手摺

「手摺」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「手摺」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. #022 緑に包まれて(その1)

     何度か打合せを重ねる中で、スタッフのみなさんは現状の打破を求めているように感じました。この住宅の特徴として、1)工場でボックス型ユニットを生産し、現場で組み合わせるため工期の短縮が図れる、2)工場での生産比率が大きいため高品質が維持できる、3)1)、2)に加えて鉄骨ラーメン構造による高い耐震性、などが挙げられます。ガーデンやエクステリアの工事に関しても、そういった効率や安定、規格製品に基づいた設計・施工がなされてきたように感じます(ともすれば面白味のない・・・)。従って、今回は今までとは異なる空間を創出し、スタッフの皆さんが変化したことを意識し、それが来展されたお客様に伝播し、変化した空間をお客様に味わっていただくことを目指しました。  視覚的に最も変化した点は、植栽のボリュームです(かなりアップしました)。掃出し窓や開口の大きい窓の前は、壁やフェンスといった構造物で目隠しを施すのではなく、高さの異なる植物を立体的に配して、木々の揺らぎや生長、季節によって見えたり見えなかったり、といった曖昧な目隠しを施しました。これはウチからもソトからも植物を見て感じる事ができ、互いの視線をさほど感じることなくその空間に浸ることができるという効果を生んでいます。また、自然植生にすることはできませんが、出来る限り在来種を植栽しました。タイルのテラスを通り抜けるとき、全体を覆ってくる植物群は街中に居ながら自然の中にいるような錯覚を起こし、ちょっとした懐かしさを感じるでしょう。  唯一抽象的な空間を中央に配置しました。この空間は「定形」と「不定形」を混在させて川に見立てた坪庭で、タイルのテラスや建物(定形)と植物群(不定形)をイメージの中で集約させて表現した場所です。川の両岸は滑らかな曲線で描かれており「定形」をイメージさせます。曲線の中の二種類の小舗石は「定形」のイメージを増長させますが、景石や敷石の「不定形」が混ざることにより、それぞれがバランスを取る役割を果たしています。ここは西側に旭川が、東側に百間川があります。旭川から分岐して流れ着いた水が川となり、建物を通り庭に出て百間川へと流れていくイメージです。街中ですので、荒々しい石組の川というよりも、整備されたせせらぎの様な川のつくりとしました。

    Green Scape Lab(GSL)
    • 2453
    • 14
  2. バリアフリー改修で生き生きアンチエイジング!

    年老いたご家族のためのバリアフリー改修の事例です。ただ機能的に生活しやすいようにするのではなく、どうせなら楽しく明るく暮らしたいですよね。鞍城建設ではそれを家づくりでお手伝いします。ちょっとしたわくわくやドキドキ、ときめきで気持ちが明るく前向きになることでアンチエイジングも夢じゃない!?

    鞍城建設
    • 1715
    • 30
  3. 一日でも長く住める配慮と木を魅せた平屋住宅

    なるべく高齢になっても、自宅には長く住みたいと思うのが普通だと思います。 ではどうすればそうできるか、考えたひとつの結果がこのお宅です。 まず車いすに対応するため玄関ポーチにスロープを設置し、玄関も引き戸を採用しました。 玄関内も段差が昔よりも少ないか、全くなくすことも可能なので、 靴の脱ぎ履きがしやすいよう、折り畳み式のベンチをつけています。 玄関ホールからはリビングへ行く扉のほかに、寝室へ直接行ける扉もついています。 これは介護者がリビングを介さずに、直接出入りするためのものです。 さらに寝室内には専用のトイレも設けています。 間取りには表しにくい細かな配慮とすると、各所に手摺はもちろんのこと、 浴室入口は3枚引き戸に、浴室暖房や洗面にも簡易的な暖房を設置し、 ヒートショックを防いでいます。 さらに床は車いす対応のフローリングを採用し、タイヤ痕やキズのつきにくいものになっています。 そういった配慮だけでなく、建物内外に木を魅せて、 精神的に落ち着く環境も整えていくことで、長く住みたいと思ってもらえる家になると思います。

    陽だまりの家 八木建設
    • 1084
    • 11
  4. 岡山ビル

    空室化と老朽化に悩む建物オーナー様のご依頼で、高度経済成長期に建てられた古オフィスビルを全面リノベーション。外装タイルやコンクリート、鉄製手摺といった古くて良いものを残しながら、無駄な装飾やツギハギの内装を撤去、意匠・構造・設備を更新し、レトロでシンプルな魅力を備えた「使える」オフィスビルに再生しました。 (撮影:笹倉洋平)

    山本嘉寛建築設計事務所 YYAA
    • 2208
    • 4
  5. 更の家

    新たに中古物件を購入する場合と違い、長年住み続けてきた住居のリノベーションでは部屋の配置や動線など使い慣れて変更したくない部分と、常々問題を感じてきた部分とが共存しており、対処療法的な設計が不可欠です。そこで内装をスケルトン状態に戻して考え直すのではなく、従前の間取りを引き受けつつ更に発展させる、接ぎ木のようなリノベーションの形を模索しました。

    山本嘉寛建築設計事務所 YYAA
    • 1478
    • 6
  6. 手すり

    以前ショールームにて手すりのことを記載しましたが、 こちらの写真のようにL型の手すりを付けますと、 横の動きと縦の動きをまかなうことができます。 縦の手すりは高さに左右されませんので、つかまるのに便利です。 横の手すりは移動するのに便利です。 一つの手すりで、二つの動きをまかなっています。 横の手すり高さは、座った時の持ちやすさや、将来の使いやすさを考えて ちょっと低くしています。

    江口設計
    • 491
    • 3

おすすめ

話題のキーワード