風フロアを敷き詰めた玄関にも二つの稼動棚とハンガーパイプ付のオープン収納を用意。 靴やコートなど、毎日に使うものはここにしまうことができ、そのまま通勤用バイクにまたがり仕事へ向かうといった、お施主様のライフスタイルを反映しています。 もともと「将来、パートナーと暮らすことになったら、もっと広い部屋に移るつもり」と仰っていたお施主様。 その場合は、ここを貸しに出すことも考えているとのことで、あまり偏った間取りにはし過ぎず、「資産」としての側面も考慮しつつ、普遍的なリノベーションをご提案。 多様な素材を用いて個性を持たせながらも、普遍的な機能性も備えたヴィンテージ空間で、新たな“男前暮らし”の始まりです。

    Cuestudio(キュースタジオ)
    • 1626
    • 9
  10. VOL8.モルタル造形フェンスDIY! 完成です(^_-)-☆

    前回までに半分の面のモルタル造形DIYが仕上がりましたが、ようやく反対側(道路側)残り半分の面も完成しました!!! テーマパークやネット、雑誌等でモルタル造形を見て以前手掛けた塗り壁フェンスをきっかけに、自分もモルタル造形を造ってみようと・・・ 場所を玄関脇の道路側フェンスに決め計画を始めました! 休日のみのDIYですが毎回楽しみながらの時間です(^^♪ まだ全体の1/3ですがようやく完成しました!!

    KOB_studio
    • 9157
    • 54
  11. 板壁フェンスDIY♪眺めたくなる&ガーデニングしたくなる庭づくり☆

    日差しが入る庭なのに、なんとなく暗くて眺めるどころか出ようとも思わない我が家の小さな庭。 小さくてもせっかくの庭! 用事がなくても出ていきたくなるような庭にしようとDIYすることにしました! まずはお隣さんとの境目に板壁フェンスを立てて雰囲気を変えることからスタートします。 では少々長くなりますがお付き合いください(^-^)/ ↓ ↓ ↓

    aya-woodworks
    • 13860
    • 116
  12. コンクリート壁は劣化が目立ちやすいって本当?外壁塗装の費用や塗料をご紹介します

    クールでスタイリッシュに見えるコンクリート打ちっ放しの外壁は、1990年代頃に大流行しました。現在では、築20~25年ほど経っている住宅も多くなっているでしょう。そろそろ劣化が目立ち始め、外壁塗装を検討しているという方も増えているはず。そこでこちらの記事では、コンクリート壁の外壁塗装にかかる費用や、塗料の種類などをご紹介します。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 3993
    • 2

173件中 1 - 20 件を表示