構造

「構造」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「構造」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. cafe IDUMI

    PROJECT TYPE // CONSTRUCTION LOCATION // CHOFU ,TOKYO, JAPAN FACILITY // RESIDENCE + CAFE ​ GROSS CONSTRUCTION AREA // 56sqm ​ CONSTRUCTION AREA // 67sqm RANK // 3 STORY ​ STRUCTURE // TIMBER FRAME STRUCTURE PROJECT TEAM // TOMOKO SASAKI ​ STRUCTURAL ENGINEER // EJIRI STRUCTURAL ENGINEERS ​ LOGO DESIGN OF THE CAFE // DONNY GRAFIKS CONSTRUCTOR // OGAWA KENSETSU ​ GREEN // LANDSCAPE HOUSE YEAR // 2018 ​ PHOTOGRAPHS // Kenya Chiba

    株式会社TENHACHI一級建築士事務所
    • 500
    • 5
  2. マットレスを選んでいると「ボンネル」とか「ポケット」って書いてあるけど…これって何?

    ベッドを店頭などで見ていると、 マットレスに「ボンネルコイル」とか「ポケットコイル」って 書かれていることがあるんですね。 これは「マットレスの構造」を表している言葉なんです。 じゃあ、それぞれどう違うの?というのが今回のお話し♪

    ひらた家具店
    • 7845
    • 33
  3. 古民家・民家の魅力・・・梁

    古民家・民家の魅力には色々ありますが、今回は梁を紹介します。 現在はプレカットが主流で、集成材の梁・米松の梁が主で、国産の松の丸太を 使った梁は本当に少ないですね。 曲がった梁が組み合わされている小屋組みは迫力があります。 この様な古民家・民家を産業廃棄物として、解体するのではなく 現在のライフスタイルに合わせて、リノベーションして再活用する事が大切だと考えています。

    もやい建築事務所
    • 1837
    • 5
  4. ウッドテラスの家・WOOD TERRACE HOUSE

    時の経過と共に味が深まる家 この家のプランニング上の特徴は、1階にリビングがあること。 リビングの接地性を重視しながら、明るく心地よい空間が実現されている。 光を取り込み、木々を配しながら、 外と中が繋がった、気持ちの良い空間を創り出すことを目指しました。 温熱環境をしっかり区切りながらも、 視覚的に繋がり・広がる工夫をこらしています。 スクエアなデザインとなるよう、 構造も含めて様々な工夫を凝らしながら、木を随所に使用し、 都市に居ながらにして、リラックスできる快適な内部空間・外部空間を 創り出しています。 仕上げや色の選定には「経年で味が深まる家」となるよう、 お客様と共に決めていきました。 きっかけは、弊社の設計事例 OPEN TERRACE HOUSE の考え方に共感頂いていたこと。設計事務所に依頼した方が、仕上げや構造などについて、納得のいくまでこだわれるということが始まりです。 特に工夫したところは、北側斜線が微妙に振れているため、どうしても建物のファサードが不整形になってしまうところ、施主様のイメージしていたスクエアなデザインとなるよう、構造を含めて様々な工夫をおこなったことです。また、時と共に味の出る建物となるよう、仕上げや色について、気を遣いました。

    大坪和朗建築設計事務所
    • 2971
    • 12
  5. 日本古来の伝統構法で安心の家づくりを実現。木造住宅の仕組みを解説!

    日本で古来より親しまれてきた木の家づくり。現在も、新築で建てられる家の多くが木造住宅です。今回アイムの家がご紹介するコラムでは「木造住宅の仕組み」について解説します。「安心」と「安らぎ」を併せ持つ木造住宅をご検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

    アイムの家(岡山県)
    • 1182
    • 1
  6. 【1月14・15・22日】2週連続構造見学会開催!!

