和風モダン

外装に瓦や白壁、内装にむく材や白壁・珪藻土、さらに畳や障子、襖などの和テイストの建具・家具を積極的に取り入れたデザインのこと。温もりがありながら、静けさや爽やかさをも追求したデザイン手法の1つである。

  1. レトロガラスや和風モダン……世界各国から300点の照明が集まった唯一無二の専門店〔Lampada〕へ行ってみた!

    東京・中野区に、オープンして20年の“照明”専門店があります。その名は、イタリア語で照明(ランプ)を意味する〔Lampada〕(以下、ランパダ)。世界各国から集まった300点の照明に囲まれたら、インテリアに詳しい人もそうでない人も、その未知なる世界へ誘われること必至です!

    LIMIA インテリア部
    • 16738
    • 101
  2. 柏原のガレージハウス/建築家と建てる30代の家

    ー アメリカンテイスト×和風モダンがマッチする住まい。ー 大阪府柏原市の住宅街の中に、miniとハーレーダビッドソンの ためのガレージハウスが完成しました。 ガレージはアメリカンテイストに、 住居の部分は和風モダンのテイストにし、 2つのテイストの融合を図られています。 「外観・ガレージ」 木・金属・ガラスなど異なる素材をうまく組みあわせたデザイン。 ガレージ前にも駐車できます。 ガレージ内には、愛車のハーレーダビッドソン2台と、 mini(クルマ)が置けるスペースがあります。 「敷地の高低差を活かすため、  スキップフロアを採用して広がりのある空間づくり」 スキップフロア(半階分、高さがずれたフロア)を採用することで、 ガレージから居住空間への切り替え、LDKからロフトへの切り替えを 生んでいます。 また、勾配天井により、面積以上の広がりを感じるつくりとなりました。 -------- D A T A -------- プロデュース/ザウス大阪店(0120-360-354) 規模/地上2階建て 構造/木造 敷地面積/96.8m2(約29.2坪) 建築面積/41.4m2(約12.5坪) 延床面積/86.1m2(約26.1坪) 撮影:平野和司

    30代の方が建築家と建てた家をご紹介/ザウス
    • 3100
    • 8
  3. 都心MSで再現する和リノベで昔からずっとあるような懐かしさを

    【物件探しからのスタート。「これまでの生活を続けられるような家」をつくるために。】 オーク材と畳が並び、縦横を黒の艶やかな柱や梁が走る、独特の静けさ漂う空間です。 地方から都内へ転居するためにお施主であるS様がリノベーションに選んだのは、東京都西部の閑静な住宅地に佇む築30年以上のRCマンションでした。 高齢での住み替えということもあり、S様がこれまでずっと住み慣れてきた古き良き日本家屋のイメージをできるだけリノベーションで再現したいという要望にどう応えていくかというところから計画がスタート。 様々な物件をピックアップし、選んだのが和室、静かな住宅地といった条件を備えたこのマンションでした。 リノベーションでは変更されることの多い畳や襖ですが、ここではお部屋のテーマそのもの。 むしろ残すことで愛着のある家具やずっと続けてきた習慣が馴染み、変化した生活環境の中に、以前からずっとあるような寛ぎを手に入れることができました。

    Cuestudio(キュースタジオ)
    • 58239
    • 74
  4. 現在のライフスタイルを取り入れた昭和時代の木の家

     この住宅は、外壁の杉下見板張りや土塗り壁調の仕上など昭和を感じるデザインと、現在のライフスタイルに対応した利便性や機能性が調和した和風モダンの住宅です。  敷地は自然豊かな傾斜地に位置している為、木々の位置や種類、周辺環境に適した建物の配置、風・光・音等を意識できる間取りや窓の配置等、この場所でなければ得られない環境条件を設計で取り込みました。また、健康で安全な住環境をつくるため漆喰仕上げや無垢の木の使用などドイル、オーストリアが起源とされるバウビオロギー(建築生物学・生態学)の考え方に基づいた、環境建築となっています。

    モリモトアトリエ 一級建築士事務所
    • 1166
    • 10

おすすめ

話題のキーワード