大空間

「大空間」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「大空間」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 【事例紹介】どう使う?大空間の押入れを有効活用する方法

    大きな空間なので大容量、沢山収納出来るスペースとしては有り難いけれど 大空間過ぎて「何を使って何をどう収納すればいいのか分からない」 とお悩みが多いのが押入れです。 今回は掲載許可を頂きましたお客様宅の事例を元に 押入れの収納方法をご紹介します。

    整理収納アドバイザー 井上知恵子
    • 23553
    • 117
  2. 2.5間の間口で実現 東向きボートガレージの家

    商工住が混在する用途エリアで東向きに立地する邸宅です。 外観の特徴となる1Fのビルトインガレージは、ガルバリウムの外壁との組み合わせにより、一見すると住宅とわからない外観意匠とし、建物内部との印象のギャップを演出。門型フレームを採用することで、間口約3m奥行き約11mのビルトイン空間を、柱や壁をつくらずに実現しました。 2階のLDKは約22.6帖の大空間。奥様のこだわりのキッチンはステンレスと黒で統一したコーディネイトで空間を引き締めます。 LDKの東の端には段差をなくした約5帖のバルコニーが繋がります。 なお、このお宅は南面からの採光が難しい立地のため、東・西・北の3方向からの光でまかなう基本採光計画で考えられているのが特徴です。それにより、一年を通じてLDKにはやわらかい光が入り込み、南側が開けたお宅とはまた異なった居心地を提供します。どんな敷地にもおいても光と風を考える、タイコーならではの家づくりの考え方です。

    タイコーアーキテクト
    • 4331
    • 16
  3. 大空間リビングの家

    施主のIt様は、当社の大工であるK氏の親友で、まだ二人が若かりし頃に、見習い大工であったK氏に『俺が家を建てるときには、お前に頼むからな』と冗談まじりで話していたことが、時間を経て実現しました。It様御一家は、わんぱく盛りの男の子が3人もいるため、子供たちが伸び伸びと走りまわれる広いリビングと、庭につながる広いウッドデッキをご希望されました。 木造建築の場合、1階部分は2階の荷重を支えるため柱や壁の数が増えてしまい、広い空間をつくるのが非常に難しくなりますが、通常の1.5倍の太さの梁を渡すことで荷重を分散し、広いリビング空間を実現。梁をあえて見せて天井高を上げることで、空間をさらに広く感じることができます。 リビングから敷居のなくした和室にシームレスにつなげることで、より一層空間に広がりと面白みがプラスされています。和室には子供達が並んで勉強できるようにテーブルを設けています。 鉄棒のあるお庭へとつながるウッドデッキは、友人を招いてバーベキューをしたり、子供たちのプール遊びをするときに重宝しそうです。こんな広いウッドデッキを施工するのは弊社でも滅多にありません。。

    平岡工務店 by Remix Design
    • 563
    • 0
  4. ~天井高さ7.0Mのリビングと真壁和室がある住まい~

    大きな吹き抜けを囲むように、LDKとリビングつながりの和室、2階廊下を利用した、パソコンコーナー、そしてロフトが配置され、開放感抜群なお家です。 全体的に落ち着いた色調で、モダンアンティークなインテリア。 キッチンは、垂壁もなく、明るく風が通り抜ける居心地の良いタイル張りの開放的です。 和室は、柱や梁などの木材部は塗装仕上げで、真壁造りのシックな雰囲気です。 お客様とご家族との動線を分けた玄関ホールは、ゆったりとしたスペースで、壁にはタイルを貼りました。 ご家族が使う玄関ホールは、収納タップリで機能的な内玄関になりました。 外観は、カントリー調となっており、玄関のアプローチは、左右のどちらでもOKな動線で、 アイアン手摺と塗壁部分の機能門柱部分で、 機能的に仕上がりました。

    Anhouse
    • 833
    • 4
  5. 趣は異なりつつも、一体感のある二世帯住宅

    子世帯は「家族がいつでも目が合うような空間」「後から自由にDIYで工夫出来るような空間」が求められました。まるで地形のような緩やかにつながるひとつの大空間とすることで、家族のつながりと程よいプライバシーを確保しています。 親世帯はカチッとした落ち着きのある空間が求められました。落ち着いた色の木を基調とした、和の雰囲気を味わえる空間としています。 親世帯の仕上が子世帯を覆う外観とすることで、「家」の一体感を出しています。

    清正崇建築設計スタジオ
    • 638
    • 5

おすすめ

話題のキーワード