工務店

「工務店」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「工務店」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 無料設計相談会 設計士と一緒につくる、一生に一度の家づくり

    無料設計相談会[完全予約制] 日程 : 9月15日(土)、16日(日)、17日(月) 時間 : 【1】10:00~12:00 【2】13:00~15:00 【3】15:00~17:00 場所 : あんじゅホーム 兵庫県神戸市灘区灘南通3丁目4-20 備考 : ※参加ご希望の方は希望の日時をお伝え下さい ※駐車スペースあります 設計士と家づくりの話をしませんか? 先日、こんなお話しをお聞きしました。 「お家のこと誰に聞いていいか分からなくて・・・」 風邪をひいたら、かかりつけの病院に。車が故障したら、ディーラーさんに。 では、お家のことを相談したいときは・・・?? 住宅会社に行くと営業されそうだし、なんだか不安・・・。 多くの方がそう感じています。 ・家づくりの何から始めたらいいか分からなくて・・・ ・購入検討している土地があるけど本当に買っていいの? ・建て替えとリフォーム、どっちがお得なの? ・外壁が傷んできたけど大丈夫かな? ・お風呂だけキレイにしたいけど、どうしたらいいの? ・小さい工事でも相談に乗ってくれるの? そんなあなたの不安を解決するために設計士による無料設計相談会を開催します。 新築・土地探し・リフォームなど、ご相談内容はどんなことでも構いません。 ぜひこの機会をご利用ください。 相談会にご参加いただくと、こんなメリットがあります ・住まいづくりのスケジュールを知っていただくことができます。 ・住まいづくりに必要な資金計画を知っていただくことができます。 ・理想の住まいを叶える間取りを知っていただくことができます。 ・理想の土地の探し方を知っていただくことができます。 ・信頼できる工務店の見極め方を知っていただくことができます。 住まいづくりとは本当に難しいものです。間取りやデザインだけでなく、大切なお金のお話しや土地のお話しなど、無料設計相談会で私たちと住まいづくりについてお話しをしませんか? 現在のお困りごとやお悩みをお聞きして、その場で私どもが情報の整理をいたします。 そうすることで、より具体的な解決策をご提案することができます。

    あんじゅホーム
    • 583
    • 10
  2. <建築家の工夫>平屋でも安心!!開放感のある暮らしの提案をいたします。

    平屋でも安心して暮らせる家の作り方があります! 安心と開放感を両方合わせもつ家づくりの工夫をご紹介します! 外部には、安心感のある壁を作り、室内には、2つの中庭のある開放感のある空間をつくりました。 2つの中庭は、外部でありながらも、木製建具のガラス越しに内部空間と一体化し、開放感をもたらしています。この中庭を介して緩やかにスペースを分けながら、光と風を導くワンルームプランを目指しました。

    有限会社ますいいリビングカンパニー
    • 1685
    • 3
  3. 吹田の家リノベーション(やわらかなモノトーンの家)

    「やわらかなモノトーンの家」 大阪府吹田市のにある築38年、延べ床面積91㎡の2階建て住宅のリノベーション の計画です。 周囲は、住宅が隙間なく立ち並ぶ都市型分譲地です。 都市であるため、土地の単価は高くなかなか新築を建てるのは難しいため 今後、リノベーションの機会も増える地域です。 1981年以前に建てられた住宅は、旧耐震基準であったため、構造的な改修も 必要となった。 そのため、内部はスケルトン状態とし、耐震改修と断熱材の総入れ替えを行った。 しかし、ところどころに昔の素材を残すことにも配慮した。 クライアントのご要望は、周囲が住宅に囲まれた旗竿地であったため、採光と風の とりいれと、その光や風を空間に取り入れた際のやわらかなイメージの空間でした。 そこで、もともとの間取りは1階がリビングであったが、採光と風を取り入れるため、2階をリビング空間とした。 床や壁、天井などは、色をベースに光の反射を暖かくする色を選んだ、また、アクセント にグレー色を取り入れ空間に与える存在感を極力なくすデザインとした。 濃い色の家具を持たれていたのもあり、存在感を無くした空間に家具を配置した際に 馴染む空間を心掛けた。 また、この空間には昔使われていた、タイルや建具を再利用し、どことなく懐かしさも 感じることができる空間となった。

