造作

「造作」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「造作」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 【リフォーム実例】カリフォルニアスタイルのペントハウス

    8階建てのビルを所有されているオーナー様の住まいとして、最上階をペントハウスにリノベーション。 各部屋を鮮明な青のドアでリズムよく切り替え、広さを活かして設けたファミリーリビングの奥に主寝室を配し独立感のある落ち着いた空間としています。 無垢のフロアと自然素材の漆喰で包まれた最上階はきれいな風が心地よく抜け、光溢れる格別な空間となりました。

    株式会社フレッシュハウス
    • 1624
    • 5
  2. 子育て、仕事がひと段落したら、オトナリノベで人生を豊かに!

    慌ただしい子育てや、頑張ってきたお仕事がちょっとひと段落したタイミング。これから増えるお家での時間をより楽しく、豊かなものにするためのリノベーションをする人が増えています!誰かのためじゃなく、自分たちだけのためのこだわりを発揮した「オトナリノベーション」。そんなお家を拝見してきました。

    スタイル工房 stylekoubou
    • 4009
    • 15
  3. 「パントリーって何を収納するの?」 計画する時のポイントと実例

    『パントリーがほしい』という声が定番になっています。 今回は、パントリーを作る時のポイントをまとめてみました。 実例をもとに解説してみたので、ぜひ参考にしていただければと思います。 そのほかにも、よく聞かれることは、instagramにまとめていますので、気になるかたは、instagram(@himawari_kobo)へもアクセスしてみてください。

    暮らしの設計士 あず(ひまわり工房)
    • 9208
    • 65
  4. 運命のドア、見つけた!アンティークドアを取り入れたリノベ

    ふらりとはいったアンティークショップで、目についた味のあるドア。「このドアを我が家のリノベに使いたい!」…でも、そんなことが可能なのでしょうか?もちろん可能です。今回は、世界にひとつだけの(かもしれない)ドアと出会い、オリジナルのリノベを叶えたお家をご紹介します。施主支給(オーナーさんが購入した建具などをリノベに取り入れること)の注意点もまとめました。

    スタイル工房 stylekoubou
    • 2966
    • 22
  5. 裏方建材で、狙っては出せない味わいを

    倉庫風、ブルックリン風インテリアの流行に伴い、外装に使う建材を室内に使ったり、本来クロスなどで隠してしまう下地用建材をあえて見せるリノベが増えています。工事中の墨出し(躯体に直接書き入れた寸法や印)の跡をそのままにしたり、ざっくりした荒々しい質感であったりと、とにかく武骨で味わい深いのが特徴。今回はそんな裏方建材を使ったリノベをご紹介します。

    スタイル工房 stylekoubou
    • 4172
    • 9
  6. 「玄関収納」でスッキリ、いい運気をお家に呼び込もう♪

    お客様をお迎えすることも多い年末年始を過ごして、玄関をスッキリさせたい!と思った方も多いのではないでしょうか。風水上、玄関は気の出入り口。キレイに保つことでいい気を呼び込むとされています。リノベーションでも、クロゼットと並んで人気の玄関収納。大容量からシンプルまで、今回は玄関まわりの整理整頓リノベをご紹介します。

    スタイル工房 stylekoubou
    • 17727
    • 122
  7. 可愛くてお掃除もラク♪「モザイクタイル」洗面編

    5cm角以内の小さくてカラフルなモザイクタイル。前回は、キッチンまわりに取り入れた例をご紹介しましたが、同じくらい需要が高い場所といえば…そう、洗面室です!小さい面積でも空間の雰囲気を変えてくれるモザイクタイル、水はねにも強くお掃除しやすいのがポイントです。今回は洗面室まわりにモザイクタイルを使った例をご紹介します。

    スタイル工房 stylekoubou
    • 9727
    • 58
  8. 憧れの対面キッチンにリノベーション!で、背面収納は隠す派?見せる派?

