群馬のアイデア(2ぺージ)

「群馬」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「群馬」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 重厚感と木の温もりがあるお住まい

    表しの軒裏、深く吹き降ろした玄関屋根と門構えなど、重厚な外観が特徴の建物です。 吹き抜けのキャットウォークや造作家具など木のぬくもりを感じる内装が気持ちを落ち着かせてくれます。 明るく元気なご家族様と木の家と無垢材の手づくり家具、全てがマッチングした素敵なお住まいです。

    株式会社斉藤林業
    • 721
    • 5
  2. ゆとり演出がふんだんなお住まい

    リビングは、高い斜天井で解放感があり、ご主人こだわりの堀座卓があります。 奥様がキッチンで家事をしながらもご家族様とコミュニケーションがとれるLDKの間取りは圧巻です。 玄関も木材が多く使用されており、気持ちのいい玄関に、お施主様にお持ちいただきましたひまわりの飾り。中に入りたくなる玄関です。 ご主人様作のウッドデッキもプロ並みです。 家中どこをみてもこだわり満載の建物です。

    株式会社斉藤林業
    • 891
    • 4
  3. 遊びのある和モダンが特徴のお住まい

    ご夫婦共通の趣味はテニスで、ガットも御自身で交換されるほど、本格的だったので、たくさんのラケットやガット張りの機械などを置く趣味のスペースを1階に確保しました。  階段の途中から入るその部屋はスキップフロアのような空間です。     和室の前には砂利を敷き、飛び石を通って部屋の中へと入る、少し贅沢な遊びのある空間をご提案しました。

    株式会社斉藤林業
    • 1035
    • 3
  4. モダンさにこだわったお住まい

    外観は上部を板張り、下部を塗壁とし、お客様にも現場立会して決定したので、納得頂ける外観となりました。 さらに外構をおこないより雰囲気の良い建物になりました。 内部はお庭とのつながりを重視しリビングを一段下げ、ダイニングやキッチンからもお庭が見晴らしよく見える工夫をおこない、お風呂からも庭が眺められる構造にしました。 照明にもアクセントを加え7箇所にいたる間接照明を取り入れ、あたたかみのある空間を演出しました。

    株式会社斉藤林業
    • 789
    • 3
  5. 日差しの恵みを満喫できるお住まい

    オーナー様こだわりのリビング吹き抜けを中心として、ご家族様の雰囲気を家中どこにいても感じられる間取りをご提案させていただきました。 明るく大きな吹き抜けは日差しを取り込む効果はもちろんですが、空気を効率よく循環させ、暖房効果を高めるというメリットがあります。 そして水廻りでは洗面脱衣室のすぐ傍に、ご家族の洋服を収納するウォークインクローゼットを配置し、奥様の毎日の家事をラクにするような工夫を盛り込ませていただきました。

    株式会社斉藤林業
    • 769
    • 3
  6. 温かく趣味を楽しむお住まい

    お子様が独立され、ご夫婦2人となり”終の棲家”となる住まいです。 元々あった建売住宅は、リビング前に車庫があり少し窮屈に感じていた奥様の要望もあり、リビングには吹抜けと土間玄関への繋がりをつくり、開放感ある間取りをご提案しました。 玄関は直接リビングへ入れる、昔の農家家の土間玄関のイメージです。 映画が好きな御主人の防音室や、奥様はお茶や着付けなどを楽しめる部屋も設け、それぞれの趣味の部分も大切にしました。

    株式会社斉藤林業
    • 930
    • 2
  7. 癒しと開放感を実現したお住まい

    大きな吹き降ろし屋根に丸い窓がアクセントのナチュラルスタイルのお宅です。 和室を作らない為に生まれたスペースで、大容量の収納やパントリー・開放的なLDKが生まれました。 開放的なLDKのダイニングとリビングスペースをさりげなく区分けするように、当社オリジナルの燻煙乾燥大黒柱があります。 オーナー様自らお作りになったダイニングテーブルでお食事をされ、ペレットストーブの「火」を見ながらリラックスできる癒しのりビングでくつろぐ・・・オーナー様のこだわりがたくさん詰まった素敵なお宅です。

    株式会社斉藤林業
    • 904
    • 2
  8. 『和』を感じることが出来るお住まい

    『お蕎麦屋さんのような家』をテーマに、 板張りや木の格子と瓦屋根で『和』を感じさせるデザインを作りました。 燻煙竹格子の丸窓も玄関正面に設けてインパクトのある演出となりました。 優しい杉材の掘りごたつでご家族団らんの毎日を過して頂けるよう 意識して作らせて頂いたお住まいです。

    株式会社斉藤林業
    • 647
    • 2
  9. 光と陰、庭との繋がり 【前橋みなみモデルハウス】

    高い天井と低い天井、明るい所と暗い所。 それぞれの良さを活かした、メリハリのある空間デザインが魅力のモデルハウスです。 板張りや梁の魅せ方の工夫で視線をコントロールし、感じられる空間を広げることができています。 あえて明るさの少ない場所を造ることで、質感を高め、心落ち着くひと時を演出します。 家と庭との一体感を高めるため、中庭のように設けられた植栽スペースは、穏やかな家族のコミュニケーションを育むでしょう。 いつまでもそこにいたくなるような非日常感を、味わってみませんか。

