塗装のアイデア(7ぺージ)

「塗装」と一口にいっても、塗装器具や塗装対象によって、塗装方法は様々です。塗料にも様々な性質のものがあり、その目的に沿って使い分け、或いは重ね塗りが行われます。自分の手で塗装できるようになっていれば、DIYや傷の補修でも役立ちますね。ここでは、塗装に関するアイデアを事例も交えながら紹介します。

  1. 現状復帰可能!テイストが合わなくなったテーブルを簡単イメチェン!

    部屋の模様替えをガラッとすると家具のテイストが全く合わなくなったり違和感がでたりしませんか?? でもその都度テイストが合うように家具を買い換えるって難しいですよね?? 我が家はいつも思いつきで模様替えするんですが、模様替えしたい気持ちとお財布事情は相反して…(^_^;) ということで現状あるもので、しかもまた模様替えした際にどうにでも変身できるように現状復帰出来る、テーブル簡単イメチェンをしました!!

    K.T.W.S
    • 11871
    • 24
  2. 〔ROOMBLOOM〕の正しいウォールカラーの選び方セミナーが目から鱗!自分の好みの色を見つけよう

    〔ROOMBLOOM〕は、ペイントをもっと身近にするために、塗料メーカー〔日本ペイント〕が2013年に立ち上げたペイントブランド。「暮らしを考えるペイント」をコンセプトにして、ペイントを単なるモノとしてだけではなく、暮らしにどうつなげていくかを考えながら、さまざまな活動を行なっています。今回は、新宿にある〔ROOMBLOOM〕のショールームで開催されている1コインワークショップに参加し、ウォールカラーの選び方について教えてもらいました!

    LIMIA DIY部
    • 16609
    • 70
  3. 市販のポールハンガーをアメリカンにリメイク💪

    天井に突っ張って使えるポールハンガー。 誰でも簡単に設置出来ますし、場所も取らない とても便利な物なので使用されてる方も多いかと思います。 しかし、市販の物は大抵白やブラウンなど味気の無い物ばかりで見た目がちょっと。。。 なので今回は塗装の一手間加えて、アメリカンで男前なポールハンガーに仕上げてみました♪

    K.T.W.S
    • 49064
    • 55
  4. DIYで大人気の塗料グラフィティーペイントの魅力とは?種類や実例ご紹介

    DIYに欠かせない塗料の中でも人気が高い「グラフィティーペイント」。ウォール&アザーズ、屋内外のペイントに大活躍のフロア用、各種下塗り用や劣化防止にもなるクリアなど、用途ごとにさまざまな種類のグラフィティーペイントが選べます。ここでは種類ごとの特徴や実例などもご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

    LIMIA DIY部
    • 14357
    • 143
  5. 【dollar bill greenのショットバー&sun porchのヘアサロン】

    写真は天井、壁、棚などすべてを[dollar bill green] 色で仕上げたショットバーと、鏡の上下を [sun porch]色で塗ったヘアサロン。日本の色でいうと深緑と山吹色に近い色です。 [dollar bill green] [sun porch] は、アメリカの塗料 「ベンジャミン ムーア」の色の名称です。色のバリエーションも多いのですが、一つ一つの色の名前がついていて、色見本を見て選んでいると、それだけでそれぞれの色から物語が生まれそうな感覚になります。 日本の建物では、まだまだペンキ仕上げが少ないですが、とってもいい雰囲気を作ることができるのでいいかと思います。特に、リフォームやDIYなどには、オススメ・・・。

    (株)独楽蔵 KOMAGURA
    • 437
    • 3
  6. 100均の木箱が、塗装だけで見違える!

    DAISOの100円木箱。 そのままでも、十分可愛いんですけど 無塗装なモノって 日当たりや湿度などで、 微妙~に色が変色して来たりするんですよね‥‥ ★ そんなコトがあったので 最近は劣化してから塗り直すよりも はじめから色付けするようにしています (^^) bGood! しかも はじめからアンティーク風にしておけば 劣化が目立たない!(笑) そんな「我が家流アンティーク風塗装の方法」について 書いてみようと思います ヽ(^^*) では詳細を‥‥   ↓

    我が家
    • 68102
    • 288

あなたにおすすめ

403件中 121 - 140 件を表示