薪割り

「薪割り」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「薪割り」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 【もう、来シーズンの薪が心配なんです・・・。】

    今年の冬は、ずいぶん薪ストーブにお世話になったので、庭の薪棚はどんどん空になっていきます。薪棚が空になると、残高のない通帳を見るようで、なんだか寂しい気持ちになります・・・。 まだまだ寒い日が続きますが、今シーズンはなんとか足りそうです。来シーズンの分は、全然ありませんが・・・。 なぜ、今から、先の心配しているかというと、薪は乾燥が必要だからです。乾燥が不十分でも、火はつきますが、炉の温度がまったく温度が上がらないので、暖かくないんです。 本当は、作った薪を、2年くらい放置して乾燥させたいところですが、最低でも半年は必要です。一節によると、2年くらい乾燥させた薪が、火力が強いという話もあります。 ですから、薪ストーブのあるお宅では、今が薪割りシーズンなんです。薪割りしてても寒いので、汗もあまりかかないですしね・・・。 冬に伐採された木々は、根から水分をあまり吸い上げていないので、元々含水率が少なかったり、虫も少ないという利点もあります。 ちなみに、左の二列が今シーズンの薪で右が、先週作った来シーズンの薪です。これからまだまだ、肉体作業が必要です・・・。

    (株)独楽蔵 KOMAGURA
    • 863
    • 3
  2. 薪ストーブを取り入れるなら薪の確保から

    薪ストーブのある暮らしに憧れたことがある人は少なくないと思います。しかし、高価であったり手間がかかったりとあきらめる人も…。でも、実は薪ストーブで一番重要なのは「薪の確保」です。本当に薪ストーブを使いたいと思えば、価格はいろいろ選べますし、取り入れたい人は、手間も楽しめます。でも、薪がないことには、暖は取れません。今回は、薪を確保するコツをご紹介します!

    四季の住まい株式会社
    • 2805
    • 31

あなたにおすすめ

薪割りに関連するキーワード

おすすめ

話題のキーワード