障子

障子に関するアイデア一覧です。住まいや暮らしに関する豊富な情報を整理し、写真と一緒にわかりやすく障子についてご紹介しています。

  1. 障子の良さも残しつつ和室リノベ✨

    昨年の夏、とっても暑い頃…客間としての機能を全く果たしてなかった床の間と広縁のある和室をもっと有効的に使えないかなと思いリノベーションを始めました(*´﹀`*) 砂壁に漆喰を塗り、柱などを白くペイントして~🎶かなり大がかりな作業を3日間💦夏場は暑くて汗を流しながらの作業でしたが、漆喰の乾きも早く今までの部屋のイメージが少しずつ変わっていくのにテンションも上がりながら頑張ることができました✨ 床の間から塗り始めたのですが…塗り始めると、もう後戻りは出来ないという気持ちで、やっちゃったなぁ~~なんて思いながらでしたが💦 壁一面を塗り終わる頃には、明るくなっていく部屋の完成を楽しみに頑張りました~~❤ 今回はそのお部屋の障子をリノベーション✨ 目指したのは、どこか懐かしい昭和の公民館(๑´ლ`๑)フフ♡

    a_calm_day
    • 15233
    • 221
  2. ほんのりレトロポップな破れない障子をDIY♪

    古民家カフェや昭和時代のドラマに出てきそうなレトロポップな障子を 簡単お手軽にDIYしてみました。 障子紙や和紙ではなく、敢えて破れないオーガンジーの生地を使用しました。 生地が薄いので、ほんのりな感じに仕上がりました。 主張が強くないので、他のインテリアとの相性を気にせずに楽しめます♪

    あこ*
    • 130087
    • 299
  3. 和紙で障子を大正浪漫風に

    人とちょっと違うのがお好きな方にオススメの1日簡単DIYをご紹介します。 玄関入って直ぐの部屋だけに物置風になっていたのが気になっていたタンス部屋。 重厚な家具で重々しい印象を生かしたくて大正浪漫風にアレンジ。 2面ある障子の見える部分だけ、ダイソーや雑貨屋さんで買いためた和室をランダムに貼ってみました。 温かみのある部屋にイメージチェンジして、今ではホッと落ち着く空間になりました。

    うたまる
    • 19158
    • 167
  4. 古くなった障子をレトロな磨りガラス風にリメイク♪

    家は10年越えの建て売りです。 和室にもごくごく普通な障子がありました。 張り替えるのも面倒でしたし、張り替えても何年ももたずに剥がれてきてしまいます( ̄▽ ̄;) 周りを模様替えした事もあり、障子がだんだん気になってきてしまったので思いきって磨りガラス風にリメイクしてみました(^ー^)

    K.T.W.S
    • 38800
    • 253
  5. もうやぶれないハズ! 簡単にできた! 理想の障子にカスタマイズ☆

    障子はウットリ眺めていられるくらい好きです でもやぶれてしまい張り切って張り替えたら シワが入ってしまったり のりが剥がれてペロリ... などなど美しいを維持するのは私には難しい... せっかくだからステキに生まれ変わらせたいと調べていたら 自分好みにカスタマイズされている方々がいらっしゃいました! しかも簡単そう! 材料は レースカーテン2種 障子用の両面テープ のみです! 大満足に仕上がりました〜!

    3bose
    • 16091
    • 101
  6. 【住まい】これで、にゃんこに障子を破られないd(^-^) プラスチック障子紙とダイソー手拭いで障子がおしゃれに変身。

    愛猫がビリビリにして(^-^ゞ いろんな包装紙で補修してあった障子紙をプラスチック障子紙に張り替え決定、決行!(大晦日なのに!忙しいのに!お節作らなあかんのに!)しかし!ただの障子紙じゃつまらない!!。ということでダイソーの手拭いを入れて張ってみました。実はプラダンを貼ることも考えましたが、①障子と障子の隙間に余裕がない。②プラダン意外と弱い。指で圧をかけると傷つくことが判明。・・・というわけで諦めました。

    さとりん
    • 14103
    • 26
  7. Room S.E - 和室リノベーション -

    戸建住宅の一室(和室)のリノベーション. 一時的に板の間として使用するために既存の畳を積重ねて小上がりとし、 現れた下地合板を黒く塗装することで新たな床面をつくりだしました. 畳を元に戻すことで再び和室としての利用が可能となります. また、すべてDIYで施工できる範囲で計画しコストを抑えています.

    神永設計
    • 4304
    • 24
  8. tdi 古民家 現地再生

    明治6年に建設された築140年以上の古い農家住宅の現地再生工事である。 全体の規模としては桁行9間、梁間5間と大きく、千葉県の上層農家の家格を持つ民家である。 築年数の浅い増築屋を活かすことが条件であった。増築屋は台所・食事室・浴室・洗面所で構成されている。錯綜している動線を見直し、主屋と増築屋との接続位置を変更した。 玄関を入ると大きな吹抜けを持つホールが見える。ホールからは梁・小屋組みが見える。吹抜け上部には通風と採光を目的としたハイサイド窓がある。動線処理の空間であると同時に民家の魅力を見せる空間とした。 また、利用されていなかった書院・床の間を持つ奥の間は座敷の西側に移動し、使い勝手の良い12.5畳の二間続きの部屋とした。間取りの変更により行き場を失った2組の欄間は縁側へ場所を移し再利用した。

    西本建築事務所
    • 2235
    • 24
  9. 日本の伝統的な障子を考える

    日本の伝統的な建具・・・障子 谷崎潤一郎の陰翳礼讃にもある様に、和紙で張られた障子紙は、 その繊維で光を乱反射させて、部屋の中を何とも言えぬ光でつつんでくれる。 又、その機能性においては、断熱・調湿という優れた機能を持っている。 桟の太さや組み方も自由でデザイン性も優れている。 そんな・・・障子・・・を考えてみました。

    もやい建築事務所
    • 4126
    • 33
  10. hdm 古民家 現地再生

    築100年以上の古い農家住宅の現地再生工事である。一部平屋建ての2階建てで、平屋部分が明治19年に建設され、2階建て部分が明治43年の増築された。全体で桁行11.5間、梁間4.5間の東西に長い建物となっている。 通風採光を阻害していた増築部分を撤去し、動線の見直しを行った。家族の動線と来客の動線を分け、生活動線を集約することで、現代の生活様式に適合した間取りを再構築した。主空間となる大きな吹抜けをもつ居間は、1・2階南面の障子から入る柔らかい光が特徴的な床梁を包み込む印象的な空間となっている。

    西本建築事務所
    • 902
    • 5
  11. 【ビフォーアフター】和の雰囲気を活かした和室から洋室へのリフォーム

    娘さん・お孫さんの落ち着ける部屋が作れたらとの事で、和室から洋室への改修工事を行いました。 箪笥などの家具が多くほとんど物置スペースになっていた和室が少し手を加えただけで使い勝手の良い広々とした洋室に大変身しました!

    増改築・リフォーム専門店 ぱっとホーム
    • 9227
    • 13

70件中 1 - 20 件を表示