シンボルツリー

「シンボルツリー」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「シンボルツリー」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 道ゆく人が思わず見惚れる!住まいの顔「外観」づくりの工夫とは

    素敵な家だな……と、思わず見とれてしまう家に出合ったことはありませんか? 住まいの外観はいわば「顔」のような存在であり、第一印象を決定づけるもの。だからこそ断熱や気密性など快適な住環境を叶える機能だけでなく、デザインにもこだわりましょう! 家そのもののデザイン性も含め、周囲との調和を実現する外観を、施工事例を元にご紹介します。

    建築家住宅 R+house(アールプラスハウス)
    • 13554
    • 17
  2. 大きな中庭のある家

    南北に長いゆったりとした敷地に建つロの字型の平屋です。 敷地の広さを活かし北側をプライベートゾーン、南側をパブリックスゾーンに分け大きな中庭を囲むロの字プランとし、プライバシーを保ちつつも家中明るく風通しのよい快適な住環境となるよう配慮しました。 外観は南側軒高を低く抑え、北側の南外壁面が最も高くなるよう棟の位置を検討し大きな切妻屋根をかけました。そのことにより北側のこども室は大開口が生まれ南からの自然光が奥まで差し込み冬は暖かく、夏は日差しを遮る軒により快適性を確保しています。また群馬県の長い日照時間と屋根形状を活かし太陽光発電パネル(12kw)を設置し積極的に自然エネルギーを活用しています。機能がそのままデザインとなり、シンプルで伸びやかな印象の飽きのこない外観となっています。 敷地と道路には高低差があり、介護の仕事に従事する施主の要望で老後の生活にも対応できるよう配慮してアプローチを計画しました。 玄関を入るとまず正面に大きな中庭の緑が出迎えてくれます。そこには四季の移ろいが感じられるよう、花が咲き実が成り紅葉も美しいヤマボウシを選び植えました。 中庭がLDKとこども室を一体的につなぎ、連続することでそれぞれの空間が広がり、家中どこにいても家族の気配を感じられる内部空間となっています。   プライベートな中庭は天気の良い日は布団をしいて昼寝をしたり、テーブルを移動して外からの視線も気にせず青空や夜空の下で食事をしたり、一年中こどもたちはリビングとこども室を行ったり来たりのびのび走り回っています。 大きく切り取った屋根からは空が見え、光や風、雨や月明かりが降り注ぎ、季節によって移り変わる自然の気配が暮らしに彩りを添える、そんな住まいとなっています。

    TEKTON | テクトン建築設計事務所
    • 3091
    • 50
  3. 自然の素材で、圧迫感のない緑ゆたかな空間。

    隣地との境界に立てたナチュラルな目隠しウッドフェンス。 天然素材を1枚1枚張りつけしているので、自然な仕上がりに フェンスのまわりには、ジューンベリー、ダンコウバイ、エゴノキなどのさまざまな種類のシンボルツリーが植えられ、視線を感じない緑豊富な空間となりました。

    カントリーガーデン
    • 2709
    • 12
  4. 木製目隠しと自然石の足元 本物の様な、人工芝のお庭

    玄関前は建物の外観に合わせて、板材を縦使いにした木製のフェンスで目隠し。 天然木の質感には、温かなぬくもりがあります。 その足元に敷いた自然石は北欧のもの。裏にはお庭が広がり、そこにはなんと人工芝! 爽やかな色合いと、柔らかな手触りは本物の天然芝のようです。 思わず寝転がったり、 裸足で走り回ったりしたくなるようなお庭です。

    カントリーガーデン
    • 3401
    • 12
  5. 北欧の自然石で柔らかく彩った 門柱と緑の庭先

    北欧からきた自然石をそのまま門柱として使い、お家の顔にしています。 アイアンの表札とも、お隣のシンボルツリーとも優しい色合いは調和。 一歩庭の方へと入れば同じく北欧からきた石畳の先に、お客様が大切に育てている植物たちと、家庭菜園があります。 今まではプランターでしか育てられなかった植物たちが広いお庭で生き生きと育っていく様子を、お子様たちは毎日楽しみに覗き込んでいます。

    カントリーガーデン
    • 2956
    • 4
  6. 植物と自然石でシンプルな高級感を。 洗練されたこだわりのアプローチライン。

    さまざまな表情をもった存在感のある自然石と植物を使い、お住まいとのバランスを考えた曲線のアプローチを作りました。 広々としている駐車スペースが、殺伐としないようにシンボルツリーや植物で緑を取り入れています。 シンプルに美しく。 こだわりのデザインのお庭です。

    カントリーガーデン
    • 1692
    • 2
  7. 高低差のある敷地全体を 庭ととらえた、空中庭園 のようなデザイン

    道路から高さのある敷地に建てられた家と、アプローチをどのように結びつけるかというテーマの元に、全体のデザインを考えました。 大きな白壁と、開口の広い階段が来る人を優しく迎えてくれます。 庭のデッキと築山、そして白く敷き詰められた化粧砂利によって、モダン和風の空間に仕上げました。 夜には、照明により壁に映し出されたシンボルツリーのシルエットと灯りの軌跡が落ち着きと心の安らぎを感じさせてくれます。

    カントリーガーデン
    • 2155
    • 2
  8. やわらかなコンクリートの質感に ビビットカラーの立水栓が映える

    コンクリートのブロックながらやわらかな印象となめらかな質感を持つキツジを使い、全体の外観とまとまりを持たせました。 表札はキツジに彫りこみ、夜はライトアップ。 植栽スペースには自然石で変化を持たせています。 立水栓の赤がビビットな差し色に!

    カントリーガーデン
    • 1493
    • 2

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    50件中 1 - 20 件を表示