    呼吸する「木の家」構造見学会開催のお知らせ 2週連続開催!! ①認定低炭素住宅 開場:沼田市東倉内町地内 日時:1月14㈯・15㈰日10:00~16:00 ②省エネ住宅 開場:昭和村地内 日時:1月22㈰日10:00~16:00  完成前の姿が見られるチャンスです!!何を使っているの?地震対策は?口では何とでも言えます。実際にご自分の目で現場を見て安心な家づくりをしてください。

    鞍城建設
    • 620
    • 4
  7. やっぱり在来軸組み工法!このようにして家の骨組みはできるのです。

    鞍城建設の家づくりに欠かせないのが伝統を大切にした工法。構造といわれるいわゆる家の骨となるものには木材を使用します。土台・柱・梁・桁・間柱・大引き・垂木などといった部位からなる家。いわゆる上棟式ではこれらの部位を組み屋根まで作ります。その過程を簡単にご紹介。

    鞍城建設
    • 1131
    • 12
  8. 見た目は大事!でも最後はやっぱり中身で勝負でしょう。基礎編。

    家づくりではいろいろなことを選択して決めていかなければなりません。人生でかなり大きな買い物になるであろう家づくりなので慎重に、でも決めるときは思い切って決断するのも大切です。快適に暮らすためには好みの素材やデザイン、使い勝手のよい間取りは当然大切ですが、それらのすべてを支える家の「つくり・性能そのもの」つまり構造も重要です。ここに失陥があるとどんなにきれいでもすぐに崩れてしまいます。鞍城建設ではより安心で快適に暮らしていただけるように構造にもこだわった家づくりをしています。

    鞍城建設
    • 1200
    • 6
  9. 間口1.5間、奥行約6.5間、木造2階建てのうなぎの寝床の改装工事。

    この住宅は神戸の中心地にほど近い下町で、近隣には阪神淡路大震災を逃れた木造のアパートや住宅が建ち並び、神戸では珍しく昔の風景を残している地域にあった。  築40年のこの建物も、基礎や構造にも特に目立った被害は見当たらなかった。間口1.5間、奥行約6.5間、木造2階建てのうなぎの寝床の改装工事。  家族構成は30歳の夫婦。将来、2人の子供を予定している。 南北に長いこの家は、南側と西側に開口があり、それ以外は近隣が迫っているため、1階のほとんどと2階の北側は真っ暗だった。  昼間過ごすリビングダイニングを2階へ、夜に使用する寝室と浴室を1階へ配置した。1階は廊下と水廻りの間にクローゼットを配置し、クローゼット側壁を間口方向の耐力壁とした。  2階のリビングダイニングは間口方向に耐力壁を配置してしまうと、南側からの採光を遮り、空間までも圧迫してしまう。空間を遮らずに耐力を取れないかと考えたのがほう杖だった。   このことにより、2階の間口方向には外壁である北側と南側の半間以外は無壁で奥行きが繋がる空間が実現できた。   空き家だったこの家が新しい家族を迎え、共に喜怒哀楽の時を過ごし、家族の一員となることを願う。

    阿曽芙実建築設計事務所
    • 2052
    • 8
  10. 家づくりの始まり

    上棟までの材料(構造材)を工場にて刻むこと。これをプレカットと言います。 現在、ほとんどの木造(在来)住宅の土台や柱、梁は工場にてプレカットされたモノを大工さんが建てます。 そのプレカットの工場を見てまいりました。 長さはもちろん、臍(ほぞ)、かま継ぎ、あり掛けなど昔は大工さんが行っていた仕事をほとんど工場の機械にて終わらせることができます。 たまに特殊な作りの家の時は大工さんが自分で刻むことはあります。 (こういう時は上棟が無事終わるまで大工さんはかなり緊張するそうで(汗)) 機械的になって間違えることがなく生産性は向上したと思う反面、少しだけ寂しさを感じてます。

    ハウス工房(株式会社ディアーコーポレーション)
    • 1175
    • 14

おすすめ

話題のキーワード

    30件中 1 - 20 件を表示