    キッチンリノベでもっとも多いのが「壁付けのキッチンを対面式に」という希望。リビング側を向いた対面のカウンターキッチンは、お料理をしながら子どもの様子を見たり、家族とコミュニケーションがとれるので、とっても人気が高いんです。この場合、後ろの壁は収納にすることがほとんどですが、リビングからもよく見えるキッチンのこの背面収納、「扉をつけて隠してしまいたい!」という人と、「キッチン雑貨や家電を飾って見せたい」という人がいらっしゃいます。それぞれ工夫してキッチンをステキにリノベした例をご紹介します。

    スタイル工房 stylekoubou
    • 4545
    • 29
  9. 「ワークスペースは何のためにあるの?」部屋別の実例5タイプ

    新築に限らず、リフォームや大型リノベーションでもよく聞かれる【ワークスペース】はほしいけれどどんなものがいいのだろう問題。 今日は、『ワークスペース(カウンター、机)』のお話をまとめました。わたしが暮らし提案する際は、以下5タイプのいずれかが多いです。 ①リビング脇で[パソコン置きや子どもの勉強机かわり]になるもの。 ②ダイニングテーブル付近にある[食事の補助テーブルのかわり]になるもの。 ③キッチン背面にある[キッチン作業台かわり]になるもの。 ④家事室にある[収納棚やメモを書き留める机]になるもの。 ⑤和室、書斎、寝室にある[PC置きや持ち帰りしごと机]になるもの。 『なんのため?』がこうやって具体的であるほど「物置化しにくい」ので、ぜひ計画される際の参考になれば嬉しいです。リフォームされる際も参考になるので、よろしければ記事の続きも読んでいただければと思います。

    暮らしの設計士 あず(ひまわり工房)
    • 11130
    • 109
  10. 施主様のご家族・ご夫婦が信楽で選ばれた「信楽焼の手洗い鉢」で我が家だけのオリジナル洗面手洗いを造作しました

    新築やリフォームをしたら我が家だけのオリジナルが何か一つぐらい欲しい! オリジナルのお風呂やキッチンはちょっと大変だけど、洗面・手洗いぐらいなら何とか出来そう。 滋賀県ならではの信楽焼の手洗い鉢を使い、大工が造作で設えた我が家だけのオリジナル。 夫婦で、家族でドライブがてら信楽まで出向き、買って来られた手洗い鉢を弊社にてお客さまのイメージに合わせて造作しました。 世界に一つだけの我が家だけのオリジナルです。

    共和木材工業株式会社
    • 1787
    • 2
  11. 「施主支給」「施主施工」で家づくりに参加して愛着ひとしお

    一目惚れした水栓やタイル、ぜひわが家に取り入れたい!と、最近増えているのが「施主支給」。オーナーさん自らがアクセサリーや建具、部材などを購入することを指します。また、オーナーさん自らがDIYで塗装などに参加する「施主施工」もリノベーションの現場で広がりつつあります。でも「買ってきたものはなんでも取り付けてもらえるの?」「自分でやるなんて、失敗したらどうしよう…」「費用的にはおトクになるの?」と尽きないギモンも。今回は「施主支給」と「施主施工」を取り入れたお家をご紹介。プランナーの一言アドバイス付き!

    スタイル工房 stylekoubou
    • 6653
    • 11
  12. リビング学習で子どもの集中力UP!リノベでつくりたい「スタディコーナー」

    リビング学習、今や小学生以下のお子さんを持つ親にとっては、定番となりつつあります。大人の目が行き届く安心感はもちろん、適度に人がいたり、生活音のある環境で勉強することで、かえって周りに影響されない集中力が養われるとか。リビングに置いても違和感のないデザインのデスクも増えましたが、リノベでは圧倒的に、カウンターデスクを造作する例が多数。子どもの学習や、大人のパソコンスペースにも使えるスタディコーナーの施工例をご紹介します。

    スタイル工房 stylekoubou
    • 12853
    • 91
  13. タオルかけは、どこにつけるのがいいだろう?

    新築に限らず、リフォームや大型リノベーションでもよく聞かれる【水回りアクセサリー】配置のお悩み。 今日は、『タオル掛け』に絞ってお話をまとめました。リフォームされる際も参考になるので、どうぞ。 そのほかにも、よく聞かれることは、instagramにまとめていますので、気になるかたは、instagram(@himawari_kobo)へもアクセスしてみてくださいね。

    暮らしの設計士 あず(ひまわり工房)
    • 18522
    • 60
  14. ガレージのあるモノトーンの家(木造3階)

    モノトーンで仕上げ、木造とは思えないシンプルなデザインを実現した住宅です。 1階に広々としたガレージを設けたお宅です。 モノトーンがお好きな施主様の好みに合わせ、色彩計画は黒・白・シルバーの3色で基本は仕上げていますが、 外観のアクセントとしての縦格子の木製建具が建物の外観を引き締めています。

    sou建築設計室
    • 31428
    • 137

あなたにおすすめ

おすすめ

話題のキーワード

    78件中 1 - 20 件を表示