群馬

群馬に関するアイデア一覧です。住まいや暮らしに関する豊富な情報を整理し、写真と一緒にわかりやすく群馬についてご紹介しています。

  1. "いい家を安く"そんな嘘みたいな夢を叶える。ヤマダ・ウッドハウス

    家電量販店として不動の地位を築いているヤマダ電機。そのヤマダ電機の100パーセント子会社として2013年11月1日に創立したのがヤマダ・ウッドハウスだ。注文住宅事業として現在31店舗で展開し、近々10店舗のOPENを予定しているという勢い全開の同社の、家づくりに対する想いとその安さの秘密に迫る!

    LIMIA編集部
    • 44166
    • 88
  2. 低価格でも安心の注文住宅「Felidia」ーヤマダ・ウッドハウス

    家電量販店、ヤマダ電機の子会社として注文住宅事業を展開する”ヤマダ・ウッドハウス”が今、業界内外で大変注目されています。前稿ではなぜヤマダが住宅事業に乗り出したか、そしてその安さの秘密と質へのこだわりを存分に語って頂きましたが、本稿ではヤマダ・ウッドハウスが自信を持ってお勧めするという完全自社ブランドとして開発した耐震木造住宅「Felidia(フェリディア)」を紹介していきつつ、その人気の秘密を探っていこうと思います。

    LIMIA編集部
    • 14962
    • 69
  3. 池端の家

    ご実家の一角の土地に建つ共働きご夫婦のための住まい。日常生活の家事負担をなるべく掛けず、ご実家との距離感を熟考したコンパクトでありながら、ゆったりとくつろげる住空間を提案。 建物の中通りを少し高くした特徴的な断面計画により家全体に光と風を配り、LDKと各個室を空間的・気配的につながりを意識した計画とすることで、より広がりを感じられる住空間実現した。 南(徒歩、客)北(駐車場・ご実家)からのアプローチに対し、通り土間を持つ玄関でそれぞれスムーズなアプローチができるように計画した。サンルームを兼ねた洗面、脱衣室は、回遊性を持たせることで効率的な家事動線を確保しつつ、花粉に苦しむ家族のための物干し場としての機能を持たせた。 家全体を自然素材中心に仕上げることで幼い子供たちにも“安心・安全”な家族にも環境にもやさしい“すまい”を目指した。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 1327
    • 16
  4. 岩神の家

    玄関からの長いアプローチを進んでいくと4mのカウンターを持つ落ち着きのあるダイニングキッチン、そして階段を上ると中2階的なくつろげる床座居間…。そんな『和』を基調とした『隠れ家的Bar』をイメージ。『昼間は庭で遊ぶ愛犬達を眺め、夜はBarで…』愛犬仲間と一日中楽しめるような住空間を目指した。 玄関⇔LDK⇔寝室に建具を用いず、床のレベル差、壁や造作家具の配置による視線の抜けや止めにより各空間を仕切った。さらに、外部とのつながりを持たせるよう計画的に配した開口や吹抜けにより開放感を持たせた。そのことで、愛犬達も思い通りに動き回れる大空間を実現。自然素材中心に仕上げ、自然エネルギーを計画的に取り込んだ、人や環境、愛犬達にも配慮したプランとなった。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 753
    • 24
  5. 敷島の家

    敷島公園に程近い風致地区内に建つ住宅。敷地のやや中心に内と外の境の曖昧な『スキマ』を意識的につくることで、廻りを家に囲まれた場所にプライバシーを確保しながら、光・風・緑を取り込める住まいを提案。 風致地区内の決まり事である植栽を『スキマ』に集中配置することで、廻りからの視線は断ちながら、建物内からは雑木林に建っているような雰囲気を醸し出している。立体的にも屋根と屋根との『スキマ』をつくり、そこから光・風を家全体に配る工夫を凝らした。さらに、無垢板や塗り壁などの素材感を大切に光と影を意識した空間計画により、そこに住まう家族を優しく包み込むような住空間が生まれた。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 994
    • 14
  6. 新町の家

    駅に程近い幹線道路沿いに建つ住宅。ご実家の隣に『家族の気配を感じられ、家族がいつも楽しく自然体で過ごせる家』、交通量の多い幹線道路側からの視線を気にせず『光と風が通る気持ちの良い家』を計画。 道路で囲まれたやや細長い三角形の敷地に2つのボリュームをずらして配置する。そのことで生まれた隙間に庭や駐車スペースをつくり、軒の出と開口部の計画(道路に近いリビングは少し高い位置に開口部の高さを設定するなど…)により、採光や通風などの機能性と幹線道路沿いでありながらプライバシーの確保を実現。急がしい共働きのご夫婦と子供達がほどよくお互いを感じ、自然に交わることができるような生活動線を確保し、ここに住まわれる家族のための居心地の良い家を目指した。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 848
    • 9
  7. 下沢渡の家

