造作棚

「造作棚」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「造作棚」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 人も猫も幸せ。…って、猫が幸せなら私も幸せ! そんな人のためのリノベ集

    賃貸ではなく家を持つことのメリットのひとつに、大切な家族であるペットとの暮らしが自由に営める、ということがあります。せっかくなら、ペットにとっても暮らしやすい家にしたいもの。昔と違って外に出すことなく、ずっと家で飼う猫の場合は、ことさら室内環境は大切です。そんな室内環境にこだわった、猫大好き!なお家のリノベをご紹介します。

    スタイル工房 stylekoubou
    • 7215
    • 93
  2. デザイン×子育て。クリエイティブなご夫婦が暮らす本に囲まれたリノベーション住まい

    【室内窓・造作棚。クリエイティブかつ家族の会話がはずむ暮らし】 エディトリアルデザイナーであるS様ご夫婦が、お子様の成長に合わせて新たに住まい探しから行った中古マンション購入+リノベーションの事例です。 中心となるのは10.2帖のリビング・ダイニング。隣接する書斎兼仕事部屋とは室内窓でつながり、ゆるやかに仕切られた空間はいつでもご家族の様子を感じることができ、家族のコミュニケーションが自然と増えるといったメリットを心おきなく満喫できる空間です。 淡くあたたかみのあるナラ樫の床材はどの空間にも自然と溶け込み、しっとりとした質感が、素足で歩く際やお子様が玩具で遊ぶ際にも気持ち良い肌触りを与えます。 【キッチンをそのまま活かす案へ。柔軟なリノベーションプランで暮らしやすさUP】 お仕事でも趣味でも、雑誌や書籍などを頻繁にご覧になるS様ご夫婦。様々なサイズの本がしまえる棚を書斎兼仕事部屋に造作し、カラーアクセントの壁が引き立てます。 自転車が趣味でもあるS様が、愛車を合板の壁にかけて飾ることのできる玄関は特別な空間でもあります。 そのほか、洗面スペースはグレーのモルタル仕上げのシンクを採用し、さらに艶有りのフロストタイルの目地をグレーにするなど、ここに散りばめられているのは奥様のこだわりです。 キッチンスペースは既存のものを活かしてコストを抑えつつ、パントリー扉などのカラーリングを変更することで、全体のコーディネートとのバランスを再調整打。 実は当初の一番のこだわりだったのがキッチンでしたが、打合せを重ねるうちに現在の形へ変更。 コストを節約しながらその分他のこだわりに振り分けることができたため、スイッチプレートや照明、家具なども特徴的なものを選び、至るところにクリエイティブなこだわりが散りばめられた子育てリノベーション住まいとなっています。

    Cuestudio(キュースタジオ)
    • 2897
    • 23
  3. POP×50's

    ミステリアスな家具や小物に惹かれがちというご夫婦が部屋づくりで目指したのは、 「50'sレトロ×POP」な世界観。 最初に目に飛びこんでくるのは市松模様のフローリング。 ロンドンのバーリントンアーケードを意識してあえて斜めに張るなど おふたりのこだわりが光っています。 棚の奥の壁にはサックスブルーを使用し、部屋の随所から1950年代のアメリカンポップスを感じられる空間です。

    nuリノベーション
    • 1904
    • 15
  4. 異なるソザイの融合空間/中古でリノベ

    かさなるソザイ 玄関を入ってすぐ左に、白い引き戸が続くホールが現れます。 するすると扉を開けると、寝室とWICが2つずつ並び、反対側のバスルームには、洗面、シャワールーム、そして浴室を同居させました。  壁は白、床はライトグレーのタイルで統一し、アメリカにあるようなバスルームをイメージ。 LDの中心に置かれたキッチンは、天板が木、側面はモルタルという異素材を組み合わせたオリジナル。 リビングの一角に設けたワークスペースは、ベイマツのシェルフでLDと緩やかにつながれています。 全ての部屋の天井を現しにすることで、どの部屋にも調和が生まれ、色んな素材の深まりを、時の経過と共に感じられる空間・・・ かさなるソザイの完成です。

