手刻み

「手刻み」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「手刻み」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 家づくりの始まり

    上棟までの材料(構造材)を工場にて刻むこと。これをプレカットと言います。 現在、ほとんどの木造(在来)住宅の土台や柱、梁は工場にてプレカットされたモノを大工さんが建てます。 そのプレカットの工場を見てまいりました。 長さはもちろん、臍(ほぞ)、かま継ぎ、あり掛けなど昔は大工さんが行っていた仕事をほとんど工場の機械にて終わらせることができます。 たまに特殊な作りの家の時は大工さんが自分で刻むことはあります。 (こういう時は上棟が無事終わるまで大工さんはかなり緊張するそうで(汗)) 機械的になって間違えることがなく生産性は向上したと思う反面、少しだけ寂しさを感じてます。

    ハウス工房(株式会社ディアーコーポレーション)
    • 1128
    • 14

おすすめ

話題のキーワード