    アルツデザインオフィス(ALTS DESIGN)
    • 1757
    • 11
  4. 子育て応援!現役ママの設計士がママ目線で、間取り・デザイン・メンテ・ランニングコストにこだわり設計した木を感じる家です。

    建築家が設計した、目を引くような凝ったデザインではないかもしれません。ハウスメーカーのような高級感のある演出はないかもしれません。最優先で考えたのは一番長く家にいるママの使い勝手と子育てのしやすさ。そしてこれから何十年のランニング・メンテナンスコストが抑えられることと、飽きのこないデザイン。もちろん、基本性能はしっかりと押さえた上で、上質な材料や最先端の設備を取り入れ、便利さも一切妥協しておりません。理想の家づくりは「ストレスを感じず、空気のように住み心地を意識しない家」。そんな家づくりを目指しております。 【こだわりの仕様】 ■安心の省エネ等級4・耐震等級3相当(ZEH・スマートハウス対応) ■お子様見まもり、安心の「外でもドアホン+防犯カメラ」 ■省エネ最高等級樹脂サッシ(Low-e複層ガラス) ■便利なスマートKEY玄関ドア ■雰囲気抜群のブラックチェリー突板フロア ■長期間ノーメンテ高耐性塗装の外壁材NICHIHA「Fuge」 ■超高耐久ガルテクト屋根 ■宅配BOX付機能ポスト

    共和木材工業株式会社
    • 2165
    • 50
  5. 【期間限定 一般公開!】ミキモク・ケイミュー コラボ展示会 2018年7月27日(金)〜29日(日)

    大手家具メーカーのミキモクと、大手建材メーカーのケイミューによるコラボレーション展示会です。 家と家具を一緒に買い揃える事で、統一感が出せ、失敗しない家作りが出来ます。 家具を住宅ローンに組み込むこともでき、また工務店様やビルダー様の差別化ができます。今回新しく、ビルダー様向け家具ブランドを立ち上げ、ビルダー様でも簡単に家具を扱えることを知っていただきたいと思います。

    田村駒エンジニアリング株式会社大阪支店
    • 860
    • 10
  6. <ナチュラルインテリア>家族図書館のある南向きパッシブハウス

    閑静な住宅地の中にあるT様邸。約63坪(通路部分17.8坪含む)の広い敷地に建つ邸宅です。 分譲地の一番奥の敷地であり、いわゆる旗竿地形状。前面の道路の通行量は少なく、ゆったり配置の設計が可能な敷地です。接道は東向きですが、車の進入部分を除くと建物としてはどっしりと南向きに配置することができます。 ただし、南側隣地に事務所倉庫が建つため、プライバシーや日射を検討する必要はありました。旗竿形状の土地は、車はバックで進入する形状であることから、建物に対して縦列での駐車形状となります。またプライバシーや日射のことを考え南側隣地の建物との距離をなるべく離して配置したいと考え、南側敷地境界から約4mを建物間口全体でどんと離して検討していきました。そうすることで4m(公道と同じ幅)の空地ができ、しっかりと日射を確保しつつプライバシーが守られる建物設計が可能となりました。 LDKとこだわりの「家族の図書館」をどこに配置していくのか?検討した結果、2階LDKでしっかりと南に開いて天井を高くした開放的な空間をつくり、広い玄関ホールから自由に出入りできる多目的な空間として「家族の図書館」を配置していきました。 建物形状をL型にすることで北側に裏庭スペースができて、住んでからの楽しみの余白もしっかりと確保した、「育てていく家」をコンセプトに楽しんでいただけるお家がまたひとつ完成しました。

    タイコーアーキテクト
    • 2438
    • 23
  7. 【明石市朝霧】居心地のよいお家づくりの秘訣が分かる 完成現場見学会

    ~ 居心地のよいお家をつくるポイントはたったの3つでした。~ 明石市朝霧南町3丁目6-3 完成見学会のお知らせ 6月16日(土)・17日(日)2日間限定 10:00~17:00 1.夏は涼しくて、冬は暖かいこと。 夏場は太陽の日差しをさえぎり、じめじめとした湿気を取り除いてくれる。 冬場は太陽の恵みをしっかりと浴び、家中のどこにいてもポカポカと暖かい。 2.光、風、緑。自然を感じることができること。 大きな窓は庭へとつながり四季を感じられ、変わりゆく風景を楽しめる。 3.ライフスタイルに合わせた間取りであること。 家族が集まるリビングでは自然と会話が増え、笑顔が増えていく。 広すぎず、狭すぎず。気配を感じながらも、ゆったりとくつろげる。 居心地の良いお家をつくるには、たった3つのポイントを知るだけ。 そして一番大切なのは、実際に体感することです。 見学会会場で居心地のよい家を体験してみませんか?

