しっくい

「しっくい」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「しっくい」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. A DAY IN THE LIFE 海を臨む家 ーパイプスペースの飾り棚とアーチによるバリアフリー・リノベーションー

    パイプスペースを飾り棚として独立させ、室内化し左官の壁で演出したバリアフリーのリノベーション。 ==========  ■設計主旨  パイプスペースの独立とアーチ天井によるリノベーション  東京湾の絶景の海が見える浦安のマンションの9Fにつくられた 初老のご夫婦の終の棲家としてリノベ-ションされたすまいです。  バリアフリーで車椅子になっても暮らせる大きなトイレ、ベンチ式ユニットバス、仕事もできるパソコンルームと家事室、寝たきりになってもベッドがおける場所・・・というご要望をいただき、設計がスタートしました。  陽が当たらない曲りくねった廊下のある一般的なマンションの間取りを見て行った提案が  パイプスペースを独立させて飾り棚とし、フロアの中央に海が見える通りとそれと直交するキッチンの通りをつくり、すまいに十字の軸線をつくること。 でした。 パソコンと家事室は扉を付けず大きな通り越しに海を見ることができるように。そこは将来寝たきりになっても孤立しないようベッドがおける場所にもなっています。  海を臨む通りの床はトラバーチンの石が敷かれ、間接照明と現代大津磨き壁のアーチが軸線を演出し、リビングはアーチ天井につつまれたやすらぎの空間で、現代大津磨きの赤の丸柱とオレンジのTV収納壁がアクセントになっています。  目の前に広がる海を臨みながらお気に入りの調度品に囲まれ,豊かな時間を過ごせる終のすみかです。  ■省エネ効果も期待できる断面計画 アーチの天井は意匠的なアクセントだけでなく、それを介して天井の変化とつながりを生んだことで奥まで空気の流れができ、冷暖房効果の軽減も期待できます。 実際このスペースは冬は床暖だけで過ごすことが出来、設置したエアコンはほとんど使わなかったそうです。

    遠野未来建築事務所
    • 1097
    • 4
  2. 【桶川市】ソラマドの家4軒合同バスツアー!12月11日開催

    毎回大好評満席のソラマドの家バスツアー。今回は桶川~所沢方面で開催します。 既に入居されているソラマドの家4軒を一挙にご案内します。三角形の敷地に合わせたお家や、アトリエ、らせん階段、愛犬と暮らす家など、いずれ劣らぬ個性的なソラマド暮らしが堪能できる貴重なチャンスです。 参加は無料ですが、バスの座席の都合上、予約制とさせて頂いております。今回は先着7組限定。締切は11/30です。ご予約はソラマド埼玉HPの予約フォームからお願いします。

    ソラマド東埼玉(オガワホーム株式会社)
    • 788
    • 4
  3. 塗り壁のプロが教えるDIY講座に参加しませんか?9月10日(土)浅草橋の友安製作所カフェで開催!

    来たる 9 月 10 日(土)、浅草橋のおしゃれなDIYカフェ「友安製作所Café」 にて DIY 講座ワークショップが開催されます! 講師は、DIY用天然塗り壁材「ひとりで塗れるもん」を販売する、株式会社オンザウォールさん。 本格的な壁塗り体験と、漆喰アートボードを作って楽しく塗り壁のことが学べます♪ 少人数制だから質問もしやすく、初心者でも安心して参加できる人気のDIYワークショップです!

    友安製作所
    • 2196
    • 10
  4. 【流山市】ソラマドの家5軒まとめてバスツアーin流山 2016年9月11日

    人気の「ソラマドの家」バスツアー。今回は「子育て世帯にやさしい街」として最近注目の千葉県流山市で開催します。 東武スカイツリーライン草加駅に集合後、まずは「SUUMO埼玉の注文住宅」最新号でも紹介されている、草加市のK様邸を見学。その後、流山市で最近建築された「ソラマドの家」入居者宅を2軒。それぞれに工夫がこらされた、見ごたえのあるお家です。 更に今回は同市で建築中の基礎・構造体の現場もご案内します。 半日でソラマドの家のすべてがわかる、とても内容の濃いツアーです。お子様連れ歓迎!ぜひご家族でご参加下さい。 開催は9月11日(日)です。参加費は無料ですが、バスの席の都合上予約制とさせて頂いております。 弊社HPのイベント予約フォームよりお申込み下さい。 http://soramado-saitama.com/mail/mailform/reservation-event.html#event-reservation 締切は9月3日、先着順となりますのでお早めにどうぞ。

    ソラマド東埼玉(オガワホーム株式会社)
    • 1150
    • 5
  5. "遊び心いっぱい"の 遊園地みたいなスイス漆喰のお家♪(後編)

    建て売りの新築戸建て住宅の室内を 全面「しっくい」で塗り替えちゃいました♪・・・・・の後編。 「えっ??(驚き) 新築なのにいいの?」(と、ココロの声) それではそんな”遊び心いっぱい”の リフォーム事例を大公開します!! 前編はコチラ  http://limia.jp/idea/17334/

