SOHO

「SOHO」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「SOHO」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. FEMTE-愛犬と暮らしやすい「戸建て風」リノベ

    Sさんのご実家だったビル一棟。Sさんが買い取り、1階を駐車場、2、3階を賃貸物件に、4、5階をご自分の住まいにすることにしました。まず、ご希望があったのは、「愛犬との暮らし」がしやすいこと。Sさんが選んだ無垢(むく)材は、犬がしっかりと床材をつかんで歩けるようで、姿勢がよくなったそうです。 玄関があるこの4階フロアには、サニタリールーム、ベッドルーム、ウォークインクローゼットなどを配置。内階段を上って行く5階には、IKEAのキッチンとリビング、そして、犬用のシャワールームがあります。 Sさんの妹さんはスウェーデンに住んでおり、よく北欧へも行くそう。そんな影響からか、全体のカラーリングは少し北欧テイストっぽいものになりました。2階、3階の賃貸部分は、ただ貸すというよりは独立支援をしたいという思いがあり、SOHOとして使ってくれる人に積極的に貸しているようです。 マンションでいながら戸建てのような暮らしが実現しました。

    ブルースタジオ
    • 4366
    • 13
  2. インテリアコーディネートT様邸の現場②|家具工事一日目。造作家具で書斎コーナーをつくる

    京都市、住み始めて10年、常にインテリアに悩み続けてきたT様邸のインテリア工事連載第二弾。第一弾では、ベースの壁をブルーにペイントしました。第二弾の今回は、書斎スペースを造作家具にて提案・製作しました。

    池田デザイン室(一級建築士事務所)
    • 6852
    • 10
  3. 家具のカタログに「SOHO」って書いてたりするけど…どういう意味なの?

    家具のカタログなんかを眺めていると「SOHO」っていうジャンルがあったりするんですね。 中のページを見るとデスクやチェアーなんかが載っているので、 「そういう感じ」っていうのが分かるわけですが… そもそも「SOHO」ってなんて読むの(笑) そして、どういう意味?というのが今回のお話し♪

    ひらた家具店
    • 11237
    • 23
  4. 岡山ビル|古くて小さなビルのリノベーション

    近年、マンションや戸建てなど住居のリノベーションが一般に広く知られるようになり、今まで見向きもされなかった古い建物が価値を持てる時代となりました。一方で街中の古いオフィスビルを見ると、レトロで賃料が安くとも空室が目立つ建物は多く、都心部の高層・大規模再開発によってゴーストビルは増え続ける一方です。住居は室内さえリノベーションすればひとまず快適ですが、オフィスビルは取引先や顧客との打ち合わせに用いる公の場でもあるため、いくら室内を良い感じにリノベーションしても外観や共用部が酷い状態では使い物にならないことが原因ではないかと思われます。 今回は空室化と老朽化に悩む建物オーナー様のご依頼で、高度経済成長期に建てられた古オフィスビルを全面リノベーション。外装タイルやコンクリート、鉄製手摺といった古くて良いものを残しながら、無駄な装飾やツギハギの内装を撤去し、現代のニーズに見合った間取りと共用スペースの設計、鉄骨ブレース・RC壁による耐震補強、電気・給排水・換気空調設備の更新を行いました。 1階~3階はDIY可能な大小の貸室の組み合わせ。2階にはキッチンのある共用のサロンを備えています。4階は元々共同住宅用途であった利点を活かした回遊性の髙いSOHOタイプ。屋上は入居者に開放。大阪市の中心部でありながら閑静な周辺環境を生かして、職住近接のコンパクトな生活を送れるオフィスビルとなりました。

