不動産会社

「不動産会社」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「不動産会社」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 【比較が大事!】我が家はいくらで売れる?家を売るきっかけとは

    転勤や結婚、相続などをきっかけに家を売るという方も多いかと思います。そこで気になるのが「我が家はいくらで売れるのか」ですよね。家などの不動産を売却する際には、比較がとても重要になります。家を高く売るためのポイントなどを紹介していますので、不動産売却にお役立てください。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 176776
    • 548
  2. 「物件の募集図面」を見れば不動産会社の裏側が手に取るようにわかる!

    不動産の募集図面には、お客さんは見ることのできない秘密の暗号が隠されていることをご存知でしたか? その暗号の意味がわかれば、お客さんには見えないところでやり取りされる「お金の流れ」が理解できます。私たち消費者が、不動産の取引で後悔することのないよう、自分の身を自分で守るには不動産業者の手の内を知ることが大切です。それがわかれば、少なくとも彼らの意のままに誘導されてしまうということは防げるはずです。

    住まいの大学
    • 3949
    • 55
  3. お客さんだけが知らない! 普通の物件を「最高」と思わせる不動産仲介マンのストーリー営業術

    不動産会社の営業マンが、賃貸物件の内見を案内するとき、どういう順番で物件を紹介するのかご存知ですか? 実は、その順番にはセオリーがあります。営業マンが「この物件で契約させたい」と考えた物件を、お客さんが「いい物件を見つけた!」と喜んで契約してくれるようにするための戦略があるのです。自分が本当に納得して部屋を選ぶことができるように、営業マンの戦略について知っておきましょう。

    住まいの大学
    • 3419
    • 14
  4. 中古住宅探しで営業マンや売り主に聞いておかないと後悔する15のリスト

    理想の中古住宅を見つけるには、実は、ヒアリングや質問する力が大切になります。家探しを成功させるには、まずは良い営業担当者と出会うことが重要ですが、良い担当者を見抜くことはヒアリングや質問をすることによって可能になります。また、理想の物件かどうかは、売り主やマンションであれば管理人などに話を聞いて判断する必要があります。ここでは、良い営業担当者を見きわめ、理想の中古住宅を見つけるためのヒアリングと質問のポイントについてお話しします。

    住まいの大学
    • 1161
    • 10
  5. 【大島てる】圧力があっても削除しない! 大島てるが事故物件にこだわる意外な理由とは?

    不動産を買う人、借りる人はもちろん、大家さんにとっても、最も避けたいもののひとつが「事故物件」ではないでしょうか。物件を買う人、借りる人、さらには不動産会社や不動産投資家までに実用サイトとしての認知を広げているのが事故物件公示サイト『大島てる』。その運営を行なう大島てる氏にお話を伺いました。第1回目は、サイト開設の経緯や掲載基準などを伺いました。圧力があっても、お金を積まれても掲載した事故物件情報は削除しないという大島てる氏の意外な真意とは?

    住まいの大学
    • 4811
    • 4

おすすめ

話題のキーワード