    Natura Y's [ナチュラワイズ]
    • 3012
    • 21
  6. ソラマドファミリー1

     ソラマドでは「家カフェ」という入居者様同士のお茶会があります。この日は埼玉モデルハウスが会場でしたが、入居者様のお家で開催することもよくあります。「ソラマドで家を建てて、暮らす」という共通の体験をされているので、ほとんど同窓会!  もちろん、ソラマドで打合せ中の方、まだどこで建てるか検討中の方のご参加も大歓迎です。実際に住んでいる方のご意見や、検討中のエピソードなど、貴重なお話がたくさん聞けます。  この日は入居者のK様が、打合せ中に作っていた打合せノートを持ってきて下さいました。

    ソラマド東埼玉(オガワホーム株式会社)
    • 597
    • 1
  7. 8畳の中庭を持つ木の展示場

    埼玉県深谷市に建つ展示場です。 外部は柱や梁、軒裏に木をそのまま魅せた独特の表情にしています。 屋根形状も南に向かった片流れでぽっかりと穴が開いているところが中庭です。 内部は天井や床に木を魅せて、珪藻土やしっくい、クロスで壁を仕上げることで、 表情の違いを感じてもらえるようにしています。 自然エネルギーを利用した、特許取得の夏用空調システムも採用していて、 夏の光熱費削減を助けてくれます。

    陽だまりの家 八木建設
    • 1029
    • 9
  8. 白い洞窟の家 White Cave House

     白く厚みのある意匠が特徴的な、金沢市内の広い敷地に建つ中庭式住宅です。  建主さんのご希望はミニマルで真っ白な意匠と多数の屋外空間、すなわち屋根付き玄関ポーチ、2台分の屋根付きガレージ、中庭、そしてテラスを備えた住宅が欲しいというものでした。確かに屋根付きの玄関ポーチやガレージは降雪地帯において望ましいものですが、決められた予算の中でこれらを十分に確保した場合、生活するための内部空間が削られることになりかねません。その上、中庭は雪によって容易に埋められてしまうことが予想されており、要望は必ずしも現地の実状に即しているとは言えないものでした。  この問題を解決するため、提案されたのが屋外空間同士をクランクさせながら互いにつないでしまうというアイディアです。これによって屋外空間全体を一体化し、お互いの機能を補完させることで一つ一つの屋外空間の大きさを抑える一方、隣接する空間からの光を取り込むことでそれぞれ空間が狭苦しく感じられないように配慮がなされています。ただし、中庭やテラスはプライバシーを確保する必要があるため、各屋外空間は立体的にクランクしながら接続しており、光は差し込むものの外から内部を見通すことは出来ない構成になっています。住宅内部の居住空間はこのつながった屋外空間を取り巻くように配置されており、近隣から遮断された白いミニマルな空間に太陽の光が差し込む様を眺めながら生活することが出来るようになっています。また、つなげられた屋外空間は中庭やテラスに積もった雪を除去するための経路としての役割も持っており、中庭式住宅を降雪地帯で成立させるための方法論も兼ねていると言うことが出来ます。  この白くミニマルな屋外空間の美しさをさらに活用するため、テラスの白い防水層は浅く水を張ることが出来るように工夫されており、涼を楽しむための大きな水盤とすることが出来ます。白い壁に切り取られた青い空が水面に映る様は住宅の一風景という範疇を越え、日常から離れた別世界でのひとときを生活にもたらしてくれることでしょう。

    山本卓郎
    • 1701
    • 10
  9. I-MANGO

     奈良県橿原市に建つ住宅です。敷地は南側の道路と北側の線路に挟まれており、さらに西側は建主のご両親がお住まいの家と隣接しています。建主さんのご希望により、このご両親の家と強い関係を築くことが求められました。  当初は隣家との物理的な接続も検討されましたが、法規・構造などの面から現実的ではありません。そこで家を敷地背面に寄せて前面に庭を設けている隣家にならい、新しい家も敷地の前面をあけることで両家の庭を一体化し、大きな共用の庭を作って二つの家をつなぐことにしました。ただ、共有の庭に対して単に窓を開けたのでは前面道路からの視線にさらされるため、塀やカーテンが必要となってしまいます。これでは外に対して開いているのか閉ざしているのかが明快ではありません。  そこで共有の庭の端部をスロープを介して平屋の車庫屋上のテラスまでつなげ、ここを前面道路との高低差で守られたプライベートな屋上庭園としました。二階に置かれた居間はこの屋上庭園を介してプライバシーを確保しながら採光や通風を得ている一方、屋上庭園は共用の庭の一部としても機能しており、隣家への自由な行き来を楽しむことが出来ます。

    山本卓郎
    • 737
    • 3

31件中 1 - 20 件を表示