    山本嘉寛建蓄設計事務所 YYAA
    • 3596
    • 16
  5. 壁一面がキャンバスです

    構造用合板を仕上げ材として使用し、木の温かみのある部屋に仕上がりました。 カメラが好きな人は、カメラはもちろん壁にかけて、ポラロイドで撮った写真やアートフレームをがんがん壁に貼り付けることができます。 画鋲の跡も目立たず敷金の心配もすることありません。 専有面積20㎡弱しかない部屋は、クローゼットの扉で空間を仕切らず、オープンにすることで奥行き感がでて、出し入れがしやすくなりました。

    WEDGE+(ウェッジプラス)
    • 2520
    • 31
  6. 光が丘のパインハウス 紙と漆喰とパインのマンションリノベーション

    新宿の夜景を眺めながらお酒が楽しめるSOHOをコンセプトに、超高層のマンションの一室をパイン材を用い、女性的で開放的な空間にリノベーションしました。 サーモンピンクの漆喰による胎内にいるような優しい空間には、景色の眺めやすさも考慮し、床を一部上げて掘りごたつも完備。 キッチンに立ちながら眼下に広がる景色が楽しめます。 マンションリノベーション 設計:村上建築設計室 施工:モノリス秀建

    村上建築設計室
    • 1476
    • 9
  7. 『小屋を楽しむ』 小屋はSOHOや趣味の部屋としても面白い

    小屋を趣味の部屋にしたり、仕事の部屋にしたり、書斎にしたり。 天井のボードは穴が開いて垂れ下がり、床は下地のベニヤが汚れ放題。 そんな物置をリノベーションしました!! 天井の穴の開いたボードはそのままに、その上からガルバリウムのトタンで覆い、 床は格安の荒床材(畳の下地板)で汚れたベニヤを隠してしまいました。 トイレも水回りも無い、だから『小屋』。 今では僕の事務所です。

    アース・アーキテクツ
    • 1471
    • 26
  8. 富ヶ谷のアトリエ住居

    フラワーアレンジメントのレッスンスタジオ・アトリエ兼住居。 築15年の大手ディベロッパーマンションのリノベーション。 職住一緒の場でありながら、SOHO機能をより高めるためにどう変えて、どう使うか。 LDKと洋室の間仕切り壁をとりはらって一 室にし、空間をよりすっきり広々と使えるようにしています。 道具・材料は、壁一面の収納へ、アトリエ使用時は開けたまま、 レッスン時は閉じて使用できるように、扉をフリーの折戸としています。 また、可動家具によって、使い方のバリエーションを増やしました。 段階的に造作していた家具を、もう一方の壁面にまとめカウンターでつないで一体化しています。

    Unico design一級建築士事務所
    • 635
    • 3
  9. 銭屋本舗オフィス

    一般的なオフィス設計では机や本棚など什器の設計やレイアウトに主眼が置かれ、建築の要素はビニールやプラスチックの均質な仕上材の奥に隠蔽されます。しかし一日のうち一番長い時間を過ごすオフィス空間は本来もっと光や風、空間や素材を楽しむことができる、人にやさしい場所であるべきです。ここでは古いコンクリート躯体をほぼそのまま生かした天井の高い空間、無垢フローリングや土間コンクリートといった素材感のある材料、南北面の大きな開口を生かした通風や採光といった建築の要素を最大限に生かし、住宅やカフェと同じようなリラックスした感覚で過ごすことができるオフィスを目指しました。(設計:アートアンドクラフト+YYAA/撮影:笹倉洋平)

    山本嘉寛建蓄設計事務所 YYAA
    • 896
    • 7
  10. Katamari

    退去時の原状回復を考えると派手に造作できない貸事務所のインテリア。既存の内装に手を加えず何かデザインできないか、ということで2.7m x 2.7m x 0.7mの量塊をつくりました。床なのか、机なのか、棚なのか、用途が曖昧なものを据えることで、執務者や来客者が創造力を膨らませて自由に使い方を発見し、新しいアイデアの気付きが得られやすいオフィスとなることを期待しています。

    山本嘉寛建蓄設計事務所 YYAA
    • 686
    • 5

25件中 1 - 20 件を表示