    『趣味のそば打ちや農業を楽しみながらのんびりと暮らしたい。』定年退職を迎えたご主人と奥様が長年暮らし続けてきた四万・沢渡温泉に程近い緑豊かな場所に、これからを楽しむシンプルで機能的な“終の棲家”を計画。 軒深い切妻屋根が架けられたシンプルな建物にいくつかの“凹み”をつくり、床はもちろん屋根勾配通りにつくられた天井に外と内との連続性とつながりを持たせることで、外観のシンプルさと裏腹に内部空間に変化を持たせ、広がりと寛ぎを与えた。 玄関脇土間のそば打ち場、キッチンやパントリーとの作業動線も考慮し、水廻りなども使い勝手・生活動線を考慮し適切に配置することで、家事や基本的な生活が負担無く行えるように計画した。また、手すりが必要となったときにすぐに対応でき得るように、手すり用の下地など綿密に計画しておくことで、利便性・機能性、環境や健康にも配慮した居心地の良い“終の棲家”となった。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 830
    • 6
  8. 遊び心をちりばめたお住まい

    床下物入、玄関収納、スキップフロアの和室、ロフト、一段下がったキッチンと家の中に7層の高さの変化があるお住まいです。 それぞれの段差には意味があり、お子様の遊び場としても魅力的です。 南側に設けた大きな窓は子持山の稜線が美しく見え、 ピクチヤーウィンドウとしても楽しめます。 リビングの円い堀座卓や大黒柱、和室の丸窓などの落ち着いた雰囲気と 段差のある生活をお楽しみ頂けるお住まいです。 家の随所に遊び心を入れ生活を楽しむ為の造りに致しました。

    株式会社斉藤林業
    • 1954
    • 20
  9. 豊城の家

    「自然の光が好き…」そんな建て主のひとことから、トップライトからの自然の光が家中を照らす『空の見える家』を提案。トップライトからの光を壁面に反射させ、光がふんわりと広がる心地よい住空間を目指した。 トップライトなどによる採光の取り込み方、それを引き立たせるための陰影、また、景色の取り込みや夜のライティングなど綿密に計画。トップライト付近の熱気対策も考慮し、吹き抜け部分に換気設備を設けた。水廻りをまとめ家事動線を簡素化、キッチンの床を一段下げキッチンカウンターとテーブルの高さをそろえることにより、テーブルをサブカウンターに…などの機能面、葉がらし天然乾燥の国産(特に県産中心)の木材や漆喰壁、瓦屋根など材料にもこだわった”こだわりのすまい”となった。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 634
    • 16
  10. 駒形の家

    駒形駅前の閑静な住宅街。ご実家のガレージスペースだった場所に、プライバシーに配慮した明るく開放的なこだわりの住まいを提案。道に囲まれた敷地にプライバシーと開放感を両立させるため、スキマをつくり[Slit]、床・屋根・視線をずらし[Shift]、環境面にも配慮し計画[Sustainable]。 フロアごとに少しずつ視線をずらすことで家族の程よい距離感を獲得。さらに、ダイニングキッチンとリビングをスキマとスキップフロアによりずらした空間でつなげることで、より広がりを感じられる住空間になるよう演出。北棟に配したリビングや子供室にも〈スキマ〉と〈ズラシ〉で生まれた南高窓を設けることで、家全体に光と風を感じられるよう計画。太陽光発電などとともに計画によって風通しや日差しのコントロールなど自然エネルギーの積極的な取り込みをすることで、環境と家族に優しい住まいを目指した。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 595
    • 8
  11. 大間々の曲り家

    市街地から離れた閑静な分譲地に建つ家。住宅密集地のなかで、プライバシーを確保しながら開放的で、『ほっ』と落ち着けるような居心地の良い住空間を目指した。 外物置、木塀や格子などにより外部からの視線を止め、デッキスペースや庭との繋がりや視覚的な抜けなどをしっかりと計画することで、家全体はコンパクトに抑えながら開放感ある住空間を提案。障子や畳、また塗り壁や無垢板で床や天井などを自然素材の風合いを生かし、家全体を落ち着いたトーンで仕上げ居心地の良い住空間に。水廻りを一箇所にまとめることで機能的な家事動線を確保。県産材を使い、一本一本違う木を熟練の匠の技で見極め、手刻みによって組み上げるなど、地産地消と手しごとにこだわったすまいとなった。

    ATELIER N(アトリエN)
    • 648
    • 10

みんなの投稿コンテスト

61件中 1 - 20 件を表示