    四季の住まい株式会社
    • 745
    • 6
  10. 木の風合と桧の床が特長的なお住まい

    群馬県産の木材を使用した家づくりにこだわる斉藤林業がプロデュースしたお住まいです。 木の風合とお客様のセンスあふれるリビングソファー(ネイビ-と赤)を 引き立てる意味もあり、桧の床材を採用致しました。 大工さんと監督を悩ませた階段もすばらしい出来に仕上がりました。 お客様が当社の家具職人と造ったダイニングテ-ブルもポイントです。

    株式会社斉藤林業
    • 1150
    • 7
  11. 群馬県産 天然素材の大空間

    群馬県産の木材を使用した家づくりにこだわる斉藤林業がプロデュースしたお住まいです。 掘りごたつのあるリビング、スケルトン階段やご主人様の書斎、 大きな開口のある離れの和室など見どころがいくつもある素敵なお家です。 いつも元気なお子様もお家の中で駆け回って、 ご家族皆様で楽しくお過ごしいただいています。

    株式会社斉藤林業
    • 940
    • 5
  12. 斜錐屋根の家

    分譲地で日当たりが悪いため売れ残った敷地に計画した住宅。南面に総二階建ての住宅が近接しているため南側からの採光の確保が難しく、日照の望める南東と南西を開放しトップライトを設置することで家全体に光を取り込む計画とした。親戚等が泊まることも想定されるため、大黒柱を中心とした田の字プランを基本構成とし、コンパクトでありながら建具の開閉で個室的な空間や、ひとつの広々とした空間にすることができるなど多様な使い方ができるプランとなっている。 たくさんの書籍を収納する本棚はただの本棚ではなくLDKと寝室の間仕切りとすることで、ゆるやかに個室とLDKを繋ぎ、大黒柱中心に登っていく天井を家全体で繋げることで、小さな平面でも広がりを感じられる空間となった。 また、終の住処として都内から移住するため、動線はもちろん家全体の温度差にも配慮した計画とした。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 69
    • 1
  13. やねなみのいえ

    南・西側にそれぞれ3階建てマンション、東に2階建てアパート、北に戸建て住宅が建ち並ぶ、建物に囲まれた敷地。 高さ・角度を複数の模型を作るなど綿密なスタディーを繰り返して計画した3枚の屋根により、近隣からの視線や日照・通風をコントロールし、外部からの視線を遮りながら光と風が通る気持ちの良さを感じられる空間を提案。それにより生まれる用途別の3つのボリュームを西側マンションの型ガラスFIX窓の面に面した位置に配した中庭を取り囲むように配置し、屋根並みが街を形成するような『光と風が通る気持ちの良い家』となるよう計画。 時にパブリック空間(来客やパン教室など)であるダイニングキッチンと、家族等親しい仲でくつろぐリビング、個室・浴室等のプライベート空間を玄関で繋ぐ構成とすることで、職業上生活の時間帯が家族と異なるご主人と、「新築を機に趣味だったパンづくりの教室を開きたい。」という趣味が多彩な奥様のためのパブリックとプライベートを分離しつつも、無駄のないよう緩やかに共存し、家族の気配を感じながらも、互いに気兼ねなく過ごせる『心地良い距離感の家』を提案。また、寝室等のプライベート空間も生活時間が異なる家族がストレスなく生活できるように、家族それぞれの寝室からの動線が交差する場所に洗面所とトイレを配置するなど、利便性も考慮するとともに、家族が丁度よい距離感を保ちながら生活できるよう計画した。 また、群馬県産材の構造材を大工による墨付け・手刻みにより建て、建具屋による建具、家具職人によるキッチン家具やテーブル家具など、県内職人・作家による手仕事にもこだわった住まいづくりを心掛けた。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 96
    • 0
  14. こもれびの家

    『廻りをすべて住宅に囲まれた敷地だが、まるで森の中に建っているような雰囲気の住宅がほしい』というリクエストのもと、駅から程近い住宅地にある旗竿状の敷地に計画した住宅。 敷地全体に茂った祖父の植えた木々をなるべく伐採しないようにするため、建物を斜めに配置することで、建物と既存の塀との距離がとれ、周辺から視線が届かない場所に複数の庭を配することで、まるで森の中にいるような感覚につながるよう計画した。 玄関、リビング、ダイニングキッチンに行くに従って天井高さを徐々に高く開放し、長い廊下を抜けたリビングで横方向にも広がりを待たせるなど奥深い空間構成にすることで、周辺の喧騒から距離を置きつつ、開放的な室内に木漏れ日の心地よい風が通り抜けるそんな住空間を実現した。 奥深い空間構成でありながら、家族の集まるリビングダイニングを中心に家族の気配を感じることができるように計画するとともに、立体的に視線をずらすなど程よい家族間の距離感についても考慮した。また、洗濯等の家事動線や、収納の計画にはかなりの時間をかけて練り上げた住まいとなった。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 77
    • 0
  15. カコミノイエ

