タイルのアイデア(20ぺージ)

タイルとは、建築資材の一種で、お馴染みのキッチンや浴室など、特に水回りの床や壁に欠かせないものです。 毎日目にするため、機能性だけではなく、デザインにもこだわりたいですよね。 ここでは、そんなタイルの張り方やおしゃれなタイルの選び方をご紹介します!

  1. これなら簡単に注文!DIYトレンド「サブウェイタイル」のD.I.Y. TILEオンラインショップでの徹底買い方ガイド!

    春到来!少しずつポカポカし始めもうすぐ4月を迎えます! 暖かくなってくると外にも出たくなりますが、DIYerさんはDIYシーズン到来といった感じなのではないでしょうか? D.I.Y. TILEでは、今まで職人性の強かったホンモノの焼物のタイルをもっともっとDIYに取り入れて頂きたく、シールで簡単に貼れさらに目地付のタイルシートを販売しています。 その中でも最近大人気なのが、2月に発売されたサブウェイタイル「ベント」です。サブウェイタイルはN.Y.の地下鉄構内の壁に貼られているタイルで、アメリカではバスルーム・洗面・キッチンなどに多く使用されています! 1枚1枚貼っていく楽しさや仕上がりの満足感など、サブウェイタイルをDIYすることによって得られる満足感はいっぱい♪ そんなサブウェイタイルのD.I.Y. TILEオンラインショップでの買い方徹底ガイドを解説したいと思います!Let's D.I.Y.!!!!!

    D.I.Y. TILE
    • 15095
    • 91
  2. ウェブマガジン「homify」でつばさの家が『トイレの壁紙ってどう選ぶ?』の事例として

    つばさの家のトイレが、ウェブマガジン「homify」で『トイレの壁紙ってどう選ぶ?』の記事内に事例として取り上げられました。他の事例は壁紙で、つばさの家だけ、エコカラットタイル。エコカラットの脱臭効果などを説明してくれています。

    シーズ・アーキスタディオ
    • 3350
    • 15
  3. 高円寺×ヴィンテージ。変わり続けるリノベーションDIY住まい

    【木の壁・木の棚・木の窓。いつでもDIYできる“未完成”2LDK空間】 リノベーション済みマンションを購入し、さらに自分好みのお部屋にするためリノベーションを施したお施主様。 以前の住まいも、新たな住まいも高円寺。 とことんこの街に惹かれ、手に入れた自分らしい住まいのテーマは「木を多く使った空間」でした。 カーペット床は全て無垢のフローリングに張り替え、さらに壁の一部にもアクセントとして用いました。 湿度や経年による木の変化も、「それも味わい。歪みや刷毛ムラや木目、そんな変化を面白がれる住まいにしたかった」とお施主様。 玄関の土間モルタルからつづくウォークインクローゼットの棚は、ポリ合板から全て無垢板へ。 やすりがけしたあとオイルステイン塗装を施し、ヴィンテージな味わいを楽しめる空間となっています。 そういったDIYを壁、床、室内窓枠などにも施せるようはじめからプランニングしてあるため、常にどこかに手を入れる“余白”があるのが嬉しい「未完成空間」となっています。 【“余白”に合わせる。タイルやガラスもヴィンテージなテイストへ】 もうひとつのテーマとしてあったのが、「高円寺に似合うヴィンテージなテイスト」というコンセプト。 リビングから続く2つ居室の建具はすりガラス入りのものと、赤と緑が鮮やかなステンドグラス入りのものを選びました。 「木の感じはまだ新しいけれど、DIYで各所をエイジング加工していくうちにガラスのレトロな感じと合ってくる」それを見るのが今から楽しみだというお施主様。 さらに洗面シンクまわりにもレトロな色合いのタイルを張り、もともとのリノベーション済みだった既存を上手に活かしつつ、好きなテイストを住みながら追求していけるDIY好きにたまらないリノベーション空間を手に入れました。

    Cuestudio(キュースタジオ)
    • 4440
    • 13
  4. フロアタイルを並べるだけで、ビンテージウッドフローリングに早変わり!

    お部屋のなかで大きな面積を占める床は、色味や質感が変わるだけで印象が大きく変わりますよね。クッションフロアーシート(以下CFシート)を使うのも安価でお手軽な初心者向けの方法ですが、今回は本格的なビンテージウッド柄のフロアタイルをご紹介します。玄関回りやリビングなど、来客のあるところを変えてワンランク上のインテリアでお客さまをお迎えしましょう。

    住まいの大学
    • 8345
    • 62
  5. 難しいことは一切ナシ!焼物タイルという本格派を、シールという手軽さで♪D.I.Y.TILEの注文方法から貼り方まで解説!

    春到来♪DIYの季節がやってきました! ガーデン系、小物系などDIYといってもいろいろとありますが、今回はアクセントでタイルが楽しめるD.I.Y.TILEのタイルシートの注文方法から貼り方までを徹底解説します! 目地付&裏面がシールのD.I.Y.TILEのタイルシート♪ うら紙をはがしたら、ペタっと貼るだけ簡単DIY! 本施工のタイルの場合、接着剤・目地、さらには養生をするのがとっても大変!なかなか手が出なかった本物の焼物タイルですが、安心してください!誰でも簡単に貼ることができます! タイル風ではありませんよ!ひんやり手触りの本物タイルです♪ Let's try!!!!!!!!!!

    D.I.Y. TILE
    • 6580
    • 43
  6. 【年々、綺麗な色のタイルが少なくなっています。】

    長年ずっと使っていたモノも、ビビットな色から、どんどん廃盤になっていきます。残るのは、見たことのあるような薄くて、くすんだ色ばかり・・・。 いろんなメーカーのカタログを見ても、似たような色ばかりで、違いもよくわかりません。(OEMで、同じ釜で焼いている場合も多いのですが・・・) でも、メーカーさんが悪いわけではありません。 いい色の素晴らしいタイルを作っても、ちょっとしか売れないんです。 大量に売れるのは、先ほどの似たり寄ったりの色ばかり・・・。 タイルの色決めは、難しいもので、カタログやサンプルで選んでも、実際に壁に張ってみると、大きさや光の具合、角度などで最初のイメージと違ってきます。 実際に建物に張ってしまうと、これから、何十年ものお付き合いになりますので、どうしても、失敗しないように、より保守的で、安全な色を選びがちです。何度も選ぶ機会があるわけでもないですし・・・。 安全パイのチョイスで、すでに気持ちが後ろ向きですので・・・、実際に出来上がりを見て、想像以上に良かったということは多くないかもしれません。 ということで、一つ提案。 タイルを2つまで絞って、選択を悩んだら、よりビビットで、自分が好きな色に決めましょう・・・。 実際に壁にタイルを張って面積が広がると、基本的には、サンプルよりも色を明るく(薄く)感じますので、自分の想像以上に派手になることはないはずです。 なるべくたくさんビビットな色を使かって、いい色のタイルを増やしていきましょう。

    (株)独楽蔵 KOMAGURA
    • 2230
    • 5

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    727件中 381 - 400 件を表示