    中古でリノベ
    • 891
    • 4
  5. 間仕切りにもなる造作棚/中古でリノベ

    ヨーロッパが生んだ東洋の美 風が部屋中に渡るよう天井まで延びる本棚を間仕切りとし、LDKと寝室スペースを分けたプランです。 LDKには、どこか懐かしい深い色合いの無垢栗のフローリングを敷きつめ、幾何学的な木組み格子の造作本棚は、約8メートルの長さに。 将来生まれてくる子供の為の部屋と、ご夫婦の寝室には格子の引き戸をつけました。 大きなカウンターのあるワークスペースは、家族みんなで並んで仕事や宿題を片付けられます。 そんな東洋の香り漂う空間のご提案です。

    中古でリノベ
    • 1884
    • 13
  6. SIMPLE×MOKU

    奏でるモクキッチン ブラックで塗装されたパーティションが印象的な土間を抜けると、 目を惹くのはさわやかなブルーグレーのアクセント壁。 建具や個室内にポイントで淡い色味をさりげなくプラスすることで全体的にシンプルさは保ちつつ、 遊び心も感じられるようなデザインに仕上げました。 お二人の”好き”を丁寧に織り交ぜながらつくり上げた、木の香り漂うお宅が完成です。

    nuリノベーション
    • 1569
    • 8
  7. 天井まで続く造作棚/中古でリノベ

    異なる床材の共鳴 リビングの床をリザードパープルのカーペットに、ダイニングの床を無垢オーク張りに張り分けた2LDKプラン。 部屋の中で一際存在感を醸し出す3mの造作キッチンでは、夫婦で並んで料理が 楽しめるよう広々としたつくりに。 リビングの壁一面には、天井まで伸びる造作の壁面棚を設けました。 お二人の思いでの小物や本などが丁寧にディスプレイされています。 この異なる素材で構成された2つの空間が、 お互いに共鳴し合いお二人の「プライベートギャラリー」の完成です。

    中古でリノベ
    • 1606
    • 7
  8. easy&cozy

    本棚×アーチ やすらぎのすみか カラダを休めるスペースとココロを休めるスペースで、空間を左右に2分割した2LDK+WICプラン。 寝室でゆっくりカラダを休め目覚める休日の朝。無垢オークを市松張りにしたLDへ入ると、目に入るのは麦わらのパネルで囲ったキッチン。 そのあたたかみのある雰囲気と、ブルーグレーのアクセント壁が北欧を思わせます。 朝食を済ませ、ご主人が決まって向かうのはのリビングのソファ。 造作の本棚から一冊選び、ここでゆったりと読書をするのがココロ安まる時間です。 カラダとココロ。そのどちらにもそっと安らぎを与える家が完成しました。

    nuリノベーション
    • 1397
    • 10
  9. エイジング/中古でリノベ

    時を重ねて楽しむ ガラスの内窓が取付けられた奥様専用の仕事部屋からは、キッチンで料理をする 旦那様と、リビングで遊ぶお子様の姿が見えます。 ご主人こだわりのキッチンは、壁に沿って斜めに設置。 腰壁はモルタルで、天板は木でつくり、時を重ねる度に素材の味わいが深まります。 リビングには家族の思い出の品が年々増えていく、壁一面の造作本棚が。 これから、家と共に家族の時を刻んでいくことでしょう。

    中古でリノベ
    • 1368
    • 8
  10. ディスプレイして楽しむ?機能的に収納する? リノベするならお勧めの【造作収納】

    持ち物が増えるたびに増えていく家具や収納アイテム。家の中が雑然としている、片付かない・・その原因は、アイテムの揃わない家具などの箱ものかもしれません。おうちが片付かないのをきっかけにリフォームに踏み切られるお客様が実はとても多いのが現状。 収納の見直しをしたい方にお勧めなのが造作収納棚。片付かない悪循環を一旦リセットして、家の収納を見直してみませんか?

