琉球畳

「琉球畳」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「琉球畳」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 『客室にもぴったり!やすらぎの和室空間』

    こんにちは!千葉県のリフォーム会社”ぱっとホーム”です! ぱっとホームの内装施工事例『和モダンで魅せる和室に』をご覧になって、「この様な和室にしたい!」とリフォームのご相談を頂きました。定年退職され、「家でお茶を楽しむ時間も増えていくと思うので」との、お客様。過ごしやすくなった和室で楽しむ会話は、より一層弾んでしまうかもしれませんね♪

    増改築・リフォーム専門店 ぱっとホーム
    • 4096
    • 4
  2. 今日は3.11です。

    今日なりの特別な思いがございまして、筆を取らせていただきました。写真に簡単に纏めましたが、H様宅新築工事引渡直後に東日本大震災がございました。私自身はマンションに住んでおりましたので、毎日の揺れで酔いそうなほどであった事を思い出します。 計画停電が一番辛かった時、H様宅に良くお邪魔致しました、コンセプトが地震に強い事とオール電化住宅でインフラの出費を抑える、そして、不利な立地を最大限活かした家を創ると言う事でした。 難問だらけでした、四角い家が一番強いのですがそれにはデザインや機能を持たせる事が一般的を凌駕する事が出来ないと言う本質的な物から逃れられないジレンマで構造の人間と長く論議して作ったのがH邸でした。 正直数字上では耐震性は高いのですが、間崩れが土地を一杯に使っていますので 震災後は心配でしたが、びくともしていませんでした。‘凄いねぇ‘とH様とうなづきながら夜を過ごしたものでした。経験って大事ですと私も言えるようになった新築一戸建て住宅でした。 時間を見て現況も写真を撮らせて頂き少しづつup致します、ご興味のある方は又来訪下さい。

    アースデザイン whiz Asiahouse
    • 708
    • 11
  3. 囲炉裏のある家

    山梨県にある小高い丘に建つI邸。 再建築不可の築35年の物件を古民家風にフルリノベーションしました。 テーマは「無垢材」と「DIY」。 解体された本物の古民家で使われていた曲がり梁や、100年上経過したケヤキ、栗、杉などの無垢材を随所に使用。塗装が必要な材は柿渋でエイジング塗装を施しています。環境にも、住む人にも優しい古民家リノベーションです。 一階のアクセントカラーが映える客間には、囲炉裏を設置。あたたかい灯りを囲んで食事を楽しんだり、ゆっくりと語らえるくつろぎの空間です。引き戸でつながる隣の間には正方形型の琉球畳を敷いています。 二階は天井板を外し、あえて梁を見せることで開放感のあるリビングに。テーブルはDIYが趣味のクライアントと一緒に作りました。脚材の立て方によって高さを変えることのできるフレキシブルテーブルです。 ダイニングとリビングの間にある水槽は階段側からも望めるように設置。新しい採光の演出を提案しました。

    灯和屋-towaya-
    • 1073
    • 6

おすすめ

話題のキーワード