    あんじゅホーム
    • 2111
    • 11
  8. 下戸山の家リノベーション(古民家カフェみたいな日本家屋リノベーション)

    「田の字の家」周囲には田園風景がひろがる築53 年80 坪の日本家屋。 若い夫婦と子が住居として日本家屋を購入しリノベーションをすることとなりました。 53 年前の日本家屋を新しい生活の場として次の世代へ住み継がれていくことをコンセプトとし、古く良き モノと新しいモノとを調和させ、そこに中間領域を織り交ぜたような住宅はできないかと考えました。 まず築53 年の中で増改築された部分を取り除き、本来の日本家屋の様式である田の字の空間に戻し ます。そこに必要な空間のボリュームを落とし込んでいきます。そうすることで、必要のない空間(余白の空 間)が生まれます。そこに私たちは、外的要素を挿入していくことを試みました。 元々和室だったところを坪庭にしたり、縁側を外部に⾒⽴てたりすることで様々な要素が織り交ざりあう空 間の心地よさを作り出しました。 昔からある素材を残しつつ空間を新しく作りなおし、そこに外部的要素を挿入することで 豊かな暮らしを生みだしています。

    アルツデザインオフィス(ALTS DESIGN)
    • 2480
    • 25
  9. 【神戸市西区春日台】モデルハウスグランドオープン!!こだわりを実現した上質な素材とオーダーキッチンの家

    日程 : 4月14日(土)から4月30日(月) 時間 : 10:00~17:00 場所 : 神戸市西区春日台 ※平日ご予約制 「家は小さくてもよかったんだ。」 と、驚いてください。 このモデルハウスを見れば、 あなたの家に対する常識が180度変わります。 「モデルハウスの見どころ」 心地よい住まいは、家の大きさや部屋の帖数では計れません。 休日は明るいリビングのソファーに腰掛け、遠くの風景をそっと眺める。 ダイニングにつながるウッドデッキで、緑に囲まれて家族とバーベキューを楽しむ。 家を小さく立てることで敷地にゆとりが生まれ、 光や風、庭の緑、そんな自然の恵みを豊かな暮らしに招き入れることができます。 「ちょっと小さめ、だけど最高に気持ちいい。」 SUBACOではそんな新しい家づくりのご提案を行います。 「体験しないままでいいですか?」 私たちが本当にお伝えしたいことは、飾り立てた言葉では表現できません。 モデルハウスの「心地よさ」をあなたにぜひ体験していただきたいのです。 SUBACOがつくる、モデルハウスへご招待します。 ぜひご覧になってください。

    あんじゅホーム
    • 2349
    • 11
  10. 土間から直接リビングイン!いま、多くなっている動線について考察

    『土間のある暮らしがしたい』というお声が増えていますね。 今回も、実例を交えながら、メリットデメリットをおまとめしてみまいた。 新築だけではなくて、リフォーム、リノベーションされる際も【土間空間を作る】参考になると思うので、どうぞ。 そのほかにも、よく聞かれることは、instagramにまとめていますので、気になるかたは、instagram(@himawari_kobo)へもアクセスしてみてくださいね。

    暮らしの設計士 あず(ひまわり工房)
    • 9345
    • 14
  11. タオルかけは、どこにつけるのがいいだろう?

    新築に限らず、リフォームや大型リノベーションでもよく聞かれる【水回りアクセサリー】配置のお悩み。 今日は、『タオル掛け』に絞ってお話をまとめました。リフォームされる際も参考になるので、どうぞ。 そのほかにも、よく聞かれることは、instagramにまとめていますので、気になるかたは、instagram(@himawari_kobo)へもアクセスしてみてくださいね。

    暮らしの設計士 あず(ひまわり工房)
    • 17858
    • 60

おすすめ

話題のキーワード

    485件中 1 - 20 件を表示