    リフォームプライス〔ホームテック(株)〕
    • 3407
    • 11
  11. 家族の時間/中古でリノベ

    ライフスタイルに合わせて間取りを変えていける1LDKプラン。 玄関を開けると奥様お気に入りの絵や画集を飾ったギャラリーを中心に左右に分かれた間取りになっています。 左へ進むと、床材としては珍しい無垢ベンチークを敷き詰めたリビングダイニングが広がります。 リビングの一角には、将来お子様の部屋に生まれ変わる小上がりスペースを配置。今は、家族の寛ぎスペースになっています。 ギャラリーの反対側には、家族のプライベートスペース。将来2部屋に分けられるように、ドアを2カ所設置しました。 家族の将来を考えて自由に間取りが変えられる、かぞく空間の完成です。

    中古でリノベ
    • 2492
    • 11
  12. リトルガーデン/中古でリノベ

    廊下に沿って設けられた大きな実験用シンク。 ここからはいつも、奥様が育てたハーブや切り花の楽しい香りが漂います。 一面白い空間に、お二人で飾った植物たちがアクセントを効かせています。 ご主人がDIYでつくったLDの本棚は、色々なものが置けるように棚の位置を変えられるつくりに。 その棚には、古くも味のある雑貨や本がディスプレイされています。 気がつくと、そこは2人だけのリトルガーデンの完成です。

    中古でリノベ
    • 1412
    • 8
  13. イスのイエ/中古でリノベ

    〜イスを飾り、イエを楽しむ〜 玄関のコンクリートブロック壁にはめ込まれた造作アイアン格子のガラス扉を抜けるとLD空間が広がります。 

無垢オークのヘリンボーン張りの床に合わせるのはシックな色味のオットマン。
そこは玄関とリビングを繋ぐ、ちょっとした寛ぎの場。
 壁一面の本棚にはアート本や小物を飾ったり、ソファに座って小説を読んだり…。
ゆっくりとした二人だけの時間を楽しみます。 
ブラックのスチールフレームの階段は、2階のフリースペースへの入り口です。

じっくりと時間をかけてつくり上げた戸建のイエに個性豊かなイスを飾って楽しむ、
2人のプライベート空間の完成です。

    中古でリノベ
    • 1409
    • 9
  14. 光と高さを最大限に活かして。趣味が散りばめられた大人空間

    【旅、ロードバイク、カメラ。“好きなもの”そのままを飾る1LDKプラン】 「物件は半年くらいかけて40~50件は探しました」とおっしゃるお施主様が見つけたのが、ここ東京都品川区の一角に佇む築25年の中古マンションでした。 関西圏からの転居先としてCuestudioと一緒に選んだのは、トップライトからの太陽光がメゾネットの天井高空間にくまなく広がる、いつでも明るい1LDK空間。 初めて訪れたとき「びびっときた」と一目惚れ。リノベーションではその高さを生かすように、バーチ材のグリッド棚を壁一面にあしらいました。 画一的にならないよう、目線の高さには家電製品が収まるよう棚の寸法をあらかじめ調整し、上部は旅行好きのお施主様が世界各国で集めた記念のものやヴィンテージカメラなどがディスプレイされています。 グレーの漆喰で仕上げた梁がアクセントとなり、板張りの天井が空間全体をやさしくします。 それらを際立たせるように、こだわりのコーブ照明(光を天井に反射させる間接照明)の明かりが部屋全体を均一に照らし、メゾネットのベッドルームからはまたちがった印象を感じられる演出となっています。 照明の取り付けられた垂れ壁を、あえてざっくりとコテ感を残した漆喰塗りにすることで、素材の変化や陰影の表情を楽しむ工夫もなされています。 床は既存を使用するなど、コストを上手く調節しながらトータルバランスを整えているのも特徴的です。

    Cuestudio(キュースタジオ)
    • 925
    • 2
  15. Reno*のシゴト - 藍色をアクセントに。 -

    種 別:賃貸リノベーション 面 積:約25平米 間取り:1R 工事費:250万円 説 明:青い壁がアクセントのこのお部屋。天井は既存のボードを剥がしただけのちょっと男性っぽいワイルドな仕上げに。でもベースの白い壁紙やオーク系の床、白いキッチンなので、天井のワイルドさも少し落ち着き、女子にも住める空間に。造り付けの机や大量のものを収納可能な棚もある。こういう賃貸をもっともっと作りたいですね。

    リノベーションプロジェクト Reno*(リノ)
    • 1077
    • 17

おすすめ

話題のキーワード

    30件中 1 - 20 件を表示