    切妻屋根の農家住宅と農地が点在する、南側が幹線道路への抜け道になっている比較的交通量のある道路に面する敷地。特にプライバシーの確保を強く希望されるご夫婦のために、周りに対してただ閉じるだけでなく、明るく開放的な住空間を目指した。 元農地の比較的広い敷地を塀ですべて囲みこむのは費用が掛かりすぎてしまうので、建物の形態とアプローチの軸線に建てられた最小限のコンクリート壁により、四方からの視線を止められるよう計画。周辺の住宅がほぼ切妻屋根の農家住宅が建っているところから切妻屋根の建物が敷地を取り囲むように配置し、その建物とコンクリート壁に囲まれた庭に向けて各室を配することで、それぞれに風や光が行き交い、外観からは想像できない広がりある内部空間を実現した。また、視線の抜けや角度の振れにより家族の気配を緩やかに感じ取ることができるよう計画した。 屋内物干空間の充実、サンルームやウォークインクロークを近接させることで、洗濯家事動線の集約を図り、キッチンと玄関の間に収納力十分のパントリーを配するなど、共働きご夫婦のための家事負担軽減を実現した。 玄関ホールを抜けて現れるダイニングキッチン。テーブルと一体化した3.8mのキッチンカウンターは、日ごろの家事動線を考慮しつつ、家族や友人が大勢集う際にも庭を眺めながら気持ちよく食卓を囲む場所になるように細部のデザインもこだわり提案した。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 62
    • 0
  16. 方形屋根の家

    住宅に囲まれた敷地に建つ方形(ほうぎょう)屋根の平屋住宅。四方住宅に囲まれた敷地全体に大屋根をかけ、屋根の一部を欠き込むことで生まれた3つの庭(前庭・2つの中庭)と方形屋根の中心部の暗くなりがちな場所にトップライトを持つ洗面所を配することで、家全体に光を届け、プライバシーを確保しながら、光と風を家全体に配る計画とした。 LDKをはじめ各室が庭に面し視覚的に抜けることで、それぞれが相乗的により広がりを感じる空間になるとともに、家族の気配を感じ取れる程よい距離感の「ほっとする住まい」になるよう3つの庭にそれぞれ意味を待たせた。 奥行き広く構えた玄関土間は、室内でありながら庭を望み進むアプローチのようであり、アクティブなご家族のロードバイクやスポーツ道具の手入れ等の場ともなる。打合せを重ねて考えたパントリーなどの収納や洗い・干し・たたんで・しまうの一連の洗濯作業の場を集約し家事負担を軽減し、ウォークインクロークやパントリーに回遊性を持たせる平面計画にすることで、生活しやすさについてもしっかり計画した。 また、隣り合わせの2つの子ども室は極力ミニマムに計画し、収納による間仕切壁を簡単な工事で取り外し一室としても使用できるようにすることで、将来的な家族構成の変動にも対応できるよう計画。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 57
    • 0
  17. 陽まわりの家

    駅前ロータリー付近のマンションなどに囲まれ人通りの多い敷地に、陽に向かって佇むような住まいを提案。周りからの視線(特に高いところからの視線)を遮りつつ、光と風を取り込むために三枚の斜め屋根と窓の位置の操作で、プライバシーとひろがり、明るさの確保に成功。豊かで明るく、何より心地良い空間となった。6階建てマンション等の集合住宅に囲まれているためルーバーの役割となる屋根が上からの視線を遮りながら光を取り入れる計画としている。南の集合住宅から距離を取れる北側に家族の集まる空間(LDK)を配置し自分たちの住まいによって囲まれた隙間を中庭とすることで、視線を気にせず開放感のある住空間としている。家族6人分の洗濯物の処理に多くの時間と手間をかけられていた中、家事全般の動線整理に重点を置き、キッチン~水廻り~物干し場がミニマムな距離感で動けるよう計画。要所に適度な収納を設けることで、すっきりと片付いた住まいとなるよう目指した。建物は光を受ける向日葵のように健やかにたたずみ、子供たちの成長を見守っている。材木と手刻みにこだわる工務店により1本1本違う木を匠の技で手刻みにより組み上げた。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 62
    • 0
  18. 西横手町の家

    『田舎のおばあちゃん家のような安心感のある家に住みたい』という要望を元に、LDを中心とし切妻屋根がおおらかに家族の空間を包み込み、土間、寝室、水廻り、和室、を一体的に繋ぐ平屋の家を提案した。各々の部屋から扉1つで行き来でき、大きな屋根が複数の部屋を1つに繋げ、各部屋の天井が繋がり視線が通ることで個室でありながら広がりのある空間を演出している。土間は玄関であり且つリビングダイニングの延長として使用することができ、土間と庭は建具を開くことで一体的につながり、外部と内部の中間領域として様々な使い方を許容する。建具で仕切ることで多様な日常生活の変化に対応する空間として活用でき、子供が自転車でリビングに乗りつけるそんな楽しい空間ができた。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 77
    • 0

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    83件中 21 - 40 件を表示