納戸

室内にある収納スペースのこと。不動産広告などで「納戸」と表示してある場合、建築基準法で定められた居室の基準に、採光や通風などの面で当てはまらないことから、納戸とする場合が多い。「サービスルーム」「スペアルーム」「多目的ルーム」「フリールーム」などと表示してある場合も納戸と同義だが、洋室としての内装を施していても居室としての基準を満たしていないことが多い。

  1. かさばるダンボールを隙間にスッキリ保管!紐通しも簡単なストッカー

    大人気『tower』シリーズの、ダンボールストッカーを買いました。 これまでかさばって場所をとっていたダンボールを、スッキリ収納することができ、 さらに収集日にまとめるのも、とっても簡単便利になりました! もっと早く買えば良かった!と思わせてくれた、お気に入りのアイテムを、 詳しくレビューします。

    usagi works
    • 114281
    • 1315
  2. IKEAの人感センサーライト【OLEBY】を落下しないように取り付ける技

    我が家はマンションなんですが玄関がとても暗いんです。 昼間でも照明を点けないと暗いのに夜帰宅した時等は本当に真っ暗で寂しい気持ちになります。 最近、人感センサーライトなる物が注目されていますね? 玄関扉から照明スイッチ迄が遠いのでこれがあると便利だな~と思っていたのですが手頃な値段で簡単に設置出来る方法を考えてみました。

    t-ruru
    • 21179
    • 264
  3. 1年を通じてスッキリした部屋にしたい!「納戸」設置のススメ

    お家は家族が毎日過ごす場所。家族それぞれの服や荷物がどうしても増えて、家の中は散らかってしまいがちですよね。だからこそ、大事にしたいのが収納スペースです!今回アイムの家ではコラム「1年を通じてスッキリした部屋にしたい!「納戸」設置のススメ」を公開しました。ゆとりある収納を確保して、綺麗なお家に住みたいですね!

    アイムの家(岡山県)
    • 6730
    • 14
  4. 【収納計画】収納スペースは面積でなく体積で考えて

    片付く家の収納設計計画。 必要な場所に収納スペースを確保すること。 使う所の近くに使う物を収納するのがベストです。 収納スペースといっても「床面積」ではありません。 高さも有効活用したいので、幅×奥行×高さで考えましょう。 たとえば壁面収納とか。 押し入れは元々布団を収納するように作られているので それ以外の物を収納する場合は工夫が必要です。 収納するモノに合わせて前後左右、天袋・上下段のように 12分割に仕分けると使いやすいですよ。 引き出しやワゴンを入れて奥行を有効活用したり、 カラーボックスで前後に分けるなどが 代表定的な例ですね。 収納スペースが広くてもそれだけではダメなのです。

    住空間収納プランナー 渡辺美恵子
    • 2048
    • 5
  5. 【収納計画】納戸やロフトがあれば片付く?

    物があふれる現代。 家を建てるときや引っ越しの時、 「収納スペースがたくさん欲しい」と思う方は多いです。 そこで納戸やロフトを作る場合も多いですが、 それだけで片付く家になるとは限りません。 たとえば、毎日使う道具をいちいちロフトまで取りに行かないですよね? 衣替えするから大丈夫、と思ってロフトに上げた衣類も、 取りに行くのが面倒になったり、 そこにしまったことを忘れたりして、 結局使わなくなりがりです。 片付く家の基本は 「使う場所の近くに使うモノを収納すること」。 季節家電や季節の飾り物、思い出の品など、 普段使わないものを収納するための納戸やロフトがあってもよいのですが、 よく使う物が使う場所の近くに収納できるようにしておくことが大事ということ。 そんな家になっていますか?

    住空間収納プランナー 渡辺美恵子
    • 1333
    • 6