構造のアイデア(2ぺージ)

「構造」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「構造」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 家づくりの始まり

    上棟までの材料(構造材)を工場にて刻むこと。これをプレカットと言います。 現在、ほとんどの木造(在来)住宅の土台や柱、梁は工場にてプレカットされたモノを大工さんが建てます。 そのプレカットの工場を見てまいりました。 長さはもちろん、臍(ほぞ)、かま継ぎ、あり掛けなど昔は大工さんが行っていた仕事をほとんど工場の機械にて終わらせることができます。 たまに特殊な作りの家の時は大工さんが自分で刻むことはあります。 (こういう時は上棟が無事終わるまで大工さんはかなり緊張するそうで(汗)) 機械的になって間違えることがなく生産性は向上したと思う反面、少しだけ寂しさを感じてます。

    ハウス工房(株式会社ディアーコーポレーション)
    • 1452
    • 14
  2. 2月のイベント情報(現場見学会編)

    有難うございますJPホームです。 2月に入り地震速報をよく目にする気がします。先日は通勤時電車の中で地震が起こり、一時電車が線路など確認の為ストップするという事態に遭遇しました。 世界に目を移すと、2月6日には台湾南部で最大震度6級(マグニチュード6.4)を記録した地震が発生しました。台南市では9棟の建物が全壊、5棟が傾き、台南市全体で500人以上が負傷しました。2月11日時点で倒壊ビルだけで65人、全体で67人の死亡が確認されています。建物の中には依然およそ60人が取り残されているという報道もあり、一刻も早い救助を願うばかりです。 倒壊したビルには柱や壁を撤去する改築工事や半分以下の鉄筋量など手抜き工事の可能性もあり捜査を進めているようで人災の疑いも出ています。 阪神淡路大震災から21年、東日本大震災からは来月11日で5年の時が過ぎ、時間の経過は確実に当時の記憶を押し流していきます。 今後数十年以内に起こるといわれている、南海トラフ地震への警戒や減災への対策など、行政や各コミュニティでシュミレーションや訓練を行っていますが、どこまで規模を想定してよいのか不明な為、私も含め個人レベルで万全の準備がなかなか出来ていないのではないかと不安を感じてしまいます。 本日は2月のイベントとして、東京・大阪にございます当社施工中の鉄筋コンクリート造住宅工事の様子が分かる見学会開催のお知らせです。 東京本店ではコンクリート造の躯体と断熱処理されたコンクリート壁をご覧いただける構造見学会を開催。大阪本店では、コンクリート構造を支える配筋された圧倒的な鉄筋量を間近で見学することのできる基礎見学会を開催いたします。どちらも普段見ることのできないRC造の重要な箇所となりますのでご見学されることをお勧めいたします。

    鉄筋コンクリート住宅のJPホーム
    • 2095
    • 6
  3. そもそもコンクリートは何故固まるのか?

    都市の建築物や特別に安全性が重視される公共建築物は、そのほとんどが鉄筋コンクリート造になっています。その強固で頑丈な構造は広く認知されているところです。しかし「コンクリートは固いもの」ということは周知のとおりですが、一体なぜ固まるのかあまり考えたことはないですよね。

    鉄筋コンクリート住宅のJPホーム
    • 3037
    • 10
  4. 2×4工法の大規模改修も、構造に精通した一級建築士が対応。

    2×4工法の家は大規模な間取り変更が難しいと、耳にされたことはございませんか。それは、工法の特徴を理解できていない業者が口にすることば・・・。大阪府で第1号の2×4工法住宅を施工した私ども福山住宅は、建物の主要構造に関わる一戸建てのリフォームの実績を重ねて参りました。2×4建築にも深い知識と経験を持つ自社の一級建築士が直接対応し、幅広いご要望にお応えします。

    福山住宅
    • 887
    • 5
  5. 家にロッククライミング

    2階のホールの壁にご主人様がロッククライミングをして身体を鍛えたいということで2つの壁にロッククライミングを施工しました。ご主人様はもちろんのこと、お子さまも遊ぶことができて、雨の日でもおうちのなかで楽しく過ごすことが出来ます。このロッククライミングで上がればそこはロフトへと続き、秘密基地みたいに楽しいおうちです。

    西和不動産
    • 1123
    • 6
  6. YIS

    16mの巾で道路に接していますが、奥行きわずか5.3mしかない26坪の敷地には木造2階建、建ペイ率60%等の厳しい条件がありました。 臨時を含め4台の車を停める為にRC造で半地下を造り、その上には木造2階建がのっています。 内部動線を貫いて螺旋階段を設けています。 近隣との調和を考え、建物の高さを揃えるために、内部は構造を現した仕上で階高を押さえています。 都市(まち)に棲むことがこの住宅のテーマです。

    かわつひろし建築工房
    • 1961
    • 19
  7. 構造現場見学会

    「家を知るには構造から。」こんな格言はありませんが家づくりには最重要事項です。家づくりでつい気にしがちなのは間取りやデザインや設備機能ではないでしょうか。しかしどんなに高性能な設備とおしゃれなデザインでも家の中身が弱かったら一緒に崩れてしまいます。お化粧も基礎化粧と下地が大事って言いますよね。家も見えなくなってしまう基礎や土台、配管、など構造がしっかりしていないと後から悲惨な大事故になりかねません。だからこそ構造はどのように作っているかしっかり見ておきたいところ。安心してほしいから家の下地もちゃんと見てほしいんです。家づくりをする方は必見。構造見学会です。

    鞍城建設
    • 899
    • 5

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    30件中 21 - 30 件を表示