塗料

おしゃれなDIYで必須なアイテムといえば、塗料です。最近では、ダイソーなどの100均でも購入できます。こちらでは、塗料の種類や使い方といった基本情報のほか、100均アイテムを塗料でリメイクや塗料で外壁をリノベーションした例などのアイデアを豊富に紹介しています!

  1. キッチンカウンターをDIYしよう!作り方やカフェ風リメイクアイデアもご紹介

    キッチンカウンターがあると収納やディスプレーなど、さまざまな点でとっても便利! 何よりキッチンをこだわりの空間に変えることもできます。ここではDIYでキッチンカウンターをいちから作るアイデアや、DIYテクニックで好みのテイストにアレンジするアイデアをご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

    LIMIA DIY部
    • 68463
    • 1053
  2. お好きなカラーで塗ってみて( ´͈ ᗨ `͈ )◞♡⃛簡単リメ鉢✨

    植木鉢❗️といえば… 土入れて植物入れて植え替える✨ 植木を入れる鉢だから?【植木鉢】💦 ここ最近は可愛い多肉ちゃん☘ サボテンさん🌵なんかを植えるのにも人気ですよね✨ 植木の他にも リアルなフェイクグリーンや小物なんかを入れて 飾る方も増えてるかなと(♥´꒳`*) そこで… お手軽 簡単に出来るリメ鉢作ってみました✨

    niko
    • 40613
    • 300
  3. お庭だっておしゃれに変身♪さっそく挑戦したいガーデンDIYのアイデア特集

    庭のDIYと聞くと何を想像しますか? 実は、庭のDIYは室内と違い広さや植栽など変えられない部分も多く、自分の作りたい庭の参考となるイメージをつかむことが難しいことが多いとされています。そこで今回は、初心者から上級者まで試してみたくなるDIY事例をご紹介! ぜひ試してみてくださいね♡

    LIMIA DIY部
    • 25169
    • 338
  4. 100均リメイク~KUMIMOKU塗料で簡単カフェトレイづくり

    ホームセンターの塗料コーナー たくさん並んでいますよね。 我が家は木本来の素材を出してくれる 「オイルステイン」をあちこちに使用しています。 油性のオイルステインは木目を引き立て、ツヤ感はっきりの人気の塗料。 リビングのカウンターテーブルの天板に使用しています。少し匂いが強いので屋外使用がお勧めです。 また、ステイン塗料には水性もあります。こちらは匂いがなく、ツヤ感もありません。室内でも使用出来きます。 油性か水性、どちらを使うかは 用途によって検討してみてください。 今回は、KUMIMOKUから発売された水性ステインを試してみました。 参考になれば嬉しいです。

    and_a_plus
    • 35888
    • 206
  5. ***海外インテリアのキッズルーム風のボーダーペイントウォール♪壁紙の上に塗る塗料選びの注意点

    部屋の大きな面積を占める壁。壁を模様替えするだけで、インテリアの印象が大きく変わります。キッズスペースの壁に貼った、グレー単色の壁紙をペイントで模様替えをしてみました。その時に筆者がしてしまった失敗も合わせてご紹介いたします。

    ehami123
    • 44343
    • 364
  6. 玄関部分が大変身!?チョットした物を置いておける収納スペースを作ろう( *´艸`*)

    家に入ってすぐに鍵を置けたり、塗れたレインウェアーを掛けておける場所、欲しいですよね(*゚▽゚*) でも、ウチにはそんな物を置けるスペースは無いのよ…(゚д゚) そんな方にお勧めしたいのが、壁に収納を作る事。 最近はディアウォールやラブリコなど、突っ張りDIYアイテムも出ているので 壁を傷つけたくない方にも出来ちゃいます! DIYでステキな玄関プチ収納作ってみませんか?(*`ω´*)

    カンペ ハピオ
    • 62141
    • 303
  7. 【DIYショップ巡り #3】迷ったらこれ!DIYショップ〔tukuriba〕で「今人気の商品」とは?

    DIYパーツやタイル、木材、ペンキ、グリーンなど、幅広い商品が取りそろい、ワークショップや木工検定を開催しているDIYショップ〔tukuriba(ツクリバ)〕。店内はDIY好きなら心踊るような魅力的なアイテムであふれています♪ その中から、今人気の商品や、心がはずむ商品の数々を一挙にご紹介します!

    LIMIA DIY部
    • 23060
    • 196
  8. 埋め込みのガスファンヒーター~夏場用の室内カバーを廃材で作ってみました

    我が家の暖房(リビング)は ガスファンヒーターを使用しています。 初めて聞く方もいらっしゃるかと思いますので簡単にご説明します。 ガス栓にコードを接続して、暖をとる方法で灯油の必要がありません。 また、点火・消火時の臭いがほとんどありません。 特に取り付けて良かったのは、点火が早くて直ぐに温風がでる点。 ただ、ガス栓からコードを引っ張り繋いでいるため一年中ヒーターは定位置。 ヒーターを片付けられないのが悩みです。 今回はその悩みを解決するため 廃材を使ってカバーを作ってみました。 良かったら、参考にしてみてください。

    and_a_plus
    • 35843
    • 52

おすすめ

話題のキーワード

    127件中 1 - 20 件を表示